スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Protest The Hero ♪「Volition」

2013年12月21日 23:34

VolitionProtesttheHero.jpg
【Artist】Protest The Hero >facebook<
【Title】Volition
【Rate】9/10

Metal / Punk / Thrash

バケモノじみた緻密で複雑なテクニックを、全て疾走感のためだけにつぎ込んだ結果。
スラッシーかつ堂々とした突進チューン#1「Clarity」で幕を開ける今作。時に下から捻り上げる様に濃く、時に上に突き抜ける様にのど越し良く、縦横無尽に立ちまわる力強いヴォーカル。ピロピロと始終忙しなく暴れまわりながら緻密に刻みまくるギター。中盤、女性ヴォーカルが加わると音の輪郭もさらりと色を変え、そのままクライマックスへと一気に盛り上がっていく。一曲終わるころにはアクション映画のエンディングを観切った様な達成感が。やった!遂にゴールに辿り着いたんだ!
・・・そんな寝言を一気に吹き飛ばすべく、#2「Drumhead Trial」の鮮烈なイントロが襲いかかる訳だが。当然というか、今作は1曲だけではなく11曲を収録している。カナダ産メタルバンドによる、2013年発表の4thスタジオアルバムである。

ネオクラやスラッシュ、メタルコアを全てミキサーに突っ込み最高速でぎゅんぎゅん回し続ける様な怒涛の展開と圧巻の演奏技術。そして過密とも言える演奏隊に正面からぶつかり全く埋れ無い歌声。デビュー以降ある意味で全くブレない方向性は、メンバーの経験とテクニックの上昇につれどんどんと佇まいを変えている。そんな中で、今作を貫く要素は「圧倒的なスピード感」。これに尽きる。聴者にスピードを体感させるという一点において、如何に彼らがこだわり抜いているか。今作ではそれがそこかしこで伝わってくる。
激情ハードコアを中心に据えながら随所に彼ら一流の弾きまくりリフ・ソロを仕込んでいる前述#2や、素直すぎる疾走ハードロックを軸に展開する#8「Mist」など、弾きまくりの中にシンプルなキレを目玉にしたパートの存在も良いアクセントになっている。おかげで曲内の激しい部分はもちろん、#7「A Life Embossed」の様な容赦の無い凝縮テクニカルチューンがさらに映える映える!
複雑かつ緻密な演奏ゆえに生まれるエグみを抜くアイデアはまだ隠れている。過去作でも何曲かに参加している女性Vo.Jadea Kelly女史が今作では4曲参加しており、要所で華と清涼感を添えている。超速タッピングがイントロからサビから常に駆け回る#4「Without Prejudice」での、やはり駆け回るベースの中で物憂げに旋律をなぞる彼女の歌声は短いパートながら白眉。

透明感のあるバラードで幕を開けるラストトラック#11「Skies」は一際刹那的な情熱を感じさせながら突き進み、そしてイントロの瑞々しさをリフレインして幕を下ろす。#1以上に圧倒的に作品の締めとしてふさわしい曲であり、やはり寝言は寝言だったと筆者は思う訳だがそれはもちろん余談である。

【for fan of what ?】
スピード狂、という意味では差し当たりDragonForceなど想起するが、ファン層が被るかは自信が持てない。ただ共通する部分はあるので、スピードメタルファン等にも勧めてみたい気持ちは強い。
テクニック至上という点でSikth、ハイトーンヴォーカルの存在感では初期Closure In Moscowを連想する。常時ソロを弾き続けるギターという意味ではDance Gavin Danceのファンも、あるいは。その他、疾走メタルコアと聴いて反応した奴は取り敢えず一回聴いとけ。

過去作との比較では、聴いたときの感触が前作よりもさらに1stの頃に近づいた、という印象。今作を目の前にすれば、3rdがかなり難解さを武器にした仕上がりだったと思わされる。
とにかく速い。誰が何と言おうが疾い。一瞬訪れる引きの叙情パートや歌いたくなるメロディーライン、曲を締めくくる時の雄大なスケール感、そして制作のためのファン出資援助(クラウドファンディング)が凄まじい額を記録したニュースすらもはやどうでもいい。走れ。ヘドバンの時間だ。

【↓here is the sound !↓】 曲リストも追記にて。
"Clarity" (Official Lyric Video)

