スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Rock!Robot Rock!!

2012年12月19日 00:00

ええ、好きなんですよ。だふとぱんく。
"Daft Punk - Robot Rock"

凄まじくシンプル。凄まじく直球。これで飽きがこないんだからもうホント、凄まじい(

でですね?

今年はEDM(Electronic Dance Music)が盛り上がった年だったねー、という話もありまして(個人的にはダブステップ×メタルを期待してましたが、こちらはまだこれからの印象なのでザンネン)。ミーハー魂を持て余しつつ、こういったハードなサウンドを追求したテクノグループをいくつか手に取ってみました。

☆Sawagi >official<
関西出身、東京で活動する4人組です。先ずは公式から言葉を借りましょう。

2007年活動開始。 ダンスミュージックをコンセプトに、ロック、ジャズ、ファンク、エレクトロなどのエッセンスを取り入れたボキャブラリー豊かなアレンジを凝らす、4人組インストゥルメンタルバンド。

で、音なんですが、「サワギ」というだけあってやんややんやですよええ。
"ibiza"

MVの雰囲気もそうですが、特にこの曲は冒頭「Robot Rock」をかなり意識した曲に仕上がっています。よりやんちゃで激しく目まぐるしい。Daft Punkはなんだかんだでポップな歌モノ感の強い曲やゆらゆらとしたアンビエント感の強い曲が主軸になっている印象でもあり、この手のイカツイ曲調を突き詰めた様なグループの存在は嬉しい所です。
8月に発売していたアルバムPunch Gamesがアツい。待った人にとってはかなり「遂に!」と言いたくなる、満を持したフルアルバムです(2009年のミニアルバム以来ですって)。

☆Boys Noize >facebook<
お次はドイツから。つい先日発売したアルバムOut of the Blackが、いーかんじなんです。
"Rocky 2"

ジャケのセンスからして無骨・硬質で素晴らしい。ノイジーに歪んだヴォーカルも心地よく、脳髄に刺さるエッジサウンドを聴かせてくれます。
ちなみに彼らのデビュー作タイトルは「Oi Oi Oi」である。なんというか、好きなのだろうか。音はこの頃から割と安定して攻撃的です。「Oh!」とか、かっこいいすよ

ダンスミュージック系統って基本は繰り返し繰り返しの音楽なので、プログレ聴きたい時なんかだと凄まじく耳がゲンナリするんですが、それでも定期的に欲してしまいます。もっとも、マスメタル勢も似た様な物なんですけどね。電子音楽のトガり方はメタルとちょっと違うのか、脳の別の部分が反応してる気がします。
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. Plunker | URL | mQop/nM.

    Re:Rock!Robot Rock!!

    Boys Noizeは好きになれなかったんですが、SkrillexとBoys Noizeが組んだDog Bloodというグループは格好いいと思いました! http://www.youtube.com/watch?v=0kVJR4BaQNQ

  2. F5 | URL | EmGmBmaw

    Re:Rock!Robot Rock!!

    BOYS NOIZE凄くいいですね!
    テクノだとMax Tundra(https://www.youtube.com/watch?v=boIOY5HjbFM)的なキラキラした音使いが好きでしたが、こういう太い音使いも格好いいですね

    そういえば、メタルの情報源は先日紹介されてましたが、他のジャンルの情報はどのようにして収集しているのですか?

  3. mossgreen/畳色 | URL | zniSEbEA

    Re:Plunkerさん

    やっとです。聴いてみましたー
    少し意外というか、SkrillexともBoys Noizeとも違う雰囲気ですね。・・・散歩のおともにして、リズムに合わせてテクテクしたくなる感じ。
    ちょっとワルい佇まいのミドルテンポ、アリだと思います!!

    丁度この手のサウンドでぐっと来たのを数日前に知ったのでお礼にぺたりー
    http://youtu.be/qmsbP13xu6k
    PVはkawaii。

  4. mossgreen/畳色 | URL | zniSEbEA

    Re:F5さん

    同じくやっとです。Max Tundra聴いてみましたー
    おもちゃ箱的というか、こういうキラキラは詳しく無いなりに好きですよぅ。しかし個人的にはヴォーカルの優しさにむしろ惹かれました。
    こういうのだと、昔聴いてたので好きなのあります。お礼にぺたりー
    http://youtu.be/mn1wJQUNhQ8
    ジャケがkawaii。

    そして、
    他ジャンルの情報源、なんですけども。まとまった物であれば先日のまとめに挙げた所からで入手しちゃってます。ニュースサイトなんかは結構幅広いですし。
    それ以外となると割と柔軟に、というか、「Amazonのお勧めからジャケを見て」とか「twitterで見かけて」「前に追いかけてたバンド、今なにしてたっけ」等々の重なり合いですね。
    ・・・この話題で結構文字数稼げそうなので、今後小説じみた何かとしてエントリ作るかもしれません。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://masterofslach.blog114.fc2.com/tb.php/425-d52bf8af
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。