スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Dance Gavin Dance ♪「Acceptance Speech」

2013年12月04日 19:05

Acceptance_Speech_-_Dance_Gavin_Dance.jpg
【Artist】Dance Gavin Dance >facebook<
【Title】Acceptance Speech
【Rate】10/10

Funk / Psychedelic / Screamo

Gavinは踊るだけでは気が済まない。歌いたいのだ。

アメリカはサクラメント出身の6人組ポストハードコアによる2013年作5thフル(自主制作のデビューEP「Whatever I Say Is Royal Ocean」を含めると6枚目)。
冒頭からの鋭く切れるシャウトに、それをかいくぐるように繰り出されるギターの高音ピロピロフレーズ。そして、少し遅れて登場するクリーンヴォーカルは一転して中性的な透き通ったハイトーン。ダンサブルに跳ねる歌メロパートが終われば再びシャウトとギターの正面衝突・・・。目まぐるしく表情を変え最後のラップで締めるまで、#3「Acceptance Speech」は今の彼らを凝縮した一曲として実に象徴的です。

クリーン・シャウトのツインVo.に、さらにGt./Vo.も叫び(時々)ラップするトリプル仕様のヴォーカルはやはり圧巻。その中でも、メンバーチェンジを経て今回新任となったクリーンVo.Tilian Pearson氏の歌唱は、今作の中でかなり中核を担う存在となっています。DGDと同レーベルRiseRecords所属のバンド:Tides Of Manからやってきた彼。エモ畑の華奢な甘さを持った彼の歌メロセンスは過去作のR&B由来なオトコマエメロディーとはかなり趣を異にして聴こえてきます。
#2「The Robot with Human Hair, Pt. 4」のサビは何回か聴けば鼻歌で追いかけたくなり、#9「Death of the Robot with Human Hair」に至っては全編通して""が付くほどポップな代物で、攻撃的なパートも完全に脇役扱い。

また、今まではヴォーカルを浸食する勢いで前に出ていたギターも、今回は大人しい・・・と見せかけて、「DGD節」とも言える歌いまくりギターは今作でも常に機会を伺っています。
メタルコアに接近する#4「Carve」冒頭の激情スコールや、#10「The Jiggler」で中核を担う、ミドルテンポの馬力あるヘヴィリフ。いつものスペイシーに拡がる高音域のソロフレーズじみたリフ以外にも、随所に印象的なパートがちりばめられていました。

超強力な歌メロを備え、かねてから意識を向けていた予感もあったポップネスへと一気に接近した彼ら。今までの荒々しい武器を丁寧に研ぎ軽やかな清涼感を漂わせるサウンドにファンとして困惑しながら、気が付けば一緒に歌っている自分がいました。

【for fan of what ?】
過去作と比べ、今作は一聴しての印象がかなり違っています。音のバランスが明らかに歌を(シャウト含め)目立たせようとしている。特に前作が原点回帰的な作風だった事もあり、この変化は非常に強く特徴的です。
ファンク&ポップな3rd「Happiness」の路線を改めて発展させ、さらに新Vo.のエッセンスをふんだんに活かした結果ここまでポップに突き抜けたのか、といった風情。
そういえばと言いますか、1stから継続してアートワークを担当しているMattias Adolfsson氏によるジャケットアートも、3rdと似たレイアウトですね。ウォーリーの隠れていそうな異世界描写は今回もステキ可愛い。

そしてこの辺りは邪推ですが、Will Swan氏主宰のレーベルで音源発表したStolasと、彼も参加するスーパーチームSianvarがかなりアグレッシヴで激烈ハードコアな作風を目玉にしています。住み分け・・・!?

The Mars Voltaに端を発するポストハードコアのひとつの流れで語られる彼ら。The Fall of TroyCirca Surviveも引き合いに出されるバンドですが、今回は歌を聴きながらイギリスの大人気ボーイズ・グループやカナダの若き天才シンガーソングライターを思い出しちゃったりしました。・・・関連付けるには多少強引なので明言は避けますけど。
今回の歌声にピンと来たあなたはTides Of Manを聴こう。ぜひ聴こう。

【↓here is the sound !↓】 曲リストも追記にて。
"Acceptance Speech"

MVもありますが、今回はこちらを一番に推したい。ちなみに今作でラップが登場するのは2曲分だけです。Willさんはいつも控えめにひっぷほっぷ。いつもはギターで忙しい。

【Track Listing:】
01.Jesus H. Macy
02.The Robot with Human Hair, Pt. 4
03.Acceptance Speech

04.Carve
05.Doom & Gloom
06.Strawberry Swisher, Pt. 3
07.Honey Revenge
08.Demo Team
09.Death of the Robot with Human Hair
10.The Jiggler
11.Turn Off the Lights, I'm Watching Back to the Future, Pt. 2
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. しん | URL | -

    畳色氏のかねてよりのツイートとこのアルバムの発売を契機に、DGDの全リリース作品を揃え、どのアルバムもそこそこ聴き込んだわけですが、今作が個人的ブッチギリ、というか年間ベストの勢いのアルバムですわ!ぼくはいつもそれほど歌メロに耳を傾けたりはしないんですが、これほんとに思わず歌いたくなりますよねー。

  2. mossgreen/畳色 | URL | zniSEbEA

    Re: しんさん

    (  '-')twitterでの雑然としたツイートを許容していただきありがたい限りです・・・!

    大人買い!思い切りましたね!今作の歌ゴコロは相当というか、今まではギターのフレーズを鼻歌う印象の方が強いバンドだったのでまだちょっと困惑気味です。私は初めて聴いた思い入れの関係もあって、2ndフルのセルフタイトルをかなり推す派なんですが、それはそれとして。聴いてない時でも歌メロが頭の中に流れたりしてる今日この頃です。

    そう言えばDGD、レビュー記事は充実してないんですよねウチ。まとまった記事上げたいなとは思いつつ幾星霜。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://masterofslach.blog114.fc2.com/tb.php/509-244c062e
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。