スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無類のポストハードコアを貴方に。

2013年02月06日 01:01

ちょっと去年の末に注文してたCDが、40日ほどかけてやっとこ届いた所でそれが非常に素晴らしいので前のめりにご紹介です。
☆Thank You Scientist >facebook<
【 Progressive / Rock 】

ありがとう科学者!そんな彼らはアメリカ・ニュージャージーで活動する7人組という大所帯バンド。
ヴォーカルギターにベースにドラム。そんなスタンダードな4ピーススタイルに、ヴァイオリンとサックス、そしてトランペットという3人がプラスで在籍しています。で、どんな音になってるかというと、


これぞプログレッシヴ!なキメの連続するハードボイルドなジャズが脳をこれでもかとシェイクし、チラチラと顔を見せるロックな佇まいにニヤリとしている間にするりと登場する爽やかなハイトーンヴォーカル!
ダンサブルな疾走感を保ちながらどことなく漂う叙情は凄まじい説得力で、新鋭とは思えない完成度を誇っています。複雑な要素をガンガン盛り込みつつも、キャッチーなヴォーカルワークがまとめ上げているおかげで一気に聴き易くなっているのもステキです。

ブラス隊の活躍っぷりにはRx-Banditsを想起させ、甘いヴォーカルとスピーディな演奏からはThe Fall Of Troyを、そしてタイトなリズムやプログレッシブな雰囲気からは時折King Crimsonの影も垣間見えます。多彩な楽器が重なる音の厚みも特徴的。
まだちょっとアルバム通しで一回しか聴けて無いのですが、これは文句無しの名盤でございます。
流通はというと、あ、Amazonにありましたね。Maps of Non-Existent Placesなんか今見たら、13点在庫ありって凄いピンポイントなアナウンスでした。
そして、Bandcampでのデジタル販売もしていますよ。

昨今の円安もありますが、パッケージが無いという事もありこちらの方がお安いです。9.99$以上ですって。私はタワレコ経由でCD媒体(デジパック仕様)を買いましたが、歌詞カード等ブックレットは無いです。ジャケはちょーかっこいいですが、デジタルでもそれほど損な感じではないかなという印象です。

さて続きまして。ついでとばかりにもう一つご紹介です。こっちもアツいです。

☆Tsunami Rising >facebook<
【 Rock / Reggae / Punk 】

アメリカはペンシルベニア州・フィラデルフィアを拠点に活動している4ピース。
先ずはBandcampから、"Letter to Sarah"を聴いて頂きたい。

ふわふわと漂うイントロから一気に爆発するギター!圧力高めに攻め、と思いきや一気にスピードダウンし、レゲエ特有の気だるげな横ノリグルーヴに。ふんわりゆったりと展開していきながら、要所要所で冒頭のアグレッシヴなパートを繰り出していく強引さにKOっす。
パワフルな演奏陣の中でもかなりしっかりとレゲエしてるのが特徴で(バンドの情報見てるとレゲエ寄りのイベントにも参加している様子)、その分あのユルさが好き嫌いに結構影響しそうですが、ミクスチャー的な「ジャンルぶつかり合い」の理想形を彼らに見ることが出来ます。
二分半と短く、比較的ロックな勢いを前面に出した#2「El Gran Escape de Bigote」や、イントロのリフが実に渋く全体通してパンキッシュな攻めを見せる#6「The Rediscovery of Lucid Living 」など、存在感のある曲が粒揃いであります。

アルバムページのタグには「Rx-Bandits」「The Mars Volta」の名前が貼っ付けられており、成程これはスカパンクから片足を踏み外した謎ジャンルっぷり。特にRx-Banditsのファンにとって、この一枚はかなりの衝撃なのでは。

ライブ映像も公式から公開されてました。
"The Persistence of Memory Loss (Live at House of Blues)"

なんか左側に音声寄ってる気がしますが・・・wしかしレゲエとポストハードコアの正面衝突したサウンドが堪能できます。

音源の入手先ですが、2007年作となる「Exploration for An Explanation」はAmazon取り扱いがありましたが、それ以降は上手く見つけられず。上記ご紹介のBandcampからのデジタル購入が一番早そうです。今なら1$!やっすい!
・・・このバンド名、日本で売り出すのものっそい難しそうだけど、応援したい!
そういえば件のRx-Banditsはどうしてるん?なんか以前、解散するみたいな風の噂を聞いたけど・・・。
wikiで見てみると、どうやら解散どうこうが出ていた頃の話は休止に近い意味合いでの声明だったようで、解散はしていないみたいですね。よかった!
で、facebookも覗いてみると、目下フェスへの参加も告知している様子。よかった!
"...And The Battle Begun"

やっぱすきだわー
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. げんぞ | URL | -

    Thank you scientistは去年の個人的ベストアルバムの5枚に入れてました。
    あとはもう解散してるんですけどestradasphereにはまってます。でも聞いてると解散前とかもっと早く知ってたらなってがっかりするんですよね。

  2. えすぶいしー | URL | pvXiDPlo

    Thank you scientistのこれすごいですね。ファンキーでノリノリながらどこかAORのような上品さも漂うところが気に入りました!コーラスワークもキャッチーでクセになりそう…

    こういったノリノリアヴァンギャルド系だと最近Sebkha-Chottという名前のバンドを見つけましたが、これにもかなりハマりそうです。とにかくかなり弾けててしかもname your priceっていうサービスっぷり・・・。
    http://sebkhachott.bandcamp.com/

  3. mossgreen/畳色 | URL | zniSEbEA

    >げんぞさん
    ゼヒ、去年の個人的ベストアルバムを詳しく教えて頂きたい所です…!!!
    estradasphere、これっすね→ http://www.facebook.com/OfficialEsphere
    youtubeでいくつか聴いてますが成程これはかなりの猛者。…解散2008年らしいですがfacebook生きてるのは何なんでしょうね…?

    >えすぶいしーさん
    去年に教えていただいてからずっと入手タイミング逃してたんですがやはり購入して良かったです。絶賛ヘビロテ中!
    Sebkha-Chott聴いてみました。これまた情報量の多い感じの…!全体的に異様さが際立ってますがこの暗黒っぷりもまたよろし。フランスのバンドと聞いて何故か納得した自分が居ますw

  4. げんぞ | URL | -

    明らかにメタル、ハードコア勢が減りましたね。ジャズ、プログレ大躍進してます。
    2015年あたりに何かが……みたいな感じだったはずです!ライブDVDやばいですよ!

    Sebkha-chottは無料配布してたの知っててCD買いましたwwwコレクターの性です……

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://masterofslach.blog114.fc2.com/tb.php/438-0f53a82f
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。