スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アヴァンギャルド・ドゥームの狂気

2013年11月10日 00:00

(’A`)さて、最近ディストーションが足りてないと思わんかね?(挨拶

・・・更新再開して小ネタを刻んでいる今週の本ブログですが、アンビエントだインストのジャズコアだと、ギターのザクザク成分が不足しているなぁと今更ながらに感じまして。興味の移り変わりが影響してるんでしょうけど、とはいえメタル聴きたい気持ちも無くなりはしませんのよ (しかしこの記事を書いた後にThe Ongoing Conceptのレビューを書き上げ先に更新。挨拶の意味合いが薄れたまま、しかし更新してしまう筆者である。

・・・。
(  '-')そんなときこそフレンチメタル!

さぁまいりましょう。

☆Öxxö Xööx >facebook<
【 Avant-Garde / Doom / Gothic-Metal 】

コアメンバー3名にエンジニアひとり、ライブギタリストひとりという編成のフランス産「アヴァンギャルド・ドゥーム」。エンジニアは(なんだか最近のエントリで頻出している気のする)Igorrrが担当しています。音楽の破壊と再構築を生業とするブレイクコア界隈の人間が関わっている時点で、何かしでかしそうな空気ビシバシでございます。ウムラウト上等のバンド名・曲名は浅学にして読めない筆者ですが、読めなくても聴けるインターネットの素晴らしさを享受していきつつ。

ゴシカルな空気+アヴァンギャルドと言えば、個人的にはまずUnexpectを想起しますが、Öxxö Xööxはやはりドゥーミーな重苦しさが前面に出ている印象。冒頭紹介の曲「Yüm」も、漆黒の荘厳を体現するスケール感の大きさが印象的です。なんですが、ちょいちょいトゲのあるフレーズが入ってきますよ。クライマックスのデプレッシヴブラックに通じる音圧など中々の狂気。

楽曲の長さは基本10分前後と、ここはプログレならではというかドゥームならではというか。Opeth周辺の雰囲気を好む方もお試しあれ。
【おまけ】
Unexpect、行ってみましょう。
"Unexpect - The Quantum Symphony"

彼ら手広いんでいろんな曲調扱ってはいるんですが、改めてこの曲聴いたら、何というかThe Dillinger Escape Planすら引き合いに出るレベルのカオティックぷりでしたね。めまぐるしさ、スリリングな空気はÖxxö Xööxとかなり趣を異にする感じでしたん。
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://masterofslach.blog114.fc2.com/tb.php/502-9074a0af
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。