スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うちゅこん

2014年03月28日 20:57

前エントリにてさらっと名前を出した割に、本ブログでは言及なしだったバンド:宇宙コンビニ。
(  '-')ウカツだ!(まえおきおわり

☆宇宙コンビニ >facebook<
【 Rock / Pop / Math 】

標榜するは「宇宙コンビニ系壮大pops」!どんなだ!
"宇宙コンビニ『8films~tobira(radio edit ver.)』Official Music Video"

関西中心に活動中のバンド。
宇宙から音楽をとどけにやってまいりました。
宇宙のように壮大、かつコンビニで流れていそうな音楽。
私のさけるチーズ知りませんか?

さけるチーズの居所はあいにくと分かりませんが、壮大フレンドリーな感覚はなるほど、言われてみればなるほどなのです。

TTNG(This Town Needs Guns)のファンなんかはイントロでもうきゅんきゅんしちゃうこと請け合い。3分近くちゅるちゅると弾きまくった末のヴォーカルもまた、やさしい女性の歌声で実にかわいらしい。
去年2013年の10月末に発売したアルバム染まる音を確認したらぜひぜひ、チェックしていきましょう。

ちなみに愛称は「うちゅこん」らしいぜ!
[うちゅこん]の続きを読む

こしゅにえ

2014年03月26日 23:40

とんこつラーメン食ってきたんですけど、話題は別です。ラーメン食いながらこれでもかと音楽の話をしてきたので、そこからのお話です。

Issuesの新譜いいよねとかAnimals As Leadersの新譜買った?とかの話を一通りした後で、同席の友人よりオススメして頂いた国産バンドが超良くてですね?

☆Cö shu Nie >Official<
【 Post-Rock / Math / Alternative 】

「多面性ポストポップチーム」を標榜する神戸のバンドで、女性ヴォーカルの3ピースです。

御洒落流麗優雅でシック!!おういえい!

国産女性ヴォーカルのこの手のサウンドって、なにもかもを「東京事変っぽい」とか思っちゃう雑な脳みその私なんですが、それはそれとして。
COgeNdshEやThe Brownに通じるシリアスで凛とした佇まいながら、絶妙に抑えられた攻撃性と暗くなりすぎない清涼感のバランスが実にニクい。
マスロック的なアプローチには宇宙コンビニも連想させてくれる。これからのJ-Indiesシーンはシックなマスロックが来ちゃうか!?などとミーハー思想が膨らむルーキーですね。


ちなみに、こしゅにえ、と読むらしい。かわいらしくひらがなで表記していきたい。

A Sense of Gravity ♪「Travail」

2014年03月14日 22:16

asenseofgravitytravail.jpg
【Artist】A Sense of Gravity >facebook<
【Title】Travail
【Rate】10/10

Djent / Death-Metal / Fusion

鋭さと複雑さをひたすらに追求した全方位隙ナシの快作。
アメリカはシアトル出身の6人組による、過去Bandcampで配布していた曲のリアレンジも含めた1stフルアルバム。2014年作。

仰々しい男声コーラスと共に幕を開ける#1「Wraith」。霧深いサウンドを鳴らすシンセとその中で理知的にリフを敷いていくギター。イントロの印象は壮大で幻想的なプログレッシヴメタル、といった風情だが、地鳴りの様なグロウルと共にそのイメージがあっさりと破壊される。次々とまくし立てる歌詞と前のめりに刻みまくるリフの佇まいは凶悪の一言。しかし一方でサビに入ればオペラを想起させる堂々とした歌唱に変わり、中盤のギターソロパートに至っては伸びやかなフュージョンの香り。シンセは気が付けばおどろおどろしい音で曲の背後を怪しく支えている。なんなんだこいつら。

凄みの利いたグロウルとパワフルな歌い上げを巧みに使い分けるヴォーカルが縦横無尽に暴れ周り、ざくりと分厚い切れ味を持ったギターによる刻みのリフが矢継ぎ早に攻め立て、変拍子やシンコペーションを多用した複雑なリズムが聴き手を圧倒する。そして、一曲の中にいくつものアイデアを詰め込んだ、密度の高い曲展開も無視できない。

ジャズピアノ乱入のアクセントも鮮やかに、全編に渡り和音階リフを叩き込む#2「Stormborn」や、低音のグロウルと高密度なリフとブラストビートで埋め尽くされる#6「Harbinger」の威圧感。激烈デスラッシュにシンフォニックなシンセを混ぜ、搾り出すようなエネルギーと共に突進する#4「Answers Lost」や、倍速チェンバーロックといった風情のイントロからスケール感たっぷりに広がっていくフュージョンメタルチューン#5「Trichotillomania」の叙情性。アグレッシヴな曲を揃えていながら、曲ごとの個性もそれぞれに際立っている。
一方で、しっとりと降り注ぐピアノを主軸に薄暗い空気を満たしていく#3「Breakthrough」や旅愁を覚える乾いたアルペジオギターが目立ち、後半の盛り上がりもメタル・バラードとして秀逸な#9「Weaving Memories」などクリーンヴォーカルのみの曲も、アルバム内でしっかりと存在を主張している。

自らのジャンル説明に"(Math, Djent, Death, Progressive, Shred) Metal,Fusion"と表記している彼ら。細分化されたメタルの要素たちを自らの表現のためにまとめ上げ、鋭さと複雑さをひたすらに追求した楽曲陣。正に全方位隙ナシと言いたくなる、怪作であり快作。

【for fan of what ?】
特に突進力のあるアグレッシヴな部分ではObscuraWhitechapel等のテクニカルデス・デスコアファンに。Djent界隈に注目すると、その奔放な曲展開においてCiliceを、フュージョン要素の落とし込みではSithu Ayeのファンなどに強くお勧めしたい。

【↓here is the sound !↓】 曲リストも追記にて。
[A Sense of Gravity ♪「Travail」]の続きを読む

【Vol.3】音々楽々のススメ!【全方位隙ナシ詩人ぴりりと甘い】

2014年03月12日 22:58

第三弾どぞー
【Vol.3】音々楽々のススメ!【全方位隙ナシ詩人ぴりりと甘い】

Vol.3ニコ動版はコチラ!でも再生数はいまのところyoutube版に圧倒されてますね。

今回のご紹介チョイスは
☆A Sense of Gravity
☆Doug O'Handley
☆Eidola

Eidolaはレビュー記事上げてるのでリンクはりましたよ。

マヤさんにHONKI出してもらったところ、カシワちゃんおいてけぼりでした。
編集後記は同じくゆるりと追記していきます。
[【Vol.3】音々楽々のススメ!【全方位隙ナシ詩人ぴりりと甘い】]の続きを読む

ブログ「231090559666tweetcamp」のご紹介

2014年03月09日 22:24

(  '-')最近告知ばっかり!な気がする!(挨拶
と言うわけでご紹介。

と言うわけなんです!

発起人は私では無く、横から参加しますよ、という設定です。
4人でわいわい話し合いながらやってるので、今のところ誰が主導という感じでもなく。
全体的に趣味の合う野郎共が寄ってたかって更新しているので、本ブログの読者であれば無条件にオススメできる仕上がりですね。

私も、軽めな文章の物はこの231090559666tweetcamp(クッソ名前長い)の方で更新したりもするので、ゼヒゼヒチェックを!
・・・本ブログの存在意義も、見失わないようにしたい今日この頃ですね。ハイ。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。