スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

AnovA ♪「Nehan-涅槃-」

2013年07月23日 17:58

AnovA - Nehan - cover
【Artist】AnovA >facebook<
【Title】Nehan-涅槃-
【Rate】7/10

Progressive / Metal / Electronica

UKウェールズ/USフロリダ/日本東京という3ヶ国からメンバーが集まった、多国籍プログレッシヴメタル3ピースによるデビューEP。2013年作。

クリック音とノイズの点滅する無機質なイントロの#1「Part 1: Ougu No Kairou」で幕を開ける今作。大仰さを感じるヴォーカルにインダストリアルメタル的な刻みのギター、耽美なピアノの挿入など大きく起伏し、ドラマチックに展開する。

冒頭#1に続き、9分の長尺で一際ダークに攻めていく#2「Part 2: Fugen No Tobira」、甘くメロディアスな全体像を維持しながら、邪悪さの滲むスラッシュリフやダブステップとの対比が鮮やかな#3「Part 3: Ichirai No Rougoku」、エレクトロとピアノの存在感の際立つ#4「Part 4: Yoru No Itadaki」と全4パートで構成されている。
ブレイクビーツ・クラシック・メタルが3すくみとなったハイブリットサウンドに一貫した今作。ミドルチューンの重さを重視した楽曲陣は、ゴシカルなサウンドと冷徹なサウンドが融合しており、独特な色合いの荘厳さが漂う。

ラストトラックとして収録されている#3のBallad Versionはピアノ弾き語りを軸にした一曲。バンドのメランコリックな側面にクローズアップしている。

Djentやダブステップなど激しくテクニカルな要素を多く含みつつも、佇まいは徹底してメロディアス・ドラマチック。ゴシカルで退廃的な世界観をじっくり味わう一枚としてお勧めしたい。

【for fan of what ?】
いわく「X JapanMeshuggahSkrillexを混ぜた感じ」のサウンドとの事。異種交配の結果はそのどれとも違った印象ながら、歎美でメロディアス・刻みのリフ・サイバーな音像と、それぞれの影響を垣間見ることが出来る。

ブレイクビーツとメタルの交配では、ふとIgorrrを思い出した(あちらは常軌を逸した激しさがウリのため全体的な印象はかなり変わって来ますが)。


【↓here is the sound !↓】 曲リストも追記にて。

youtubeにまとまった音源が無かったのでbandcampにて。購入もこちらからどうぞー。

【Track Listing:】
01.Part 1: Ougu No Kairou - 応供の回廊
02.Part 2: Fugen No Tobira - 不還の扉
03.Part 3: Ichirai No Rougoku - 一来の牢獄
04.Part 4: Yoru No Itadaki - 預流の頂
05.Ichirai No Rougoku [Ballad Version]
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://masterofslach.blog114.fc2.com/tb.php/481-65d67bb0
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。