スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Ongoing Concept ♪「Saloon」

2013年11月09日 00:00

The-Ongoing-Concept-Saloon-800x800.jpg
【Artist】The Ongoing Concept >facebook<
【Title】Saloon
【Rate】9/10

Hardcore / Rock / Experimental

ブチ切れてんだけど、やっぱり人懐っこいんだよなぁ。

アメリカはアイダホ出身の4ピースハードコア野郎による、2013年作1stフルアルバム。
何をおいても、発売前に公開された#4「Cover Girl」のPVが、今作のキモを凝縮して伝えてくれています。
手拍子のほのぼのワールドから一変してのハードコア前回の絶叫!!バンジョーのコミカルな響きを交え、ポップとエクストリームを滑らかに、しかし振れ幅激しく行き来する音楽性のインパクトに圧倒されます。そしてそれ以上に、子供たちを相手に容赦なく騒音をまき散らす図の、何とも言えない人懐っこさ。オリジナリティとメッセージ性へのこだわり。このエネルギーはアルバム全編に渡って一貫しており、そのままの魅力が一枚分ぎっちりと詰まっている、というのが第一印象でした。

激しくもスカッとしたギターの爽快サウンドは、メタルコアゆえのシリアスさをさりげなく抑え、テクニカルなリフもするりと聴かせてしまう。バンジョーやアコースティックギターによる西部劇を連想するホコリっぽい空気の演出は作中で随所に登場し、ピアノの変幻自在な絡みも心地いい。先述#4の他にも、ボルテージMaxの冒頭から道化師ロックへとなだれ込み、あんにゅいなジャズも混ぜてしまう#2「Saloon」は一回聴いただけでは全容を把握しきれず、物凄くポップパンクなサビのシンガロングが楽しい#6「Sunday's Revival」も、小気味良いイントロのリフと激情スクリーモの心得が加わり気が付けば彼らの色に染まったヒトクセチューン。分かりやすいのに噛むほどおいしい!のです。

また怒号・絶叫という形容のぴったりなシャウトは、人間離れしたガテラルヴォイスやきれいな歌声では表せない、まっすぐ心にささる生々しい感情の塊。常に叫びっぱなしという訳でもなく、曲名からしてド直球なメッセージを投げてくる#3「You Are the One」のコーラスやアクション映画のラストにでも流れそうなピアノ主体のバラード#7「Sidelines」もじんわりとあったかい。前のめりな演奏の中で全く埋れない歌声の存在感は一級品です。

アッパーチューンに注目すれば、メタルコアやポストハードコアに始まり、カントリーやジプシーミュージックの様な異種の要素も抱え込んでごった煮にした実にカオティックな音楽。しかしながらバラードチューンをしっかり中盤に配置していたり、アルバムを通すとかなりポップロックの形を意識している印象もまたある。ストリングスを交え女性ヴォーカルがラストを締めくくる少し寂しげなラスト#11「Goodbye, So Long My Love」の余韻に浸っていると、やっぱり人懐っこいんだよなぁ、等とハードコアにそぐわぬ感想を抱いてしまう自分がいます。

【for fan of what ?】
ポップとエクストリームの同居、という部分ではletlive.を、ごった煮の方向性からはThe Venetia Fearを想わせます。その他The SleepingNight Verses辺りを気にしている方にも。
facebookに挙げられた影響元はAugust Burns Red初めメタルコアバンドの名前が目立ちますが、おすすめアーティストとしてプログレッシヴメタル御大Dream Theaterをちゃっかり載せている辺り得体の知れないオーラが垣間見えます。

アルバムとしてのバランス感覚があるので、シャウトに抵抗の無い方ならポップロックハードコアどのファンにもお勧めしたいですね!これ聴いて、ガンガン叫んでいきましょう。

【↓here is the sound !↓】 曲リストも追記にて。
"Failures & Fakes" Lyrics

"Cover Girl"は歌詞対訳記事で既に取り上げてるのでこちらを。レビュー本文では言及してませんが、キーボードのフレーズも渋く後半の疾走も印象的。バラードよりの一曲としてこちらもぜひ参考に。

【Track Listing:】
01. Let's Deal The Cards Again
02. Saloon
03. You Are The One
04. Cover Girl
05. Little Situation
06. Sunday's Revival
07. Sidelines
08. Failures & Fakes
09. Like Autumn
10. Class Of Twenty-Ten
11. Goodbye So Long My Love

ちなみにデビュー前のEPがBandcamp上で公開されています(2011年作)。既にちまちま片鱗が見え隠れしています。

ただ今作に比べれば、かなり素直なスクリーモ作という印象です。デビューに際して化けた、と言えるのではないでしょうか。
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://masterofslach.blog114.fc2.com/tb.php/504-76f858c1
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。