なんだかオフザケな映像センスも、割とお家芸と化してきた彼ら。MVだって可愛らしいやらシュールやら。

【Track Listing:】
01.Clarity*
02.Drumhead Trial

03.Tilting Against Windmills
04.Without Prejudice*
05.Yellow Teeth*
06.Plato’s Tripartite*
07.A Life Embossed

08.Mist
09.Underbite
10.Animal Bones
11.Skies

レビュー内言及のJadea Kelly女史参加の曲に「*」付けてます。今まではごくごく一部の登場でしたが今作で一気に増えた!わーい!
あと本文に差し込む隙が全くなかったんですが・・・2013年に入ってドラマーのMoe Carlson氏が脱退しており、今作ではLamb of GodのドラマーChris Adler氏が参加しています。また今作発売直前に、後任としてMike Ieradi氏の加入がアナウンスされました。
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. GAOHEWGII | URL | -

    Re:Protest The Hero ♪「Volition」

    mossgreen様
    はじめまして
    こんにちは

    最近、レビューサイトを始めて、
    休日の今日、挨拶回りをしてアクセスしてもらおうという、
    作戦を実行中のGAOHEWGIIと申します。

    カナダ出身なのにジャーマン・メタルなみの疾走感なんですね。
    youtube聴きましたが、あばれまわりっぷりが壮絶で
    確かに達成感がありました!

  2. xkilledthexx | URL | XGjE65NU

    Re:Protest The Hero ♪「Volition」

    お久しぶりです!
    年の瀬ですが、お邪魔せずには居られませんでした☆
    クラウドファンディングで資金を捻出した(=インディ)
    PTH最新作、mossgreenさんが購入しない訳はないだろうと
    確信しておりました!!

    Ds脱退でどうなるかと思いましたが、LOGのChris Adler氏が
    がっつりきっちり締めていて全く問題なかったです
    (自分的にはかえってよかったかも、くらいの高評価♪)
    テクニカルに疾走というか爆走していますが、
    どこか明るさとか爽やかさもあり、聴き手をおいてけぼりにしない。
    バランス感覚みたいな?でもそれがブレーキになっていない…。
    確かに全体的な印象は初期作品に近いのですが、
    mossgreenさんの言葉で
    「メンバーの経験とテクニックの上昇につれ
    どんどんと佇まいを変えている」
    部分が前作よりも伝わってくる感じがあります。

    また、彼らのPVもツボをついてくるものが多くて大好きです。
    Rody Walker氏、若いのにそのお腹?!とか…
    ( Hair-triggerとか、カッコいいのもありますが…)
    mossgreenさんのコメントをみたし、新譜まだまだ聴きこみます!

    それでは、このへんで。またお邪魔致します。
    寒い正月になりそうとのことなので、ご自愛くださいね。



  3. mossgreen/畳色 | URL | zniSEbEA

    Re: GAOHEWGIIさん

    いらっしゃいませー!師走でバタバタしておりますが訪問ありがとうございます!

    カナダ、拙ブログではThe AgonistやBetween The Buried And Meなどなど、結構エグめな疾走感持ちのバンドが多い国という印象で紹介してたりしますね。o(そして同時に、ドイツは重厚で怪しげなサウンドの印象が強い筆者なので、いわゆるジャーマン・メタルには疎かったりします・・・!)

    サイト少し拝見しました。取り扱っている世界が違うので全然コメント出来ないのが切ないところです(差し当たって音の分かるバンドが黒木渚だけという体たらくでございます)。
    こちらの情報も興味に沿うか分かりませんが、またどうぞお越しください!

  4. mossgreen/畳色 | URL | zniSEbEA

    Re:xkilledthexxさん

    年の瀬ですねぇしみじみ(コメント現在、あと1時間切りました)
    リリース直後に買えずとも今年の内に、とゲットしましたよぅ。で、xkilledthexxさんがインフルエンザにも関わらず聴いたいと思った気持ちに激しく同意し、そりゃ幻覚もみるよこんな音だもの、と納得しました。

    来年もうにうにやっていく予定ですので、また気が向いた時に立ち寄っていただければ嬉しく思います。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://masterofslach.blog114.fc2.com/tb.php/511-7c6726de
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。