スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Agrypnie♪16[485]

2010年06月09日 03:01

41NDrfVsV7L__SL500_AA300_.jpg
【Artist】Agrypnie(myspace:☆☆☆
【Title】16[485]
【Rate】9/10

【 Black Metal / Death Metal / Alternative

ドイツ産メロディックブラックメタルの2010年作3rd。どす黒くも美しい、切り立った崖のような威圧感が魅力です。
※2010/06/11:僅かに減筆修正。

メロデスを基調にしつつ、轟音+トレモロフレーズがノイジーかつ重厚な圧力を叩きつけてきます。ドイツ語歌詞で吐き出されるデスVo.が、さらに寂寥とした空気を際立たせる。クリーントーンの綺麗なフレーズや、随所に顔を見せるアコギ主体の引きの展開も、メリハリ効いて良い感じ。
単音ヘビィリフや叙情ソロフレーズも大きな役割を担っていて、無視できない。ブラックメタルの邪悪さや轟音ポストロックの儚さとはまた違った、切迫した「極限感」を感じる物に仕上がってます。

イントロトラックからの立ち上がりに鳥肌な#2「Der Tote Trakt」、しょっぱなからブラストビート全開な#6「Zorn」が勢いのあるキラーチューン。彼ら一流のクロスオーバーが際立ちます。

そして、約12分に及ぶ大曲#9「16[485] / Brücke Aus Glas」は特に聴く人を選びますが・・・個人的には一気に聴けたアルバム内でもオススメ曲。涙腺に訴えてきます。
シャウトから始まり、ブラストビートとギターの轟音が威圧感たっぷりに叩きつけられる。力強くもどこか物悲しい空気で熱を増していくが、不意にVo.のトーンが変わる。「:die Welt wird sick wandeln.―――」淡々としたドイツ語が何かを宣告するかのように響き、スラッシーなギターリフがそれに呼応する。
数分に及ぶ静寂パートを挟み、再びジリジリと圧力を増していく演奏。その中で、ラストは泣き叫ぶシャウトが響き・・・放り出された様な、寂寥としたアウトロへと繋がっていきます。

【for fan of what ?】
周辺ジャンルに詳しくないので、引き合いに出せるバンドが思いつかないです・・・。
ただ個人的に、Dark Tranquillityの7thアルバム「Charactor」終盤に収録の曲「My Negation」を思い出しました。メロデスバンドがやる、デスいバラード。あのサウンドを、バンドのスタンスとして突き詰めた感じ。

【here is the sound !】
“Der Tote Trakt”
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://masterofslach.blog114.fc2.com/tb.php/83-74d9f9c6
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。