スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Periphery♪「Periphery」

2010年06月05日 00:56

Periphery.jpg
【Artist】Periphery (myspace:☆☆☆
【Title】Periphery
【Rate】9/10

Progressive / Metal / Experimental

2004年結成にして、遂にレーベル契約・音源発表に至ったPeriphery。知る人には待ちに待った、知らない人には寝耳に水のパワフルなデビュー作。
そろそろとフェードインしていき、不意に爆発する変拍子スラッシュリフ。衝撃の引く間も無く、エモーショナルな歌へと展開していく・・・。
何を置いても、立ち上がり3曲の勢いが半端無い。混沌とした妖しさを感じる#2、エフェクトボイスが小気味良い#3まで聴くと、あっという間に15分以上経っている。

エッジの効いたリフで複雑なリズムを刻み、サイバーなアクセントが無機質な質感を引き立てる。噛みつく様なシャウトと叙情的な歌い上げが交錯し、始終張りつめた緊張感が漂う。
・・・主軸としてはモダンなメタルコアを感じるものの、その中にとんがった要素を仕込んでいる風情。隙の無い演奏技術もあって、「変な事をやってる割にはノリ易い・聴き易い」という印象の、非常に完成度が高い音楽性を持っています。

ただ、聴き易い一方で、72分という限界までの収録時間や、リフが似通ったリフが目立ってしまう面もあり、人によってはダレてしまうかもしれない。

しかしながら、ラストに控えた15分もの大曲#12「Racecar」は、「ダレる」で片付けるにはもったいない、聴き応えのある一曲。
憂いを含んだフレーズが全体を通して何度かリフレインし、禍々しいリフを挟みつつも、一貫して儚さを印象付ける展開。
特に後半10分を越してからのクライマックスは、徐々に消えて行くようにフェードアウトしていく。一曲目からの勢いとは違ったベクトルの魅力が際立ちます。

【for fan of what ?】
リフの性格やサイバーな浮遊感から、MeshuggahCynicを挙げずにはいられない。また、ザクザクとしたリフに絡む、つるりとした質感のクリーントーンフレーズから、Animals As LeadersFirst Signs Of Frost等を好む方には是非。

【here is the sound !】
“Icarus Lives(PV)”


関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://masterofslach.blog114.fc2.com/tb.php/79-d9a224a3
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。