スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Rammstein ♪「Live Aus Berlin」【before the web logged me. No.4/20】

2013年04月14日 00:00

before the web logged me.
「ブログの前に」と題しまして、ちょっとシリーズ物の企画をやってたんですが、No.3まで書いてから更新を盛大にすっとばしてました。そろそろ再開しようかなとぼんやり。
私が本格的に音楽を聴くようになった2000年から、
このブログが本格始動する前、2010年位までのベスト20です。


Live+aus+Berlin+albumliveausberlin.jpg
【Artist】Rammstein >facebook<
【Title】Live Aus Berlin
(リンク先はCDですが、関連商品にDVDもありますー

Industrial / Tanz-Metal 】
映画「The Matrix」のサウンドトラックを通じて知ったバンドそのさんです。他にも気に入ったバンドは居ますが、本シリーズで採り上げるのはこれで全部です。
さて、前回に引き続き、高三時代の筆者にご登場願いましょう。\10年前かよ/\若ぇよ/
・・・
Rammstein。ある街の名前を元にしたバンド名であり、今作でも演奏されている#12「Rammstein」で、元ネタを示唆しています。この曲に限らず、彼らは世のショッキングな事件をモチーフにした曲を複数書いています(4th「Reise, Reise」収録の「Mein Teil」などが有名でしょうか)。そして、母国語であるドイツ語歌詞のまま、世界的な知名度を得たバンドとしても知られます。当時ドイツのバンドが世界デビューする時は歌詞を英語に書き換えて、という暗黙の了解があった様です。・・・今でも変わらないですね。英語圏に売り出す時は英語にする。それを不自然と捉え、自分たちの曲は自分たちの言葉で、といった気概で活動を貫く姿勢もまた魅力的であります。実際、4th収録の「Los」等は、ドイツ語流の言葉遊びが仕込まれた歌詞。彼らならではのセンスが光ります。

そして散々4thの話をしておいて恐縮ですが、今回ご紹介は初期のライブ盤。本ブログには珍しく、ライブ盤です。デビュー作「Herzeleid」、2nd「Sehnsucht(邦題"渇望")」に続いてリリースされた1999年の作品。調べてみると同タイトルの国内盤もリリースされていた様ですが、筆者が購入したの輸入盤です。
今でこそマイナー好みの影響で輸入盤を追いかけてばかりですが、当時は積極的に国内盤を選んでいました。あの頃の輸入盤は国内盤と大差ない値段でしたし(今の輸入盤はホント安いです)、ライナーノーツ読むのとか、対訳にケチつけるのとかも好きでした。いや、今でも好きですけども。少なくとも自分でブログやって解説風な何かをやり始める位には。

おっさんな懐古はその辺にしておきつつ。

開幕いきなりの破裂音で始まる今作。「炎のインダストリアルメタル」として名を馳せた彼らの十八番であるライブでの花火パフォーマンス。歓声に混ざって、火薬の破裂する音がアルバム内で随所に響きます。淡々と刻むギターと寒々しいシンセ、「あそびましょ、あそびましょ」とダークに繰り返すヴォーカルが妖しい#1「Spiel Mit Mir」に始まり、シューゲイザーを想起するギターと優しいアルペジオが混ざる、子守唄のような#15「Seemann」まで、1stと2ndからのベストといった風情の選曲で80分弱ガッツリと収録されています。

サウンド面に於いて、1stは現在にも通じるシンプルかつフックの効いたリフで攻めるヘヴィな一枚、2ndはぐっとシンセサウンドを強化しエレクトロ方面へアプローチした一枚、といった風情です。オペラちっくで大仰な作風は3rd「Mutter」以降に強くなってきた印象であり、この頃はなんというか「ひたすらやたらに低音」というイメージが強いような。ズンズンとハラに来るリフはもちろん、特にヴォーカルのスタイルでそれは目立ち、#9「Du Hast」とかやたらひっくいです。ダンサブルな高音シンセサウンドですら低音を引き立たせるアクセントの様で。#11「Engel」のイントロの口笛じみたサンプリングなどで顕著ですが、ミスマッチ感を際立たせたキワいシンセ使いはこの頃特有の魅力であり、今回聴き返して改めて「彼らも音楽性を徐々に変えてきたんだなぁ」等とぼんやり思いました。

