スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一方その頃、自宅にて。

2013年09月22日 12:00

NEC_0039.jpg
\ててーん/
はい、という訳でですね。
先日、ブレイクコアのジャケットアート等でイラストを描いているtac_t!sさんとなんやかんやありまして、彼がデザインを担当するバンドの紹介をしていただいたり、ステッカーを頂いたりしました。冒頭の写真はそうです。マイぎたーのさりげないとこに貼ってキャフキャフしてる図です。
バンドの方はコチラ↓
☆Hymn Above Traumatic Emotion >facebook<
【 Metal / Dōjin music 】

"【M3-2013春】Hymn Above Traumatic Emotion 「The Opening Of HATE」 XFD"

Bandcampもあるよ。

1stEPとなるコチラ「The Opening Of HATE」。全3曲で、#1「エルピス」では男性Vo.、#2「黒の川」#3「The Requiem Of Alcor」では男女ツインと別々のゲストヴォーカルを迎えています。
クラシカルなメロを要所で立たせ、主軸となるメロデスなリフの刻みでガンガンと突進する。特に#2、ディストピアの嘆きを描く歌詞世界の中で、一言だけ入るセリフがきゅっと胸を差します。女性ヴォーカルの情感たっぷりな歌い回しもシリアスな空気の一助となっており、ちゅっぴり姉御肌なDeadlockといった風情でもあったり。


さて一方で。
☆雨降波近 >soundcloud<
【 minimal / Djent / Jazz 】

ミニマル、メタル、ジャズの融合を図り、エクスペリメンタル・ミュージックを奏でるソロアーティスト『Templymphatica』。 シンプルなフレーズのポリリズム、ミニマリズムが連なり、綿密なバックグラウンドを作り出す。その上を重ね包むように奏でられる宇宙的なインプロヴィゼーション、ラウドボーカルの咆哮、機械音声の浮遊感あるメロディー。 白昼夢のような時間と空間を生み出し、聴く人を異世界へと誘う。音の語りに身を委ねましょう。それが合図となり、貴方の心は旅に出ます。

とのこと。アーティスト名義はTemplymphaticaの様です。
即興スメルぷんぷんの、浮遊サイケなキーボードにKO!!ここまでフリーキーなサウンド操る日本人って個人的に超新鮮、という衝撃も手伝って、中々の存在感であります。Steve ReichとMeshuggahからの影響・・・成程というか、恐るべし。
ちなみに、

この方、小説家としても活動してらっしゃいます。


個人的には百合のキーワードにちょいとしり込みする所あったりしますが、ちょっと無視できないです。
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://masterofslach.blog114.fc2.com/tb.php/488-db0026d8
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。