スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Hacride ♪「Back To Where You’Ve Never Been」

2013年05月05日 22:02

hacride4th.jpg
【Artist】Hacride >facebook<
【Title】Back To Where You’Ve Never Been
【Rate】9/10

【 Metal / Progressive 】

フランス産4ピースによる、2013年発表の4thフルアルバム。
オルガンに似た物悲しい音色で密やかに始まる#1「Introversion」。長いイントロで満たされたダークな空気へ沈み込んで行く様に今作は幕を開ける。今作でまずズシリとした重さと儚げなメロディーが目立ち、内省的なポストメタル的な音像がメインか、と思わせる。一方で、続く#2「Strive Ever To More」ではむしろ刻みのリフに邪悪さ全開のシンセ。インダストリアルメタル界隈の音を想起させ、かつ細かなフレーズの積み上がりが凶悪な冷徹サウンドが牙をむき、ただの叙情作では無い事を思い知る。

今作は虚無に接近する黒い叙情性と、複雑なリズムで刻む抉り込むようなヘヴィネスの交錯が印象的な逸品。
内省的な歌詞と深みに嵌っていく様なサウンドはモノクロ調のジャケアートとも強くリンクするが、やはり要所要所のアグレッシヴなパートやリフの破壊力が白眉。
ソロの代わりとばかりにDjentなスラッシュリフが殴り込む#4「Overcome」、後半からラストにかけて執拗に刻み続けるミニマルリフが異様な威圧感を放つ#7「Ghosts Of The Modern World」などは特に顕著。暗い部屋でじっと耳を傾けようとしてもじわじわと首をもたげる凶悪性がそれを邪魔する、フタを開けてみればかなり攻撃的な一枚。

【for fan of what ?】
随所に散りばめられたフラメンコの要素と極悪な切れ味を併せ持つ2nd「Amoeba」と、
アコギのオーガニックな要素を残しつつさらに薄暗い叙情を強め長尺志向に移った3rd「Lazarus」
過去作から比較すると、インダストリアルメタルにも近い音像を含め全体像がさらに変化した印象でもある。
フックの効いたリフの重さやメロディーを残した特徴的なシャウトヴォーカルは健在ながら、これら攻め手の変化は多少なり違和感があるかも。KarnivoolTesseracTから甘さを排除しTool的な暗黒面を強めた風か、あるいはThe Oceanの様なポストメタル勢に近い印象でした。
また、5月末にリリースを控えたDark Tranquilltyが大きくポストメタルへシフトした楽曲をアップして注目どころですが、そのベクトルを一足先にやった感も(リフの方向性はかなり違いますが)。

全体的にDjentからはかなり距離をとっているものの、要所でポリリズムなリフを挟んでくる辺りは無視できない。
そして、ヴォーカルの表現力アップも無視できない。ええ声。
【↓here is the sound !↓】 曲リストも追記にて。
"Overcome"

アルバム随一の幅広い緩急が光る一曲。先行シングル曲として、良い感じにアルバムの全体像を伝えてくれている。

【Track Listing:】
01. Introversion
02. Strive Ever To More

03. Synesthesia
04. Overcome
05. Edification Of The Fall

06. To Numb The Pain
07. Ghosts Of The Modern World
08. Requiem For A Lullaby

#7やべぇす。
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://masterofslach.blog114.fc2.com/tb.php/460-eb962eda
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。