スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【まとめ】2013年お気に入リスト【旧譜10】

2013年12月30日 00:04

(  '-')さー行きましょう年末行事「今年のまとめ」今回は旧譜でじゅうまい新譜でにじゅうまい上半期やんなかった分ちょっぴり増量でお届けしたいなーなんて思ってるんですけどもねはい前置きも長くなってまいりましたところで改めてまいりましょうトップバッターは旧譜で10枚!

(息切れ中)

そんなこんなで、今年に購入・入手した作品で特に気に行った・ヘビロテした物を選んでいきますぜ!
今回、以前書いた記事へのリンクがメインですので、興味持った方はレビュー記事など読んでいただければ嬉しく思います。o(そしてリストはAtoZでやってますので順位付けとはちょっと違います。ご了承ください。)
22flux.jpg
☆22 ♪「Flux」
ノルウェーの苛烈なる幻想。と言う訳でこちらは2010年作。夏に残響SHOP行ったときに出会ったもので、前情報無しでのインパクトは中々でした。連れ立ってた友人2名とヒョーこれやべーぃなんつって盛り上がってたのも懐かしいです。

a0259136002_10.jpg
☆The Grand Astoria ♪「To Whom It May Concern」
お次はロシアの牛頭蓋。彼らは今年のリリースもありますが、今年の私としてはどうしても旧譜のこちらを推したい。去年11月リリースの、19分1曲のみの作品です。プログレッシヴ・ストーナーのセンス光る逸品。

grorr-anthill.jpg
☆Grorr ♪「Anthill」
続きましてはフランスの蟻。(ミョーなキャッチコピーが続きますがたまたまです。)エスニック・デスを標榜する5ピースの2012年作。Bandcampをフラフラしてたらジャケに惹かれて聴いてみたら渋くてマッドなポストメタルでそのままユーロでフィジカルを空輸プリーズ、というアレです。重厚でコンセプチュアルな蟻塚絵巻。

OREN LAVIE - The Opposite Side Of The Sea
☆Oren Lavie ♪「The Opposite Side Of The Sea」
今度はイスラエルの優しい歌声。(国が被って無いのもたまたまです。)2007年作。2010年頃にMVを知ってずっと気になっていたんですけど、今年に入って遂に購入しました。6年越しでCDのプレミア化が激しすぎたのでBandcampでデジタル購入しました。嗚呼文明の利器、インターネットの素晴らしさよ。

折を見てアルバムレビューも上げたいと思いながら幾星霜。MV曲以外も粒揃いの素晴らしい作品でした。

PURE REASON REVOLUTION-AMOR VINCIT OMNIA
☆Pure Reason Revolution ♪「Amor Vincit Omnia」
そしてイギリスの純粋理性革命。解散済みのバンドによる2009年作。これまた夏ごろ、引っ越し前に友人宅へと転がり込んで音楽談義した際に教えていただいた逸品。ドラマチック・感情的な世界観は、ちょっと物思いに耽りたい気分へとすっぽりはまりました。

Serious Beak Hux
☆Serious Beak ♪「Huxwhukw」
からのオーストラリアのゾンビ鳥。2011年作。こちらデジタルの場合はNameYourPrice、無料でも入手できる代物で気軽に聴ける作品でありながらそのサウンドは圧巻。スラッジな質感でDjentする、粗暴かつ緻密なインスト。

Cover-UnionBlack.jpg
☆Skindred ♪「Union Black」
続いて入りますイギリスのレゲエミクスチャー。7枚挙げてやっと国名が被った・・・!2011年作。youtubeの関連動画に現れたこのジャケ絵に興味持って開いたらウォオオっていう流れでした。ラップメタル界隈はめっきり下火ですが、今でも定期的に欲しますね。・・・ブログに全く言及が無かったですが、割とヘビロテしてました。
・・・と、当時のツイート分はyoutubeリンク切れてるので公式の同曲を↓に。


Thank You Scientist
☆Thank You Scientist ♪「Maps of Non-Existent Places」
アメリカNYの最新鋭プログレッシヴロック。2012年作。今年の初めに、軽く2ヶ月ほどヘビロテしていた逸品でして、そのハマりっぷりは新譜含めても随一でした。・・・お金無くて他にほとんどCD買えてなかった時期っていうのもあるんですが。実際超名盤ですし、2012年ベストとして去年各所で名を馳せていた印象も強い作品です。

cover Wide Eyed
☆That's Ragby ♪「Wide Eyed」
アメリカ・ボストンの幻想ダンサブル。2012年作。こちらもNameYourPriceで、無料のまま楽しませていただいてたんですが、何か今回のベスト選出中に感極まってきたのでちょっとお金払ってきました。かなりポストロックに接近するオルタナロック、しかも歌声よろし、と絶妙なクロスオーヴァー。ヘビロテ後の今でもちょいちょい聴いてます。

jooubachi.jpg
☆女王蜂 ♪「蛇姫様」
最後は国産インディーロック。2012年作。これもブログ言及無しでしたね。・・・なんかレビュー書いた気になってましたが妄想でした。奇を衒った極彩色の集団で過剰なまでにスキャンダラスなバンドですが、今作は曲の端々に何とも言えないプログレ性を感じてしまいました。あとは身を切る様な歌詞世界でトドメといった風情でしょうか。

「無題」っていう曲がね、これまた心に迫るんですよ。書いた気になったレビューをどうにかして書いてしまいたいところです。


(  '-')以上ッ!!
何か、10枚選んで出身国が8ヶ国にまで及んだ事実にヘンな達成感というか、節操の無さが楽しいリストになりました。さぁ次のエントリから、新譜のチョイスに入りますよ。乞うご期待!でも記事作成間に合うか分かんない!
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. xkilledthexx | URL | Ol1eGJ4Y

