スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋にお勧めEqual Vision Records

2012年10月13日 20:00

今日も今日とてEqual Vision!言いつつ結構久しぶりですけども!
ダンサブルなリズムに単音リフを効かせたオルタナかつプログレなロックを多く擁しているレーベルとして、個人的にかなり信頼を置いている所。オシャレカッコいいロックを聴きたくなった時はふらりとリリース情報を覗きに行くと幸せなのです。

で、こんかいもふらりと立ち寄ってみました。面白いの見つかりました。

☆Tallhart >facebook<
【 Experimental / Alternative 】

"Holy War"

ブルージーな歌い回しのなかで、爽やかなギターサウンドが煙たくなり過ぎない。面白いバランス感覚のあるサウンドです。同レーベル内ではEisleyに近しいメロディーセンス。あちらは女性トリプルヴォーカルでまた少し違った風情ですが、しっとりとした独特なロックサウンドに「Equal Vision、良い仕事してんなぁ」等と思ってしまう私です。

激しくは無いですが、肌寒くなってくる今日この頃、こういう紅葉の似合うロックも良いものです。

さて次へ参りましょう。
☆HRVRD >official<
【 Indie-rock / Experimental 】

""Cardboard Houses" Laundry Room Session"

先日発売された2曲入りシングルの内のひとつ。歌モノロックを軸にしている割には攻撃性もチラチラ見せていると言う風情で、基本的には落ち着いたピアノロックとしてお勧めしたいバンドです。

そしてもう一曲、こちらはちょっと動画ラストにびっくり演出があったのでリンクにしときますが、
タイトに疾走するドラムから始まるイントロに、ダンサブル&清涼感たっぷりな歌い出しにと、しょっぱなから実に素敵サウンドを展開!してきています。物憂げにふわふわと揺らぐヴォーカルもやはり素敵。
Circa Surviveの様なハイトーンVo.のポストハードコアサウンド、あとはMutemathに似たポップセンスも感じます。
今までにも自主制作リリースはあったようですが、Equal Visionとしてはまだ始まったばかり。今後の動きに注目したい所です。


さて本エントリ、実は続きあります!レーベル違いですが、同系統の、そしてもう少し激しめな良質バンドを見つけたので、記事を改めましてご紹介!しますよー。
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://masterofslach.blog114.fc2.com/tb.php/410-4a5bc7bc
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。