スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

残響SHOPで敗北宣言など。

2012年09月04日 03:41

ハイ、敗北宣言、入りますよー。さん、にぃ、いち、どぞ!
(’A`)負けました!

・・・イヤ何の話かといいますとですね、行ってきたんですよ。最近「おもしろい事やってるCD屋がある」っていう話を聞いて。残響SHOPっていう所に。ええ、渋谷で。ライブの前哨戦だーっつって。友達と一緒に。
何がどう「負けた」って、そりゃまぁ「してやられた」的な。「一本取られた」的なアレです。

と言う訳で以下はその顛末というか、お店楽しかったよー、というお話です。CDも買ってきたのでバンド紹介もおまけでちょこっと。

では、はじまりはじまりー

残響SHOPについての細かな紹介は、Officialのウェブサイトにお任せしましょう。簡単に説明すると、音楽レーベル「残響record」を母体とするフラッグシップショップ、つまり、このレーベルはこんな音楽提供してますよっていう宣伝を兼ねてるお店ですね。お店には他レーベルの商品も置いていますが、全体的な音楽イメージには統一感があります。マニアには「残響な音」ひとことで伝わりそうな品揃えであります。もうちょっと言うと、マスロック、ポストロックを軸にしたおしゃれでスタイリッシュな音楽、と言ったところでしょうか。ひとことにまとめちゃうと少々乱暴ですけども。

場所も↑のサイト内に案内があります。渋谷駅から歩いて・・・どれくらいだろう、タワレコ行く時よりももう少し遠い。ちょっと裏道に入って、服屋さんのBEMASがお向かいにあって。
レコードショップ、ではあるのですが、外見はカフェか何かの様な店構え。そして入っても、ラウンジかオシャレな図書館か、みたいな雰囲気でした。店内はさほど広く無く、これもやっぱり小さなカフェ位の大きさ。えーっと、イタリアンローストをホットで頂けますか?(無いです)
店内中央には長机がいくつかと、並んだCDプレイヤー、椅子に座ってヘッドホンをしてるお客さん数人(女の子ばかり・・・だと・・・!?)。そして、机の上や棚に並ぶ、カラフルなCDケースたち。ケースには小さなコメントカードがくっついていて、裏には番号だけが書かれた真っ白のCD-R。

(’A`)ぉおう、話には聞いていたが目の当たりにすると壮観・・・!
曰く、「ブラインド販売」少しのコメント以外は周辺情報ナシ。全曲聴けるから試聴して吟味してみやがれ!という体当たりな販売方法でございます。店長さんにもご挨拶しつつ、「できれば音でバンド名当てたいですね」等とえっらそうな挑戦状をうそぶいたりもしつつ、友人と二人してCD-Rをとっかえひっかえ。

「ああ、これよくね?」「ちょっとそれ後で俺も」「これはヴォーカルが惜しいな」「なにこれやべぇ!」「いやちょっとこれは欲しい」「ちょっとさっきのもっかい聴きたい」「今日金に余裕あったっけか」「これむしろヴォーカル好きやわ」「そう?」「これ買うこれいいよこれ」 とかなんとか。控えめに見ても30分以上はうにうに物色させていただきました。

で、私は結局2枚のCDを選びました。女性ヴォーカル×マスロックなちょっとヘヴィな奴と、ハードロックの風味が熱いインストマスロックと。CDケースを店長さんに渡すと、ちゃんとパッケージされた商品を裏から持ってきてくれます。「待ってる間わくわくする」「どんなんくるかな」「こっちのインストの方、もしかしてte'じゃね?」「いやいやまさか。もしそうなら"負けました"って言うわ俺。」

te'でした。

(’A`)負けました!フラグ回収お粗末さまです。
で、何で「負けた」なのかと言いますと。これ説明しないと。スベった笑いに説明する感じになっちゃってそうですが説明しないと。
!説明しよう!
te'というバンド。存在は既に知っており好みの音だな、と言うのは確信してたんですが、なんだかんだとのらりくらりとCD買い逃していた存在でもあったのです。で、今回のブラインドチョイスにて、結局我が手に舞い降りてしまったと。自分の好みからは逃げられなかったと。そんな感じです。
!伝わってるか自信はないけど!


と言う訳で今回購入の2枚は
・te'「敢えて、理解を望み縺れ尽く音声や文字の枠外での『約束』を。」
・COgeNdshE「cogency」

でした。
ちなみにこの2枚。両方とも、レーベルは残響recordです。・・・そうです。掘り出し物きたー!とか思いながら、フタを開ければお店の主力商品だったと、そう言う訳です。

・・・。
(’A`)負けました・・・!
えっと、オチもついたと思うので、追記にて購入の決め手になった曲など。・・・両方ともPV曲でした。
おまけ
te'「決断は無限の扉を開くのでは無く無限の誤謬に『終止符』を打つ。」

第一印象は「ハードロック風味」とか思いましたけど、どちらかと言えば直情ハードコアでしたね。いやまぁ言葉選びなんで些細な話なんですけど。

COgeNdshE 「錯乱」

こちらは全く初見。ジャケットの絵はうっすらと見覚えがありますがそんな記憶に信憑性は無いですしそもそも買うまではジャケも分からんのである。



・・・
さてさて。
こんな感じで楽しいしょっぴんぐ☆などしてきた訳ですが、あるサイトではインタビューでの紹介記事もあったりします。こちらも読んでいただければ、雰囲気分かるかと思います。
試聴機とコメントカードをにらめっこしながら品定めしていく感じは、ジャケ買いに似たワクワク感もあり。あと、私は深夜にyoutubeの関連動画やらなんやらでネットサーフィンをして、知らないバンドを延々掘り続けた挙句にAmazonのカートにぶち込む、なんてことをちょいちょいするんですが、それにも似た感覚でした。
今回、悩んだ末に買わなかった物もありましたが(予算ギリギリでしたし)、それについての周辺情報もナシです。もやもや感だけお持ち帰り。この辺ズルいなぁちくしょう、なんて思いますが、逆に言えば、店で情報だけ頂いて購入は別経路の通販で、という買い方も、店側からすればズルいなちくしょう、かもしれないんですよね。
この辺は「情報に金銭価値はあるのか」とかの議論になってしまいますし、ここであまり掘り下げるつもりはないですが。私もCDショップの店員やってる手前、スタンスは店員サイドにならざるを得ないですし。

えー、煮詰まってまいりました。まとめて〆てしまいましょう。
「あーちくしょう!ズルいなコレ!」とか言いながら満面の笑みで買い物できる、素敵な場所でした。また行きたい。で、ズルイズルイ言いながらCD買いたい。ツンデレになれる場所、残響SHOP。(※個人の感想です)
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. げんぞ | URL | -

    お疲れさまです。はずれ引いた訳じゃないのにあれはもう笑えましたねwww

    好きか分かんないんですが
    Resistencia Chaco
    ってバンド知ってます?
    アルゼンチンのスラッシュメタル系のリフにsax2人が頑張ってるインストなんですが……。
    Djentとは違いますがプログレッシブだしもうフリージャズも入ってますね

  2. mossgreen | URL | zniSEbEA

    Re: げんぞさん

    さて、酷く返信が遅れてしまい申し訳ないです・・・。
    いやはや、ありゃ一体何だったんでしょうね・・・wまぁ実際、割とヘビロテしてますte'。

    Resistencia Chaco、知らなかったので今聴いてみてます。サックス入りジャズメタル!これはちょっと好物なので追々詳しく調べときますwありがとうございますー!

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://masterofslach.blog114.fc2.com/tb.php/403-9072b8d3
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。