スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

記事を書こう。

2014年04月19日 21:26

というわけで書いていきます。目指せ総エントリ数500。

以前宣伝しました共同ブログ231090559666tweetcampから、改めてコチラでもご紹介的な。

☆Rabbit Rabbit

暗黒アヴァンギャルドなチェンバーロックバンド:Sleepytime Gorilla Museumのメンバー2人による別プロジェクト。
楽器は色々と兼任しているが、基本はヴァイオリンとドラム、キーボードが主軸。そして、それに男女の歌声がふわりと乗る。Sleepytime Gorilla Museumとは違い過激な攻撃性を目立たせず、表面上は大人しい音を聴かせてくれている。
とは言えやはり一筋縄では行かない。チェンバーロックからブレイクビーツ、ジャズ等々多くの要素を飲み込み、何食わぬ顔で妖しく歌い上げる怪作。
おしゃれでほんのりホラーなM1”The Curious One”を、まずはゼヒ。


という感じです。!しまった推敲した関係で追加でコメントが浮かばない!

そんなこんなで。
歌ってヴァイオリンする人:Carla Kihlstedt女史ですが、コノ人ものすごいマルチに活動してたりします。
差し当たっては先述のSleepytime Gorilla Museum
"Helpless Corpses Enactment"

序盤の壮大ゴシカルな立ち上がりから、突如急降下して狂気怪奇の謎メタルへと豹変するこの手腕。
「人を食ったような」だとか「奇を衒った」だとかの文言が非常に良く似合うアヴァンギャルドここにありといった風情のバンド。

オーガニックで優雅なTin Hat


などなど。ジャズ畑のユニットも多いですが、同時にアヴァンギャルドな印象の音が多い印象もやはりあり。オフィシャルHPの情報を見てると圧倒されます。
そこにきてのRabbit Rabbit、なんですが。
暗黒プログレに慣れ親しんだ(!)リスナーには、実に良い塩梅のスタンスなのがこの一枚のように思います。このとっつきにくさはとっつきやすい、等と支離滅裂な感想が浮かびます。

アコースティックギターの賑やかさがアクセントの#3Hero and a Saint、物憂げブルージーな#5In the Dead of Nightなどなど基本は歌を聞かせるしっとりとした作風ですが、先述#1なんかは結構なダークっぷり。おしゃれぶったり狂人ぶったりするのに非常に良い一枚です。
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. xkilledthexx | URL | Ol1eGJ4Y

    Re:記事を書こう。

    お久しぶりです。ご無沙汰してしまっている間に
    動画の方、また更新されてますね!
    (お時間も気力もかかると思うのですが・・・
     すごいですね!)
    時間をみつけて追っかけさせていただきます~。

    さて、Sleepytime Gorilla Museum関連と言われたら
    チェックしないわけにはいきません☆
    イカレタ音楽ではあるんですけれども
    気の抜けない展開に正直聴き疲れるのですが
    気がついたらまた聴きたくなっている、
    なんというか「ひねくれた恋人」みたいな感じですw

    共同ブログさんの方にもUPされたとのことですが、
    なんとなくレビューは人となりがわかる方が安心なので
    覗いていなかったです。時間ができたら行ってみます。

    それでは、またお邪魔いたします。


  2. mossgreen/畳色 | URL | zniSEbEA

    Re: xkilledthexxさん

    聴き疲れるけどやっぱり気になる、は分かりますねw
    その点、Rabbit Rabbitはそれほど疲れない感じなので、バランス良い感じかもしれません(物足りないかもしれません)。

    共同ブログと本ブログのお互いの立ち位置はまだ模索している所で、それまでは各々独自に更新していくと思います。良くも悪くも様々なセンスがごった煮になってますが、たまに眺めていただければ幸いです。

  3. xkilledxx | URL | Z1JAKxqU

    Re:記事を書こう。

    こんにちは!
    やっと音々楽々の1~5を拝見させていただきました~。

    このサイトの自称ヘビーユーザーの自分としては
    マヤちゃんもアルちゃんもカシワちゃんも
    (レイちゃんはちょっと毛色違う感じはありますが)
    女の子わーるどなので、もちろん性別は違いますが、
    全員すごくmossgreenさんっぽいです(笑)。
    マヤちゃんのヘヴィ&プログレな音像の好み、
    アルちゃんのエモいヴォーカル好き、
    カシワちゃんの擬音語で表現するようなところ等々。
    特にマヤちゃんかな、前職のこともありますし。

    曲のチョイスや構成に加えて
    コミカルな掛け合いも楽しかったです。
    あとmosgreenさんはアルコールにお詳しいんですね、
    自分はまったく呑めない体質なので
    お酒にたとえている部分が理解しきれなくて
    ちょっと悔しいです(笑)。

    メンバーが増えて、続きが楽しみです~。
    個人的にはアルちゃんのお父様をみてみたいですね。
    かなりのダンディさんなのではないかと思ってます(爆)。
    それでは、また。

  4. mossgreen/畳色 | URL | zniSEbEA

    Re:xkilledxxさん

    \theの不在/

    わぁ、丁寧な感想ありがとうございます!(貴重なのです)
    レイリンデルだけ毛色が違うのと、他の三人の「っぽい感じ」については流石の目利きですw
    詳しくはVol.5のあとがきエントリを見て頂きつつ。: http://m0559reen.com/ongk/203

    あの動画を始める動機のひとつに「私を三分割してしゃべらせたい」というのがありまして、その結果ではあります。が、ある種「キャラのセリフに個性が無い」という危険性をはらんだご指摘でもあり、油断できないなぁと思ったりもします。異次元から乙女心を引っ張り出しつつやっていく所存です。

    お酒ネタ、実は余り詳しく無く、調べながら書いてます。リキュール系好きなので、カクテル勉強のついでですね。
    アル父については、イラスト担当氏に今度掛け合ってみますw周辺の人間も集まれば楽しいですが、自分で絵が描けないだけあってこの辺は小回り効かない切なさ。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://masterofslach.blog114.fc2.com/tb.php/536-87374268
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。