    Re:【まとめ】2013年お気に入リスト【旧譜10】

    あけましておめでとうございます。
    やっとご挨拶に参上できました☆
    誰かに挨拶を忘れた気がしていたんです~!
    本年も何卒よろしくお願い申し上げます。

    Skindred/Union Blackは最近知ったのですが
    か~な~り~気に入っておりました、
    やっぱりmossgreenさんとは感性が近いのかも♪
    と勝手にうれしく思っております。

    -----
    正月は某人類学者こと一連のSam Dunn作品なぞ
    ゆっくり見返したりしておりました。
    やはり文化圏が違うという印象はあります、
    一度欧米圏のフィルターを通した残像を
    日本人の自分の持っている地図に落とし込むみたいな。
    ・・・宗教・倫理的な面など必ずしも理解しなくても
    音像は聴こえてきますが、理解することで
    その音像が別の色を帯びることも確かにあって。
    理屈でなく音像を聴きたいと思ったことが
    自分がMetalを聴きはじめた一因ではあるのですが、
    生来理屈っぽいのか、はまっていくうちに
    それだけでは中途半端な気もして・・・
    (まぁ語学という壁は自分には高すぎるので
    「完全な理解は不可能」なのは先刻承知ですが)

    mossgreenさんのサイトが気に入った理由に
    「国別に分析したりといった視点」があるんですよね。
    鵜呑みにするわけではありませんが
    とても参考になっています、ありがとうございます。
    正月早々何を書き込んでいるのかという話ですみません。

    それでは、またお邪魔させていただきます。

  2. mossgreen/畳色 | URL | zniSEbEA

    Re:xkilledthexxさん

    そういうの!アリだと思います!(
    「無知の知」でも無いですが、知らないという事を意識するのが理解のスタートラインですし。
    理解は不可能だけどそれでも、というスタンスは私としても、心の片隅に置いておきたいものです。

    と言う訳で、あけましておめでとうございます!
    思い出して戴いてっていうか気にかけていただいてありがとうございます!!嬉しいですよぅ。

    Skindred、どうやら前身のバンドも良さ気だとか、twitterでは忍者ソングが盛り上がったりしてだとかで興味深いバンドですね。ミクスチャーな音楽は洋楽ハマりの原点なだけあって、今でも定期的に触れています。昨日買ったStray From The Pathもその方向でいて非常によろしい感じです。

    拙ブログの国別分析は、色々と聴いて行く内に芽生えた「どうやらそんな気がするぞ」という仮定と言う名の先入観に基づいてやっています。何よりも、この聴き方だと余分に楽しいって言うのが大きいですね。

  3. xkilledthexx | URL | Ol1eGJ4Y

    Re:【まとめ】2013年お気に入リスト【旧譜10】

    新年早々、お言葉ありがとうございます!!

    Skindred、前身バンドがあるんですね。
    新譜が近くでるらしいというのは知っているのですが、ちょっと面白そうですね~。
    ・・・忍者ソング・・・だと・・・

    自分は完全な理解などと言う時点で、ちょっと性格的に完璧主義なところがあるのかもしれないですね(笑)。
    最近は多少どうにかなる英語圏でないものも増えてきたのもあり(北欧圏とか)フォントの問題とかにぶち当たる、理解以前な状態だったりします(笑えない)。

    最初ブラックメタルとかクリスチャンメタルとか、手を出すのに躊躇したりしました・・・
    (苦手というより、基礎知識が必要な気がして・・・)
    なのでメタル系については基本は「音像のみ!!」と割り切って聴くようにしていました。
    …なので、クリスチャンメタルコア、なんて聴いた後から知ったジャンルというのもありました。
    でもやっぱり、(Rammsteinがわかりやすい例ですが)音像だけでなく、歌詞やその背景がわからないと面白さが減じてしまうものもあるじゃないですか。

    そんなふうに思うことが多くなって、これはひとつの転機なのかなと思い、これからは気に入ったなりに興味を持って追いかけてみよう、と思い出して、それまでは敢えて音像に特化したようなレヴューサイトのみを閲覧していたのですが、自分が気に入っている音源を検索してみて見つけたのがmossgreenさんのサイトだったのです。
    独特な視点で自分の知らない音源が紹介されていて、文章を読んでみて「聴いてみたいな」と思えて、実際聴いてみてとても気に入って
    ・・・それ以来[願わくば 背中合わせに 音楽を。]がレヴューカテゴリのブクマの最上位になっています♪
    (・・・にもかかわらず、タイトルをGoogle検索する方が多いかも・・・5・7・5で覚えやすくて字面も綺麗だからだと思います)

    連休に浮かれて乱文失礼いたしました。
    これからも更新楽しみにしています。






  4. mossgreen/畳色 | URL | zniSEbEA

    Re: xkilledthexxさん

    (  '-')なんというか、照れますね!!!!!(ありがとうございます
    ブログタイトルは結構というかかなり思い入れの強い経緯とかあったりしますがまぁこの辺はちょっと秘密っぽくしておきます。いー感じに川柳すべく、割と頭ひねって考えましたん。

    P.S.忍者ソングっていうかもう曲名がninjaなんですよね。
    http://youtu.be/JtUpcGoICLQ
    かっこよいよい。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://masterofslach.blog114.fc2.com/tb.php/513-b48e21f8
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。