スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Blood Command ♪「Funeral Beach」

2012年12月09日 20:29

Blood-Command-Funeral-Beach-Cover-BRUKK.jpeg
【Artist】Blood Command >facebook<
【Title】Funeral Beach
【Rate】10/10

Hardcore/Punk/Rock

北欧はノルウェーで活動する"Deathpop"5人衆:ブラッド・コマンドによる、EP含め5作目となる2ndアルバム。2012年作。
シリアスに幕を開けるイントロと共に、まず耳を惹くのが女性ヴォーカルのシャウト。噛みついてくるハスキーな声の威圧感には媚びも気負いも無く、『硬派』の言葉が良く似合う。
ハードコアからオルタナティブロックを想起させる演奏陣もやはり硬派で、絶妙なミドルテンポは疾走感よりも力強さを感じさせてくれる。時折変拍子も噛ませ、フックの効いたリフ捌きが光る。
一分少々の一際短い、そして一際いかつい#2「March of the Swan Elite」など男性Vo.によるシャウトを目立たせた曲もあり、徹頭徹尾ガンガン攻めてくれる。

一方で、曲の要所でここぞと入る歌メロの威力も特筆モノ。
荒々しさと物憂げな切なさが忙しなく行き交い、後半の盛り上がりには感動すら覚えるキラーチューン#3「Cult of the New Beat」や、パンキッシュな明るさを背景にシンガロングを誘うコーラスがアツい#6「High Five for Life」などなど、ポップに突き抜けた、そして甘くなり過ぎないメロディーラインが随所にちりばめられている。そしてそのポジティブなエネルギーが鋭く影のあるリフと調和して、無類のドラマ性を演出してくれるという寸法だ。ラストを飾る6分越えのタイトルトラック#11「Funeral Beach」ではシューゲイザーや幽玄ポストロックにも近い、内省的な叙情性を聴かせてくれる。

苦みのある叙情と圧力十分の攻撃性、そして何よりドラマチックな盛り上がりに溢れている。
不屈の応援歌として、拳を握る助けにしたい逸品。

【for fan of what ?】
個人的に一番近しい空気を感じたのが、Thursday・The Usedの様なバンドたち。目付き鋭い影の垣間見えるメロディーには、シリアス寄りなスクリーモ勢のファンにお勧めしたくなりました。
一方で、ポップに突き抜けたな歌メロにはGreen Dayの様なポップパンク勢を想わせるほどでもあったり。

女性ヴォーカルながら硬派、という感じではHalestormの雰囲気にも近しいです。あちらはハードロックなのでサウンドの方向性は似てないんですけどね。

【↓here is the sound !↓】 曲リストも追記にて。
"High Five For Life (Official Video)"

ライブ映像と共に送る、夕焼けパンクアンセム。
そして、筆者が完全にノックアウトされた件のキラーチューンは↓のBandcampでどぞ。


【Track Listing:】
01.Pissed Off and Slightly Offended!
02.March of the Swan Elite
03.Cult of the New Beat
04.Death to All But Us!
05.Wolves at the Door
06.High Five for Life
07.Here Next to Murderous

08.True North
09.Corpse Reviver
10.Oceans Inside Neptune
11.Funeral Beach
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://masterofslach.blog114.fc2.com/tb.php/420-79cf73af
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。