スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

深呼吸とアンビエント

2013年11月06日 00:00

アンビエントメタルも良いんですが、勢い余って癒し系エレクトロ全般に片足を突っ込むのも乙なものです。
"Eureka - Jim O'Rourke"

ジャケ絵の何とも言えない味わい(私はこの手のセンス超苦手なんですが)も去ることながら。
普段私が変拍子だポリリズムだと言っている音楽とは一線を画す、テンポそのものが不安定な音世界。うたたねで船を漕ぐようなゆらっゆらっと揺れるノイズとアコースティックギター。思い出を語るようなぽつぽつと断片的な歌声。各所で名盤と言われるだけはある作品だけあって、するりと沁みてきます。

ジャンル違いとなるといきなり情報収集が難しくなるものです。こういうのが欲しいな、と思ってもすぐに関連アーティストを探り当てるのは今の私には難しい。おとなしくJim O'RourkeやBrian Eno(アンビエント音楽の先駆者)を追いかけてみては?といった風情なんですが、先日ブレイクコア・ダブステップ方面から良いのが見つかりました。わーい!
☆Ben Lukas Boysen >facebook<
【 Modern Classical / Ambient 】

ドイツで活動しているコンポーザーとの事で、別名義でHECQというプロジェクトもやっている様子。こちらがメインか。映像作品に音楽を付けたり、リミックスを作ったり、割と幅広い音屋という印象です。
"The Rebirth Of SKY (Directors Cut)"

そんな彼が今年の夏、ソロ名義でアルバムを一枚リリース。レーベルがIgorrr(「クラシック×ブラックメタル×ブレイクコア」というひっどいバンド)と同じ所だったんですが、これが極上の癒し音楽でした。

弦の共鳴から空気の震えまで伝わってくる、深い深いピアノの音。反響するシンセや尖ったドラムの挿入も、ピアノの作り上げる世界に溶け込んで静謐な空間がどこまでも広がっていく。
タイトル「Gravity」の通り、地球の重力を感じながらの瞑想を想わせたり。氷菓のようなジャケアートの通り、キシリと締まる冬の空気を連想させたりもして。

深夜に明かり消して聴いたりしちゃうとなんか色々感極まってアレなんですが、気分によっては寝入りの音楽としてとても良い感じかと思います。
【おまけ】「クラシック×ブラックメタル×ブレイクコア」というひっどいバンドについて。
病的なジャケにエクストリームの極限みたいなツギハギ展開と、癒し要素は皆無であることを先に言っときます。
"Igorrr - Absolute Psalm"

おとなしいパートもあるけど、そこを切り取って「癒し要素」とは口が裂けても言えません。
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://masterofslach.blog114.fc2.com/tb.php/500-e7d5f145
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。