スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Haarp Machine ♪「Disclosure」

2012年12月14日 00:00

The-HAARP-Machine-300x300.jpg
【Artist】The Haarp Machine >facebook<
【Title】Disclosure
【Rate】10/10

Progressive / Metal

Djent」というサブジャンルと共に名を挙げたレーベル:Sumerian Recordに所属するイギリスの4人組、ハープ・マシーンによる2012年作。2007年の始動から5年の月日を経た渾身のデビュー作。

シタールの旋律で幕を開ける#1「Esoteric Agenda」堂々とオリエンタルな空気をまき散らし、そのまま小刻みなシュレッドリフに勢いよくなだれ込んで行く。テクニカルデス的な高密度に詰まった音と、複雑なリズムから生みだされる独特なグルーヴ。緩急激しく展開するサウンドは怒涛の一言で、息も吐かせず駆け抜けていく。
#1に限らず、今作は随所にシタールや琴のサウンドが採り入れられている。時に異国情緒を目立たせ、時にさりげないシンセの様に厚みを創るこの音、実はフロントマンであるGt.Al Mu'min氏による演奏だったりする。緩急のスパイスにも効果的に使われ、今作で大きな目玉となる魅力。

スパークする様なキレの良いリフが冴えわたる#3「Pleiadian Keys」の勢いは白眉。エモーショナルなヴォーカルも惜しみなく、高密度の割にむしろ聴き易いのが印象的。ツインギターによるリフの応酬がとびきりスリリングな#6「The Escapist Notion」も、神秘的なコーラスパートへの滑らかな展開が心地良い。
また、全体的にメロウな歌メロが軸になる#4「From Vanity To Utility」では後半に場違いな程穏やかなピアノが乱入し一気に空気を変え、ひときわダンサブルな#7「Extension To One」のキラキラとした明るさなど、アルバム内では異質な要素も差し込まれる。しかしながらこの意外性も不思議と馴染み、すんなり聴かせてくれるから面白い。

物憂げな雰囲気に支配された#8「Machine Over」で幕を落とすまであっという間。高水準な技術に裏打ちされた緻密な演奏とエクストリームな実験性に溺れない聴き易さのバランス感覚には、既にベテランの風格すら漂う。異国情緒あふれる音像・メロディーセンスの主張も耳に新鮮。シーンの最前線にドシリと陣取る痛快な逸品。

【for fan of what ?】
サウンドの軸になるのは「Sumerian-Core」と言える物です。Djent由来のリズムセンスを駆使したスタイル、特にテクデスからの叙情アプローチの点から、Born of OsirisからObscuraのファンまで要注目の一枚です。
また要所で存在感を強めるシタール・琴の要素から、Amogh Symphony、Kartikeyaの名前を知っている方は是非。
ちなみに、パッケージに貼られたステッカーにはPeriphery・The Dillinger Escape Plan・System Of A Downの名前がありました。DEPは高密度で目まぐるしい音楽性、SOADは独特のメロディーラインゆえでしょうか。

あとソロに垣間見える雰囲気から、個人的には初期Cynicが好きな方にもオススメしてみたい。

【↓here is the sound !↓】 曲リストも追記にて。
“Pleiadian Keys”

このPVを観てガッツポーズをした御仁は私一人ではあるまい。

【Track Listing:】
01. Esoteric Agenda
02. Lower The Populace
03. Pleiadian Keys
04. From Vanity To Utility
05. Disclosure
06. The Escapist Notion
07. Extension To One
08. Machine Over


しかし、シタール操るわ風貌は完全に中東系だわ、フロントマンのAl氏はいったい何者なんだろうか・・・。
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. take_nologic | URL | -

    Re:The Haarp Machine ♪「Disclosure」

    出た!The HAARP Machine!
    1と3しか聴いてないけど、最近プレイリストにばっちり入ってるよ。確かEPか何かでSikthのドラマーとコラボしてたようなしてないような。

    PVは何か秘密があるの?HAARPっていう装置のことは知ってるんだけど、それ以上のことは何も分からんかった…。確かに無機質でかっこいいPVだけどね。

  2. mossgreen | URL | zniSEbEA

    Re:takeさん

    5曲目も入れたげて!ゼヒ!
    はぷましって、元々SikthのギタリストDan氏とコンタクト取ってたりもしたみたいっすね。このアルバム発売前から結構注目されてた印象。

    PVの秘密っていうか、個人的には「かっけええええええええ」だけだZE!(
    あ、ちなみに歌詞世界は、政治や宗教等、結構ポリティカルな内容があるとのことですぜ。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://masterofslach.blog114.fc2.com/tb.php/421-b970d514
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。