スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Reign Of Kindo ♪「Play With Fire」

2013年09月12日 00:32

TROKfire.jpg
【Artist】The Reign Of Kindo >facebook<
【Title】Play With Fire
【Rate】9/10

Indie / Jazz / Progressive

極上のメロディーでジャズとロックをブレンドするThe Reign Of Kindoの新しい贈り物。前作「This Is What Happens」より、メンバーチェンジとクリスマスEPを経た2013年発の3rdフルアルバムです。

#1「The Hero,The Saint.The Tyrant & The Terrorist」の冒頭、何よりも先ず心に届いたのは、音の立体感。一つ一つ大切に積んでいくようなアンサンブルが印象に残る。目を瞑って聴けば、まず真ん中にピアノと歌声、その右隣からサックスがふわんと寄り添い、左にはマスカラの小刻みなリズム…アルバムタイトルに違わず、肌寒い中でたき火にあたるような、暖かくしかしひりひりとした熱気が伝わってくる。

さて、彼らのサウンドといえば、優しく降り注ぐようなピアノの旋律と歌声、そしてそこにロックのカシリとしたビートが合わさる”叙情のピアノロック”といった風情であった。今作でもその特徴は発揮されており、上品で密やかなベースラインが中核を担う#2「Help It」では要所のピアノが曲のメリハリを際だたせ、#6「Don't Haze Me」の霧雨のようなイントロには、美しさについつい目を細めてしまう。
一方で、今作はピアノ以外の要素がかなり強まっている印象でもある。例えばボサノヴァやサンバを彼ら流に料理した、リゾート!な明るさに満ちた#5「Impossible World」を始め、その他レゲエを巻き込んだ#8「Make A Sound」など、少し変化球なダンスチューンが作中にさりげなく紛れ込んでいる。アルバムを通した賑やかな彩りを印象づけると同時に、「ピアノロック」「ジャズロック」に囚われない演出がニクい。
ちなみに、ファンキーなノリの良さがワクワク感を誘う#11はタイトルが既に「I Hate Music」。流行の歌なんてキライだと断ずる、余りにも明快で挑戦的な内容だったり。歌詞世界の意外な暗さも健在。

今作を通して聴いたとき強く印象に残るのは、様々な音楽を積極的に取り込む、ポップミュージック的なフットワークの軽さ。そしてそこにしっかりと息づく、複数ジャンルを掛け合わせるクロスオーヴァー/プログレッシヴミュージックとしての探求心。
本当に多くのこだわりを内包しつつも、バンド:The Reign Of Kindoとしての芯を失わずしっかりとした存在感を持った、渾身の一枚。

【for fan of what ?】
前アルバムからはピアノのメンバーが変わっている。前作における凄まじいまでのピアノの存在感と比較すると今作はかなりピアノがおとなしくなっており、メンバーチェンジと関係がありそうで邪推してしまう所でもあったり。もっとも、聴き比べる分には作品毎のカラーの違いとして素直に双方楽しめるもので、嬉しい変化、と言っておきたい所。ピアノにフォーカスすると、Chick Coreaを連想する軽やかさが増したように感じる。
ピアノの綺麗なジャズロックとして一緒にオススメしたいのはParachute Musical辺り。ただ、前編にわたるステキ溢れる歌のメロディーセンスを前にしてしまうと・・・「優しい歌の好きなすべての人に!」と声高に宣言してしまいましょうウフフ。

【↓here is the sound !↓】 曲リストも追記にて。
"Help It (Live Sessions 2013)"

ドラムがそぉーっと金物叩いてるのっけからなんというかもう、極まってきますね!
コーラス隊にストリングス隊にと、大御所な所も、本作の特徴が見えて嬉しいスタジオライブ映像。

【Track Listing:】
01.The Hero,The Saint.The Tyrant & The Terrorist
02.Help It

03.Sing When No One's Around
04.Dust
05.Impossible World
06.Don't Haze Me
07.Feeling In The Night
08.Make A Sound

09.Sunshine
10.Romancing A Stranger
11.I Hate Music
12.The Man, The Wood & The Stone

…余談ながら小ネタ。今作#3では、後半02:13からファンには聞き覚えのあるパートが登場します。これ、実は1stフル作「Rhythm, Chord & Melody」収録の11曲目、「Morning Cloud」のやっぱり後半02:13からのパートと一致しています。見つけて嬉しいサプライズ!ですね。
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://masterofslach.blog114.fc2.com/tb.php/484-271e9bd2
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。