スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Cynic ♪「Kindly Bent to Free Us」

2014年02月25日 21:51

Cynic_kindly_bent_to_free_us_cover.jpg
【Artist】Cynic >facebook<
【Title】Kindly Bent to Free Us
【Rate】9/10

Metal / Progressive / Fusion

強烈な余韻を残す、静かなる炸裂。
Paul Masvidal氏、Sean Reinert氏、Sean Malone氏のトリオ編成で放たれる2枚のEPを経た3rdスタジオアルバム。2014年作。

柔らかな佇まいなのに強烈な余韻を残す。聴いた時の第一印象はこうだろうか。
ひんひんとしたノイズが鳴りアルペジオと共にそろそろと幕を開ける#1「True Hallucination Speak」。オーガニックな輪郭の音と穏やかなテンポで、しかし尖りのあるフレーズを繰り出すギターに面食らう。
薄く皮膜のかかった様なヴォコーダー処理がされたヴォーカル。有機的な丸みを帯びたギターによるメタルに通じるリフ。フレットレスベースによるしなやかな低音。雄大な力強さを湛えたドラム。音圧自体は抑えた物だが、音の一つ一つに押し込められたエネルギーが無意識に絶えず訴えかけてくる。

不思議な明るさを湛えた#2「The Lion's Roar」やスペイシーなシンセの目立つ#4「Infinite Shapes」における歌メロの存在感など、異界のバラードと言いたくなる奇妙な優しさ・人懐こさが全編に一貫している。#4の中盤に挿入されるソロパートが狼の遠吠えにも似て聴こえたり、無機質な要素の中に生き物の気配を感じるのが何よりも印象的だ。

また、憂いたメロディーがどこかディストピアめいた重さを感じさせる#6「Gitanjali」やシュレッドリフの刻みがスリリングな#7「Holy Fallout」といった、メタルに接近する攻撃性を持ったパートも少なくは無い。音の質感とのギャップで、やはり奇妙な余韻を生んでいる。
ラストトラック#8「Endlessly Bountiful」はタイトルの通り"永遠に満ち満ちた"開放感が広がるアンビエント/フュージョンナンバー。ほどけるように幕を閉じていく。

【for fan of what ?】
メタルとフュージョンを正面衝突させ異次元SFを聴き手に叩きつける。それがCynic、だと筆者は思っています。
1stはそれをデスメタルを通して体現した。
2ndはそれをプログレッシヴメタルを通して体現した。
そして今作はプログレッシヴロックを通して体現した。と。
下敷きを変えただけで、やっている事は変わっていない様にも感じます。

メタルならではの高揚感に満ちた2ndからはかなり距離をとっています。しかし一方で、ギターが完全に裏方だった「Carbon-Based Anatomy」からも距離がある。EP「Re-Traced」収録の「Wheels Within Wheels」の延長線上にある印象で、休止中に活動していたプロジェクトThe Portalの方向性を改めてCynicからアプローチしたという雰囲気も。
70年代への憧憬を隠さなかったOpethの「Heritage」や、いよいよカリスマを滾らせてきているSteven Wilsonを聴いている身としては、漠然としたムーヴメントの様な物も感じてしまいます。

なお、今作はいくつかの場所でThe Beatlesからの影響が指摘されています。しかし浅学ながら筆者には分からず実に無念。

【↓here is the sound !↓】 曲リストも追記にて。
"The Lion's Roar (lyrics video)"

奇妙なポップネス、これに尽きると思います。個人的に、車での移動中に聴くときと家で座って聴くときで酷く熱中度が変わる(後者のときが明らかに良く聴こえる)ため、手放しで評価できず少し困惑気味というのが本音です。

【Track Listing:】
01.True Hallucination Speak
02.The Lion's Roar

03.Kindly Bent to Free Us
04.Infinite Shapes
05.Moon Heart Sun Head
06.Gitanjali
07.Holy Fallout

08.Endlessly Bountiful

ちなみにレビュー本編に言及する余地が無かったのですが、
過去作のCynicって「宇宙!」「圧倒的巨大エネルギー!」といったイメージの音だったんですが、
今作はなんとなく「見知らぬ惑星に降り立って異性人の遺跡を探索してたら妖精見つけた!あれなに!?」みたいなイメージです。超伝わり難いですねコレ。
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. GAOHEWGII | URL | -

    Re:Cynic ♪「Kindly Bent to Free Us」

    畳色様 こんばんは

    これ、他の交流ブログ様でもおすすめされていました。
    自分はファーストのイメージが強くて戸惑いましたが

    「メタルとフュージョンを正面衝突させ異次元SFを聴き手に叩きつける。それがCynic」

    と断言されると、なるほど!と思いました。

    しかしyoutube動画の曲はそこはかとなくオシャレでびっくりです。
    まさに異次元。

  2. mossgreen/畳色 | URL | zniSEbEA

    Re:GAOHEWGII さん

    毎度ながら今回もレビュー本文でかなり書ききった感ありますが、いやはや中々の難解作です。
    ただ、先入観無しで聴いた場合でも難解なのかな?という部分に今回は自信が持てなかったりもします。
    もしかしたら過去の印象を引っ張ってるだけで、ごくごくシンプルなのかもしれない作品です。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://masterofslach.blog114.fc2.com/tb.php/527-05f50c0f
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。