スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Thank You Scientist ♪「Maps of Non​-​Existent Places」

2013年03月01日 20:40

Thank You Scientist
【Artist】Thank You Scientist >facebook<
【Title】Maps of Non-Existent Places
【Rate】10/10

Progressive / Rock

何処でもない場所の地図を辿るような高揚を貴方に。
アメリカはニュージャージー州出身の7人組プログレ集団による、2012年発表の2nd作。
アカペラで始まる、アルバム冒頭の#1「Prelude」。曲のタイトルも相まって、非常に「プログレッシヴ・ロック」という印象を与える幕開けです。
が、しかし!
続いての#2「A Salesman's Guide to Non-existence」ではオルタナロック然としたギターで快活にスタートし、さらに次々とブラス隊、オーケストラのサウンドが合わさり、ヴォーカルが入ればその声はさらりと爽やかという極め付け。一気に彼らの世界観へと引き込まれていきます。

さて、この7人の大所帯。内訳はというと、ヴォーカル・ギター・ドラム・ベースというスタンダードな4人ヴァイオリン/ヴィオラ・サックス・トランペットの3人がプラスしていると言った風情。この特殊編成でありながら全く消化不良な印象は無く、しっかりと武器にした楽曲が粒ぞろいです。
キメの連続するハードボイルドなクラブジャズが脳をこれでもかとシェイクし、チラチラと顔を見せるロックな佇まいにニヤリとしている間にするりファンクへと変貌する#3「Feed the Horses」は後半につれ緩急を増していけばさらに新しい顔を覗かせ、スペインのマリアッチを匂わせるトランペットで始まる#4「Blood on the Radio」は、気が付けばポリリズミックなリフでぐるぐると攻めるヘヴィな色が際立つ。都会派フュージョンを主軸にした今作唯一のインストナンバー#6「Suspicious Waveforms」は様々な楽器の掛け合いがこれでもかと楽しめ、幻想的に始まる#8「Concrete Swan Dive」は力強いバラード調であり、全編に渡りヴァイオリンの旋律が表に出るワルツナンバーでもある。そしてラスト#10「My Famed Disappearing Act」は冒頭からギターのタッピングによる鮮烈なリフが繰り出され、ドラムの重さも際立っったフュージョンメタルな一曲。長いギターソロも堂々と、始終音圧を感じられるパワフルなフィナーレ。

全編に渡ってフックの効いたリフを揃え、しかもどのリード楽器がメインを張るかで音の輪郭がまるで違って聴こえてくる新鮮さ。テクニカルな演奏と緻密で幅広い曲展開は正にプログレッシヴ!な佇まいでありながら、始終失われない勢いとクセの無いハイトーンヴォーカルが絶妙にバランスを取っています。
予想できない曲の流れと、聴くたびに発見のあるアンサンブルのかみ合わせ。成程確かにタイトル通り、どこでもない場所の地図を辿っていく様なワクワクする逸品でありました。(綺麗にまとまった!

【for fan of what ?】
プログレファンに向けたオススメとしてはこちら、カケハシレコードさまの紹介に詳しいです。ほとんどの曲が6分前後、最長で9分半という長尺であるところも非常にプログレ的で、複雑な展開を好む御仁には打ってつけです。
そして筆者は今作を、どちらかというとポストハードコアとして気に入った節があります。ヴォーカルの声質と疾走感からはThe Fall Of Troyを、ブラス隊の活躍っぷりからはRx-Banditsを連想させ、彼らのファンには強くお勧めです。あとは、雑多な音楽要素の内包した大所帯、という意味ではDiablo Swing Orchestraなども割とリンクします。

【↓here is the sound !↓】 曲リストも追記にて。
"Feed the Horses"

ジャズにファンクにと目まぐるしく、一際ドラマチックな一曲。浅学にして歌詞のリスニングが追いつかないんですが(CDパッケージにブックレットは無し)、断片を聴き取るにこれはラブソング?

冒頭のリンクではAmazonへ飛びますが、デジタル販売で入手する事も出来ます↓

他の曲も試聴できますー
【Track Listing:】
01.Prelude
02.A Salesman's Guide to Non-existence
03.Feed the Horses
04.Blood on the Radio

05.Absentee
06.Suspicious Waveforms
07.Carnival
08.Concrete Swan Dive
09.In the Company of Worms
10.My Famed Disappearing Act

さて筆者、今作を入手したのは今年入って二月の頭なんですが、一ヶ月後の現在も絶好調ヘビロテ要員です。かなりハマっているので、その辺の思い入れっぷりがにじみ出る文章になってるかと思われます。ご了承ください。
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://masterofslach.blog114.fc2.com/tb.php/445-4a626ef6
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。