スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そうだ、ノルウェーの森に行こう。

2013年09月21日 17:53

(  '-')「ノルウェイ」だと小説になっちゃうからね!(何の言い訳だろうか)

前エントリのレビューを書くついでに、バンド「22」の関連アーティスト何かないかなーっと探してみたらば同国ノルウェーにカッコいいのがわんさか見付かってしまったので、今回はそれをさらっとまとめてようという計画であります。
"22 - Kneel Estate"

ちょっと大人し目な曲のMV。しかし映像は胡散臭さがマッハである。宇宙魔術とかそういうのですか。

では行きましょう。まずはヘンなMV繋がりで(よりによって
"Rumble In Rhodos - Carve Visage"

やたらビーム推ししてくるしヒッピー集団みたいなのも登場するしもうイミワカラン。
あ、でも映像に突っ込んでばかりもいられないです。ダンサブルかつちょっと棘のあるオルタナロックは無視できない。
☆Rumble In Rhodos >facebook<
【 Alternative / Math-Rock 】

ノルウェーはオスロ出身、「Energetic, danceable Indierock」を標榜する6ピース。フランスのレーベル「Label Hiphiphip」に在籍しており、そちら経由でBandcampも整備されてました。
これがまた結構ガツンときちゃうんですよ。ギターのカッティングにアフリカンなタイコ、叙情的なサビ・・・22と一緒に語れば相乗効果で超旨い!!ポップあーんどスリリングなサウンドにクラクラでござい!

(’A`)\ヒョーやべーぇこのままどんどん探しちゃうぜー/('-'  )
☆Kid Astray >facebook<
【 Alternative / Pop / Indie 】

やっぱりオスロ出身の6人組。ツインキーボードにツインギター、男女3人のコーラスが綺麗なインディーポップでございます。
"The Mess"

ダンサブルなインディーポップだがこの甘さはなんだ。しなっとした優男のナルシシズムがどこまでもズルい。
・・・あとちょっとMVが前衛芸術っぽいのもなんなんだ。そういうのが北国で流行ってるのか。流石に慣れてきたけど。
ノルウェーの叙情センスが留まるところを知らない!と言いますか、すぅっと静かで冷たい空気が不思議と心地良い。UKロックで言う所の「マンチェスター新世代」周辺のファンにもガンガンアピール出来るサウンドです。


カナダのテクニカルデスとかオーストラリアのオルタナロックとかフランスのプログレメタルとかね。色々ね。

↓追記でもうちょっとおまけ↓



探し始めるとキリが無いね。ちなみにノルウェーはブラックメタルの市場も滅茶苦茶でかいため、迂闊に「プログレメタルも良いのあるかなー」などと探し始めても、隙あらば真黒の世界にご招待と相成ります。
"SHINING (NOR): 21st Century Schizoid Man, live at Rockefeller"

もちろんこんなんも闊歩してます(?)
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. 職務経歴書の書き方 | URL | -

    Re:そうだ、ノルウェーの森に行こう。

    とても魅力的な記事でした。
    また遊びに来ます!!

  2. mossgreen/畳色 | URL | zniSEbEA

    Re:職務経歴書準備します

    取り扱うネタがカオス極まりないと内輪で評判の拙ブログですが、またどうぞ!

    (’A`)職務経歴書、自分の物もちゃんと更新しておきます!!(?

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://masterofslach.blog114.fc2.com/tb.php/491-45e6b450
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。