スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インドネシアからの刺客Kekalの新曲ご紹介

2014年01月23日 23:23

某インディーズレーベルのリリックビデオ眺めながら、「これ、真似できるんじゃね?」と思ったのでやってみました。
"【Fanmade】Kekal"Token Discontentment"【Lyric Video】"

できた。
いやさすがに粗は目立ちますが。目立ちますが、その辺の話は自分からしない方向で行きましょう。バンドの話に移りましょう。

☆Kekal >facebook<
【 Metal / Avantgarde / Electronic 】

インドネシア産。出発点はブラックメタルだったんですがメロデスやらエレクトロやらにかなり本格的に傾倒していった結果、謎次元なサウンドへと旅立ってしまったバンド。これも異国情緒という扱いで良いのだろうか。
ページ内にフリーDLのリンクも有り。ちなみに、彼ら定期的に旧譜をフリー放出する事でも知られてまして、各曲クリエイティブ・コモンズ的に割とオープンな設定をしています。なので著作権的なアレもあんしん。

今回の新曲は現在作成中のアルバム「Multilateral」に収録予定、ですがその新譜は2015年の8月とのこと。まだまだ気長に待つ必要がありそうです。

そんなこんなで、追記からはリリックビデオをぼやっと懐かしむお話。
今日作った動画、割と最近良く見るタイプの雰囲気に仕上がりました。そうです。Rise Recordsとかが得意な奴です。
素材のセンスなどは常に求められますが、そこを差し引いても実際これは作成コスト少ない。少なくとも、演奏シーン含めたミュージックビデオに比べれば遥かに。流行るのも道理であります。

それはそれとして、個人的にリリックビデオと言えばこの動画が最初の衝撃だった記憶があります。
"Deftones - Rocket Skates [Official Lyric Video]"

公開日2010年2月。約4年前ですね。この曲は歌詞の内容も少なめで非常にシンプルな曲ですが、ひどくかっこよく見えたものです。ていうか今見てもかっこいいすねやっぱり。
リリックビデオの文化については特別調べたことも無いので、これ以前にもっとエキサイティングな奴が登場してたかもしれませんけども。私にとってはこの動画を皮切りにリリックビデオが増えていった思い出があります。

特にオチは無いので、
(  '-')りりっくびでお、いいよね!
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://masterofslach.blog114.fc2.com/tb.php/518-e0ae14e4
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。