【↓here is the sound !↓】 曲リストも追記にて。
"Rammstein - Directed by David Lynch"


【Track Listing:】
01.Spiel Mit Mir
02.Bestraffe Mich
03.Weisses Fleisch
04.Sehnsucht
05.Asche Zu Asche

06.Wilder Wein
07.Heirate Mich
08.Du Riechst So Gut
09.Du Hast

10.Buck Dich
11.Engel
12.Rammstein
13.Laichzeit
14.Wollt Ihr Das Bett In Flammen Sehen ?
15.Seemann

・・・
高校の頃は友人と「ひっくい!声ひっくい!」と盛り上がり、大学入学してしばらくの通学音楽はこの一枚をよくチョイスしていた記憶があります。そしてある種当然の結果として、第二外国語はドイツ語を選択しました。・・・あんまり身に付きませんでしたが、履修中はRammsteinの歌詞もちょっと読めて嬉しかったですね。現在に至りドイツのDjentなフェス:Euroblastに興味を持ったりしているので、あるいはまた、私の中のドイツ語需要、高まっていく可能性はあります。

そんなこんなで一枚のコンピアルバムに影響されまくった10年前の私(と友人約一名)。ここまでは良くある話(無い様な気もする)ですが、しばらくして、私は、あろうことか、「ほかにもかっこいいのないかな!」とか思い始める訳です。そして友人をどんどんと置いてけぼりにして、唯我独尊の音楽ライフが徐々に忍び寄って来るのです(まだしばらくは、比較的メジャー志向が続きますが

そしてさらに余談を続けますが、同時期にハマっていた物としてSlipkontがあります。が、以前に1st~4thアルバムレビューという暴挙をしてしまったので、今回の20枚からは外しております。リスト入り候補は3rdでした。
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. 黒猫@怠惰 | URL | KIldXN5A

    Re:Rammstein ♪「Live Aus Berlin」【before the web logged me. No.4/20】

    これはDVDもCDも両方持ってますが、やはり映像の方が感慨深いものがありますね。
    パフォーマンスも発展途上で最近のと比較すると地味なんですが、原点を見た気になれます。
    そして例の水芸は絶版になってるVHS版のみ収録という…。
    Wilder Weinはぜひ映像をご覧になってほしいです。
    http://www.youtube.com/watch?v=JImj5TX7bwI

    確かに1st~2ndはザクザクとした低音が目立ちますね。
    REISE REISEからのオペラチックな雰囲気も好きなのですが、テンション上げたいときはHerzeleid一択。
    Asche zu AscheからのSeemannはテンションの上下幅が訳わからないことになってしまいますがw

    あ、トラックバックさせていただきました。
    この記事をきっかけにラムとの出会いを振り返ってみたので。

  2. mossgreen/畳色 | URL | zniSEbEA

    Re:黒猫さん

    いやはや返信遅れまして申し訳ないです。。
    トラックバックありがとうございます。MUTTERのジャケは良い物ですよウフフ(
    そういえばマンソンとラムって接点多かったよなぁとか私も思い出すことが多いです。
    そういえば目下の最新作「Liebe Ist Für Alle Da」はあんまり聴き込めてない気がしてきたので、またちょいちょい聴きたいものです。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://masterofslach.blog114.fc2.com/tb.php/459-f0d4840a
この記事へのトラックバック

アンチクライスト・スーパースター発、危険な香りの旧東独行き。

タイトルなんぞと思った方もいるでしょうが、これ、ラムシュタインとの出会いを一言で表したものです。 ラムの名前を見つけたのがLest We Forget日本盤に初回特典としてついていたマン




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。