スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Leprous ♪「Coal」

2014年01月18日 22:18

reprouscoal.jpg
【Artist】Leprous >facebook<
【Title】Coal
【Rate】9/10

Metal / Progressive

非現実に手を触れるような、だまし絵に似た深淵。
Ihsahnのバックバンドを務めている事でも知られているノルウェー出身の5人組による2013年作3rdアルバム。

ギターとドラムが交互に鳴る、重厚な7拍子の#1「Foe」で幕を開ける今作。3拍子の最後にタメが入る様な淡々とした行進。そのまま、声楽曲を連想する歌詞の無いコーラスに続き、長い長いリフレインがそのままアウトロとなり次の曲へ移っていく。5分超の曲だが、その大半がヴォカリーズの反復だ。
この曲に限らず、今作は何を置いても「長さ」が目立つ。10分に接近する長さの#7「Echo」での、霧が晴れるように明るさを増す中盤に至るまでの流れなど、フレーズをじっっっくりと身体に巡らせるような長いパートが曲の中心に陣取っている。それゆえに、特に一回目の視聴では非常にとっつきにくい。複雑さは無く、むしろシンプルであるにも関わらず。

いつ終わるか分からなくなってしまう程の長さ、ではあるが、そんな中で、歌のメロディーが聴かせる力として大きな存在感を放っている。
オペラ調な歌メロを主軸に据えた、ヒロイックで大仰なハイトーン。先述の通り様々な場面でヴォカリーズを聴かせ、バラード曲#4「The Cloak」ではその感傷的な力強さが全編に渡って発揮されている。

一方、珍しくグロウルが頻出する#8「Contaminate」でのポリリズミックなスラッシュリフなど、メロディーよりも複雑なリズム構成で攻めるリフが随所で睨みを利かせている。ドロドロとした音像で刻む#3「Coal」の、後半につれ無機質さを増し、有機的ヴォーカルとのコントラストをさらに強める展開など、次々と表情を変えていく攻撃性も無視できない。

ある種酩酊感を誘うような長尺主義の楽曲構成だが、パートひとつひとつは輪郭がはっきりとしている。この質感と前後関係があやふやになる不気味さの同居は、エッシャーのだまし絵を眺めている感覚に近いかもしれない。非現実に手を触れるような、人の意識に滑り込むエネルギーを孕んだ怪作と言いたい。

【for fan of what ?】
前作に引き続きPain Of Salvationなど、プログレメタルの中でもアクの強い個性を持ったサウンドに興味のある方は是非。
リズムで攻めるリフの部分はMeshuggah直系ともKing Crimson(特にアルバムThrack辺り)直系とも言える。
先に少し触れたが、サイケ・ドゥームやミニマル音楽的な展開をプログレッシブメタルのまま採用したと言った風情の曲が目立つので、ヘドバン野郎にはおいそれとお勧め出来ない。この辺りは前作と趣を異にしている印象。

Ihsahnのファンにチェックして欲しい一方、彼が過去に名を馳せたブラックメタルバンド:Emperorのファンにはやはりおいそれとお勧め出来ないオーラである。

ちなみに周辺情報的な所ですが、前作に引き続き今作のミックス担当はJens Bogren氏バンド名Opeth、バンド名Katatonia等との仕事で活躍)、そしてカヴァーアートはJeff Jordan氏The Mars VoltaT.R.A.M.等のアートワークで活躍)による物。マニアはこの情報だけでも買ってしまうのでは。
【↓here is the sound !↓】 曲リストも追記にて。
"The Cloak"

折角ですし公式MV曲を。中盤以降、サビの盛り上がりの中で絶妙に尖るギターの仕事も緻密である。

【Track Listing:】
01.Foe
02.Chronic
03.Coal
04.The Cloak
05.The Valley

06.Salt
07.Echo
08.Contaminate Me

09.Bury*
10.Foe(remix)*

*:限定デジパック盤ボーナストラック。なんと今作は国内盤も発売されており、そちらにも同じく収録。
・・・筆者購入は輸入通常盤でしたが、9曲目だけ収録されてました。
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://masterofslach.blog114.fc2.com/tb.php/517-7ff67622
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。