スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

屈折した紹介の仕方(Lady Gaga)

2010年06月23日 00:27

☆Lady Gaga
>myspace<
デビュー2年で世界を圧巻するポップスター。その勢いをある種反映した動きが、メタルの世界にも飛び火しているようです。

“Just Dance - Metal Cover Remix”

リミックスした人:Adam Wiktor
ポーランドのアマチュア音楽家?「単にディストーションを足しただけ」みたいなやっつけ感もなく、かなりカッコよく仕上げてます。
>myspace<


“Paparazzi - JAZZ METAL cover” by Conflux
(残念埋め込みが無効でしたのでリンク先youtubeでどうぞ)

カヴァーした人:Conflux
まだレーベル契約してないアメリカのジャズメタルバンド。Vo.をそのままサックスに置き換えた、何かミョーに雰囲気の良い曲にしちゃってます。
>myspace<


もいっちょ“Paparazzi (metal remix feat. Lady Gaga)”


リミックスした人:Self-Sacrifice Project
先日レビューしたPeriphery的なポリリズミックかつサイバーなメタルでカヴァーしちゃってます。やはり「Unsigned」レーベル未契約の様子。
>myspace<


他にも多くのアーティストが、youtubeでMetalアレンジをして盛り上がってます。
こういう現象を見るにつけ、やはり彼女の影響力の大きさを思い知ります。それに何より、様々なリアレンジに耐え得るメロディーの芯の強さ・親和性の高さ。ある種「ポップソング」に最も要求される要素だと思います。
個人的に(好みな事もあって)特筆すべきはふたつめのJazz-Metal仕様。サックスがVo.パートを演奏すると、まるでセクシーなジャズそのものではないか!ていうか元曲クラブミュージックじゃね!?

まぁ基本メタラーなんであんまりLady Gaga本家について語るクチを持たないんですが、凄さだけは本当によく分かります。センスとかその辺含めて。
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://masterofslach.blog114.fc2.com/tb.php/97-6490c3fe
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。