スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

変わりダネなカヴァー演奏ご紹介っ

2013年01月27日 00:21

最近、ちょっと面白いカヴァー演奏を知ったのでご紹介しますー


ブラスバンドでRATMっ!!!!!
"George Mason University Green Machine plays Rage"

Rage against the Machineの「Bulls on Parade」「Killing in the Name of」を混ぜ、それをブラスバンド編成でハイテンションに演奏っていう。・・・美味しいとこだけヴォーカル入れちゃうのはちょっとずるくないですかね・・・!(嬉しい


チェロでAALっ!!!!!
"CAFO for cello - Animals as Leaders cover"

タイトルのとおり、Animals As Leadersの1stで一際有名なキラーチューン「CAFO」をチェロ弾きさんが大胆にカヴァー。動画説明にありますが、ソロパート等、部分的に2倍速を用いているとのこと。まぁそもそもギター使ってもかなりの難易度を誇る曲であるはずです。半分のスピードでも、弾きこなす彼はカッコいいです。ていうか単純にアコースティックなCAFOよいよ!


ジャンルを飛び越えるって、それだけでエネルギッシュ。
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://masterofslach.blog114.fc2.com/tb.php/437-e3fec30f
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。