スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Blue Swan Records次なる刺客・・・!

2013年07月24日 17:40

4ヶ月ほど前にウチでもご紹介したBlue Swan Recordsというレーベル。Dance Gavin Danceの絶叫ギタリストWill Swan氏が主宰してまして、ピロちゅる系ポストハードコア(なんだそれ)のこれからを語る上で超重要なんじゃね?と私がニラみを効かせている所であります。

で、まぁ今日も今日とてFacebook越しにガン飛ばしてたら来ましたよ新バンド情報。

Donovan Melero - Vocals
Will Swan - Guitar
Sergio Medina - Guitar
Michael Littlefield - Bass
Joseph Arrington - Drums

coming soon.

ギターにウィルさん居ますね。なるほどこれはサイドプロジェクトか。じゃあ・・・他のメンバーは誰だろう?調べてみようかねぇぽちぽち。

・・・。

(  '-')あっ、これ。・・・うん。スーパーチームですわこれ。
☆Sianvar >facebook<
という訳でコチラ。先程のメンバー一覧に出身バンドを添えて改めてご紹介しましょう。

Donovan Melero - Vocals(Hail The Sun)
Will Swan - Guitar(Dance Gavin Dance)
Sergio Medina - Guitar(Stolas)
Michael Littlefield - Bass(A Lot Like Birds)
Joseph Arrington - Drums(A Lot Like Birds)

圧倒的です。壮観です。錚々たるメンバーです。
でですね?
テンション余ってこう、調べたはいいんですけど、本プロジェクトSianvar名義の曲は未だ一切世に出てない様子です。かみんぐすーん。今日の情報完全にフライングですエフフ(

なので、持て余したテンションで以下追記にてメンバーの出身バンドをさくっと振り返ろうと思います。
Hail The Sun
"Ow! (SPLIDAO!) I Like It, Though"

一聴すれば直ぐ分かる!先達からの影響を隠さず、「この手の音」が好きなら分かりやすくハマれる高品質な一品。
The Fall Of Troy/Dance Gavin Dance/Circa Surviveを足して3で割ったような、シーンど真ん中でいてちょっといいとこ取りな感じがとってもヨクバリなおいしいバンドです。

あ、ちなみにヴォーカルの彼はソロ活動もしてます。
ポストハードコアに親しいサウンドながら、爽やかで甘い歌声が活きてますよぅ。
コイツが参加する新バンド・・・どんな音になるってんだ・・・!?

Dance Gavin Dance
"The Robot with Human Hair pt. 4"

そうなんですよね。こいつら新譜情報出たばかりなんすよ。今回もヴォーカルが変わってまして、新任Tilian Pearson氏の手腕に期待と不安が集まってましたが、公開↑された先行曲を聴く分には心配など杞憂です。去年Tides of Manを脱退しコチラに加入した彼は過去在籍のヴォーカル陣に比べてかなり爽やかな印象の歌声。R&B路線の甘いメロディーラインを継承しつつも、また新鮮に響いております。
既におなじみかわいいジャケットアートで放つ新作「Acceptance Speech」。10/8発売を控え、現在はwebショップにて予約受付中です。
新譜でも大期待なのにサイドプロジェクトも・・・一体どうなるんだ・・!?

Stolas
"Medusa ft. Kurt Travis"

Blue Swan Records傘下の第一弾バンドですね。先日発売のアルバムでは豪華ゲストヴォーカルの目白押しで話題になりました。(その辺のお話は先日のエントリにてどうぞー)界隈の中ではかなり厳つい攻撃性がある印象。
ココのギターが参加する新バンド・・・一体どんなサウンドになっちまうんだ・・・!?(しつこい

A Lot Like Birds
"THINK DIRTY OUT LOUD"

彼らは元々ジャンルごった煮カオティックハードコアを経由しており、全体を通して前のめりな勢いが強烈。過去作ではかなりアヴァンギャルドな曲もぶち込んでます。
ここのリズム隊が参加するバンドだぜ?・・・一体(以下略


と、言うわけなんだ!あれ?何の話してたっけなあ?
そうだ新プロジェクトSianvarのお話。メンバーこれほんとすげえんだぜってお話。ちなみに情報元こそBlue Swan Recordsからですが・・・実際参加メンバーの所属もいろいろですしどこから発売するかとか、そもそも音源の情報が全く無い現状なのでしばらくライブしかしないかもかもとか、続報待つしかないっす。facebookには「2013 秋」とだけ。待ちましょう。

さぁ!同系列のバンドばっか矢継ぎ早に紹介する形になっちゃって、おなかいっぱいになること請け合いなエントリでした。(’A`)もちろん俺は食傷気味だ!(
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://masterofslach.blog114.fc2.com/tb.php/482-3b50314b
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。