スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【まとめ】2012年お気にいリスト前編【sing編】

2012年12月31日 21:48

(’A`)しわすー!
嗚呼、前編を描き上げふいに時計を観るとさらに迫る年の瀬よ(現在時刻12/31/20:10)。引き続き、恒例ネタやっていきたいと思います。
前エントリの「しゃうと編」でご紹介した10枚に引き続き、ヴォーカルがあんまり叫んでない奴として10枚ご紹介させて頂きます。繰り返しますが、2012年に入手した音源の内、良くインパクトを受け良くヘビロテしたアルバム。ですっ
今年リリースの物を多少優遇する節があるものの、基本的には新旧(こちらに関してはジャンルすら)ごっちゃまぜです。ご了承いただきつつお楽しみください。

「のっとしゃうと編」が余りにもあれなので「しんぐ編」にしたけど、これ・・・インストも入ってる・・・!

ですっ(テンション押し

Carson McWhirter SNDLPVN
☆Carson McWhirter♪「SNDLPVN」
youtubeでは今までにも散見された、Hellaギタリストによるデジタルアルバム。勢いで買ったけど今年のリリースでした。インスト。

彼の佇まいは本当に好きなんですけど、まさにこういう発言を勢いでしちゃう位なんですけど、縁があれば是非バンドも組んでみたい所であります。へなちょこ7弦ギタリストここにあり。

・・・えっ、ちょ、このレビュー記事にFacebookのいいねがやたらついてる・・・!あ、ありがとうございます・・・!

DiabloSOPandoracover.jpg
☆Diablo Swing Orchestra♪「Pandora's Pinata」
ぐっと趣が変わりまして、多国籍サウンド集団。今作は多方面なキャッチーさを味方に付け、しかしアヤしさはしっかり保った順当なHENTAIサウンドで沸かせて頂きました。
一ヶ月以上通勤時間でヘビロテしてた結果、デンパで歌謡曲な「Black Box Messiah」が一番耳に残っててこれでいいのかと思いつつ。
「悪魔の躍動管弦楽団、今宵も絶好調でございます。」これをドヤ顔で書きたくてレビュー書いたみたいな所あります。

Eisley-The-Valley.jpg
☆Eisley♪「The Valley」
そしてぐっと趣が変わりまして(いや、本エントリはもう仕方ないのか
こちら2011年作のインディーポップ作。3姉妹+兄弟+従兄弟、というテキサス出身の家族5ピースバンドであります。リンク先は歌詞対訳ですが、簡単なレビューも冒頭に載せています。
ひとえに「Smarter」が聴きたくて購入した奴ですが、他の曲も味わい深くていい感じでした。

しっかしさっきから試しに使ってみてるTwitterからのつぶやき貼り付け、見た目もいい感じですし使いやすいっすね。これいいわこれ。


jizue---novel.jpg
☆jizue♪「novel」

ライブレポですっかり満足してアルバムレビューできてなかった件。ライブ前に聴いて癒され、ライブ後に聴いて感動を想い起こした一枚です。


deadendkings.jpg
☆Katatonia♪「Dead End King」
メンバー交代劇もあり、賛否両論滅茶苦茶飛び交う中購入し・・・結構聴き込んだ一枚。

「スルメ盤」と言ってしまえば簡単すぎる話でつまんないんですけど、酷評を知って「なら良い所を見つけてやろう」と意気込んで聴いていた節もあり、だから好きなのかもしれません。好き嫌いはタイミングや環境が影響する物だよなぁ、と思わなくもない一枚でした。
まぁ、何曲か、サビを聴くたびに口ずさんでしまう位には好きな一枚になりました。寒い季節にいい音です。

20111026_lama3_v.jpg
☆LAMA♪「New!」
口ずさんでしまうと言えばこちらもそう。つい最近新アルバムリリースのあった彼らですが、2011年作の1stを今回は挙げさせていただきます。国内のスーパーチームですよぅ。

結局買った。
エレポップではありながら、ギターにシンセに歌声に、細かい所も心地よく、丁寧に拡がっていく音世界が素敵。アルバム通してというか、この曲と「Fantasy」ばっかりガンガン繰り返してました。出会いのきっかけはニコニコ動画の東方手書き劇場。

いくつかの曲が使われていますがどれも良く、で、この曲でノックアウトと相成りました。
男性ささやきヴォーカル、普段エクストリームばっかりなせいでしょうか、余計に沁み入ります。

で、次はエクストリームな訳ですよ。
MOTBtrials.jpg
☆Mutiny On The Bounty♪「TRIALS」

さらにこの後でドラムが歌い出すからもうてんやわんやですよ。

しかもその歌がパンキッシュでイイ。マスロック界隈はインスト勢が強すぎて歌モノに弱い印象なので、こういうバンドの存在は非常に貴重でガンガン応援したい所です。


Pirate-Left-of-Mind.jpg
☆Pirate♪「Left Of Mind」
一枚目のCarson McWhirterソロ作に引き続き、デジタルで購入したシリーズ。そのに。Facebookでちらりと見かけ、リンク先に飛んだら打ちのめされた奴です。
ジャズはピアノが入るのが好きで、サックスを避けて通りがちな私。なのに、ロック・メタルで乱入すると歓喜する謎です。

The Mars Voltaの新譜を押しのけてリスト入り的な所もあったりして。やはり一年で20枚に絞るのは結構ムリの出る苦行でありました。・・・そしてリスト枠の拡大とか小テーマの再設定とかするには時既にお寿司(おなかすいた

様々な名盤をえいやと脇にどけながら、勢いで続けていきましょう。あとにまい。

tram_linguafranca.jpg
☆T.R.A.M.♪「Lingua Franca」
そしてサックス再び!!Tosin Abasi氏によるサイドプロジェクトで、ジャズ・フュージョンを軸にした一枚であります。渋くてアンニュイな音像を展開させながら、Djentな香りもそこかしこに漂う素敵盤。

ジャケアート的にもおいしい。
BTBAMのBa.Dan氏によるTrioscapesも中々にアツかったですし、今年はメタルとジャズの接点が徐々に増えていく様子を感じられました。ジャズメタルの隆盛はよ。

次でらすとですー

tumblr_lytvmwxbbv1rnq2flo1_400.jpg
☆Zelliack♪「Noir Tone EP」
youtubeの関連動画でふらりと開いて衝撃を受けた曲。「たまには歌モノもいいなぁ・・・でもメタルからの関連で何故にコレ?」とか思っていましたら。

良く見る名前だったっていうね。デジタル購入シリーズそのさんに至りました。



(’A`)ぜえぜえ。これで今回ご紹介の作品は以上です。
紹介のついでに色々と今年を振り返ってみましたのであとがき的な物に残るのは何もなく。これ以上今年を振り返ると魂を削る文章にしかならないと思うので、少なくとも本エントリ内では言及する所ではありません。
来年も、良い音楽との出会いがありますように。そしてそこから、色々な物を考えるきっかけを貰えますように。

良いお年を!!っしゃー書き終わった!飯食うぞ飯!年越しソバ!ソバの用意やでー!!え、紅白やってんの?まじで!?(てんやわんや
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://masterofslach.blog114.fc2.com/tb.php/430-92d58e0e
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。