スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Ketha ♪「2nd Sight」

2013年10月03日 17:57

ketha-2nd sight
【Artist】Ketha >facebook<
【Title】2nd Sight
【Rate】9/10

Metal / Math / Death

ポーランドにて活動する4ピースマスメタルによる2ndフル。2012年作。

呻き声と低音の反響でずぶずぶとお出迎えするイントロトラック#1「generik」を経ての#2「blackpool」でまず圧倒される。退廃的なイントロから一転、神経質に繰り返されるフレーズとリズムを刻む呼吸音とバスドラのシンクロが圧し掛かって来る。
複雑なリズムを駆使した、無感情なミニマルリフ。バキバキと叩きつけるベースの音も実に鋭角的で、ヴォーカルは凄みの効いたグロウルの他、随所で積極的に入る呼吸音や呻き声。その呪術じみた切迫感が作中で一貫しており、それは曲の展開と共に際限なく肥大していく。

また、冒頭の#1を始め、間奏曲がいくつか挟まれる。サイバーな電子要素とサスペンス映画を想起するスピード感が作中でも異端に映る#3「take 1」にノイズとオルガンの物悲しい音がクダを巻くドゥーミーな#6「take 2」、そして怨念の塊の様な冒頭とは逆の、退廃的で人の気配が全くしないアウトロ#10「coda」。毛色の違った1~2分のインタールード達はヴォーカル曲で主軸となる淡々とした攻撃性とのコントラストを生み、アルバム一枚の緊張感に一役買っている。

重苦しい呪術的な音像とどこか酩酊感を覚える曲展開。廃墟や漆黒を連想させ悪夢へと誘ってくれそうだが、こういう音楽をあおって寝入りたい夜も、たまにはある。

【for fan of what ?】
そのリズムとヘヴィネスで押し切る圧力はMeshuggahの「Catch 33」を連想する。その他関連バンドとしてはCiliceやRXYZYXRが挙げられるが、今作は前述の諸バンドに比べるとドス黒さのイメージがより強いだろうか。KethaはDjent界隈で採り上げられる機会も少なくないが、PeripheryFellsilent等のメタルコア勢からは距離がある。切れ味は鋭利で電撃的というよりブロードソードで叩き斬ると言った比喩が似合い、シーン内でも特にリズム面での影響を注目したい。
ちなみに淡々としたマスロックのデスメタル的アプローチ、と捉えるとDon Caballeroに歪みが欲しい方に。また癒されないTOOLや殺伐としたThe Oceanが欲しい方に、等と勧める事も出来そうな予感がするがこれらは相当なこじつけである。

ちなみに同国ポーランドには1990年代に活動していたKobongというバンドがいて彼らが引き合いに出されていたり、現在のポーランドシーンではProghma-Cが近いリフセンスの持ち主だったりする。さらに、元々ポーランドはDjentにおいて独特なシーン形成が注目されてたりもして(そこで言及されるシーンはどちらかというとアンビエント色が強いけど・・・)。あの国には何かがあるのかもしれない。

【↓here is the sound !↓】 曲リストも追記にて。
"Bolb"

バンドの武器と言える刻みと呻きがこれでもかと詰まった一曲。

ちなみに今作はBandCampにてNameYourPriceの作品。デジタルであれば無料でも入手可能です。

【Track Listing:】
01. Generic
02. Blackpool
03. Take 1

04. Blob
05. Freeloader
06. Take 2
07. Iya
08. Cortex
09. Thcnd
10. Coda

関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://masterofslach.blog114.fc2.com/tb.php/492-daf38167
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。