スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

letlive. ♪「The Blackest Beautiful」

2013年07月16日 18:00

51lOMsxbHUL.jpg
【Artist】letlive. >facebook<
【Title】The Blackest Beautiful
【Rate】10/10

Hardcore / Progressive / Soul 】

激烈ハイテンションハードコア、本日もッ!絶好調ッッ!!
2010年発表の前作「Fake History」で既に圧倒的個性を放っていたロサンゼルスのポストハードコア野郎共が再び大暴れ。2011年にレーベルをEpitaphへと移し、2013年発表の今作で通算3枚目のスタジオアルバムとなる。

骨太ロックンロールなイントロに始まり、矢継ぎ早な詰め込みヴォーカルとドキャッチーなコーラスをちゃんぽんする#1「Banshee (Ghost Fame)」で派手にお出迎えする今作。
ボルテージ全開のハードコアサウンドを主軸に爆走する演奏陣ががしりと脇を固め、そこに漲る激アツヴォーカリスト:Jason Aalon Butler氏の圧倒的存在感が殴り込みをかける。パンクやロックに留まらずソウル・R&Bに至るまで幅広いメロディーセンスを呑み込んだ歌メロと、浮き上がった血管が容易に想像できる激しいシャウトまでを操る彼のヴォーカルはバンドサウンドの中でも突出している。その上、#9「The Priest And Used Cars」のイントロで調子を取りつつ『ハッ↑ハッ↑ハッ↑ハッ↑ハッ↑えへへっ(ズズッ)』と鼻を啜る音から#2「Empty Elvis」のラストに叫びきった後に『(スゥーーーッ)ぉう、ぅーっふ』と一息つく様子まで、歌の、曲の合間合間にちゃっかり入るこれらの音と声が否応なしに曲の勢いを伝える。

荒々しいバンドサウンドも随所にテクニカルなフレーズを仕込んでおり、自在なヴォーカルを引き立てつつも、腹にクるフックの効きは忘れていない。
直情ハードコアのリフ捌きにキラキラR&Bがさり気無く乱入する#2や疾走するベースとドラムが小気味いい#5「That Fear Fever」、カッティングの切れが実にダンサブルな#8「The Dope Beat」などなど。ダークなアルペジオと重々しいドラムが降り注ぐバラードナンバー#6「Virgin Dirt」も音圧の高さを保ったままでやけに印象的だったり。何処を切り取っても「letlive.節」と言うよりない音像は攻撃力バツグンで、彼ら一流の激情サウンドに満ちている。

彼ら一流のポップネス追求は、結果としてエクストリームとメインストリームを軽々と行き来する謎のバランスとして実現している。結果として、今作を聴き込むほどに「無心にヘドバンしながらコーラスを鼻歌う」という意味不明な境地へと聴者を連れて行ってくれる事請け合いである。

【for fan of what ?】
かなり乱暴な例えをさせて頂くと、Michael Jacksonのポップネスにアメリカのコメディ映画「マスク」のテンションをぶち込んでハードコアにしちゃった様な音・・・ホント、酷く乱暴な例えだが。
実際ヴォーカルの暴力的とも言えるキャラ立ちと幅広い表現力は時折コミカルに映る程。狙っても無い(ハズ)なのに。
前作から歌メロにおいて大幅なポップ成分強化となっている印象だが、激しさが減衰した印象は全く無く「大人しくなった」とは全く感じられない。ある意味、前作の路線そのままと言える。

ちなみに特筆すべき周辺情報として、今作のmixにはStephen George氏がクレジットされている。彼はMinistryのドラマーであり、Britney SpearsやBack Street Boys等幅広い音源を手掛けたエンジニアとして有名である。
今作においても、ヴォーカルをしっかりと前面に出し、一方で演奏陣のサウンドはメタルにも接近したエッジの効いた仕上がり。氏の仕事はバンドの魅力を間違いなく底上げしていると思う・・・が、上記ポップアーティストのファンにお勧めできるかどうかは相当の不安が残る。こいつらものっそい叫ぶし。

【↓here is the sound !↓】 曲リストも追記にて。
"Banshee (Ghost Fame)"

前作のMVから比べて随分と髭を蓄えたJason氏に感慨を抱いたりしつつ(?)、ハードボイルドなドラマを挟みつつ、貫禄のパフォーマンスをガッツリ伝えてくれている。

【Track Listing:】
01.Banshee (Ghost Fame)
02.Empty Elvis

03.White America's Beautiful Black Market
04.Dreamer's Disease
05.That Fear Fever
06.Virgin Dirt

07.Younger
08.The Dope Beat
09.The Priest and Used Cars
10.Pheromone Cvlt

11.27 Club
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. take_nologic | URL | -

    Re:letlive. ♪「The Blackest Beautiful」

    確かにサウンド的にはハードコアの激しさが全面に出てんだけど、それにも増してポップさがあるね。しかもインディーズとは違う、チャートの上位に上がってそうな華のあるポップさ。

    かといってそれを狙ってるのかどうか微妙なところを突いてくるから、なんかオレ好きだねこれ!

  2. mossgreen/畳色 | URL | zniSEbEA

    Re:take_nologicさん

    ポップとエクストリームの融合は、たまに化学変化で物凄いバランスを生むから怖い。

    個人的には、「狙い通り」というバンド側のニヤリとした笑みが見えてくる一枚でしたね。してやられた。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://masterofslach.blog114.fc2.com/tb.php/477-c833065e
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。