スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

激重和風フレンチメタル「Grorr」

2013年03月15日 22:53

気が向いた時に、と言いつつ結構定期的にやっているBandcampで音楽探し。現在あのサイトでは「Discover」と称して、いくつかのタブ毎で簡易ランキングの様な物が更新されています。Rock、Pop等のジャンルと、best-selling、staff picksといったランキングの種類、そしてデジタルなのかCDなのか、といったフォーマットでそれぞれソート出来る新説設計。今回は、今週のメタルベストセラー、といった風情でジャケアートをちらちらと眺めて行ってました。

そしたらこれですよこれ。
grorr-anthill.jpg
(’A`)なんすかこの和風テイスト溢れるジャケは・・・これでメタルと申すか・・・!
そして吸い込まれるように聴いてみたらば、
"Grorr - Anthill - Part III We-War"

あ、ハイこれ完全にKOでした。
☆Grorr >facebook<
【 Ethno Death 】

2005年結成、"エスニック・デス"を標榜するフランスの5人組であります。今回ご紹介のアルバム「Anthill(アントヒル=蟻塚)」は自主制作のEP等を経てのセカンドフル作とのこと。
影響を受けたものとして「Meshuggah, Devin Townsend, Tool, Gojira, King Crimson」と中々おいしい名前を挙げているだけあり、暗く妖しくかつ鋭い三拍子そろった音像でお出迎えであります。(そう言えば期せずしてdjent要素あり)

さて、以下はBandcampに添えられたキャプションを抜粋し、簡単に翻訳したものです。

今作は4つのパートに分かれた13曲収録のアルバムである。
ある蟻塚を舞台に春の目覚め、拡張戦争、そして冬と共に訪れる革命に至るまでの物語を紡いだ作品であり、サウンドにはシタール、インドやアフリカのパーカッション、ハーディ・ガーディ、尺八といった世界各国の伝統楽器を導入している。
アルバムの構成にはクラシックと映画からヒントを得ており、歌による叙述、テーマやヴァリエーションの活用、緩急の展開に活かされている。


実にエピック。Meshuggah、Tool辺りに近い部分でもありますが、神秘的とも呪術的とも取れる得体のしれないオーラをまといじわじわと迫る音は圧巻。ポストメタルにも通じる長尺志向は少々とっつきにくい部分ですが、深みのある音の世界観は説得力十分。聴き応えの一枚として是非にとお勧めしたい逸品。

シタール等のエスニック要素を打ち出したバンドとしてThe|HAARP|Machine、Kartikeyaなど想起しますが、それともまた違ったベクトルのサウンド。部分的にはかなり和風・アジアのテイストが強調されており、日本顔負けの民族要素となっています。

フランスの音楽雑誌「Art'n'Roll」誌をして10点中9.99点の評価を得た怪物でもあります。やべぇ。

・・・なんかもうほとんどレビューの様相を呈してしまったので、トラックリスト追記しておきます。
【Track Listing:】
Part I Introduction
 01.Ouverture
 02.One Upon A Time
Part II Civilisation
 03.Love Theme
 04.Foundation
 05.Mhome
 06.Megalopolis
Part III Expansion
 07.We-Legion
 08.Termit Mount
 09.We-War
Part IV Revolution
 10.She-Worker
 11.Deus Ex Machina
 12.Inside Enemies
 13.Once Upon Again

さっきポチったばかりなので全くと言って聴き込めてませんが、これはいい物だ。
バンドロゴ、凄い漢字っぽいというか、「穿」に見えてきた件。かっこいい。
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://masterofslach.blog114.fc2.com/tb.php/451-ec12c2b3
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。