スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8/25ライヴレポ!~bilo'u編~

2012年08月28日 21:00

まだまだ続きます。8/25のライヴレポをお送りいたします。

【他バンドへの目次はコチラ。】
・jizue
・Arbus
・bilo'u

【はじまるよ!】





幕が開け、「1887」で爆発するようにスタート。スプリット収録の新曲にして、過去作とは少し違う感触の、圧倒的な突進力が前面に出る一曲。前アルバム「muzjyou」の構成に倣ってホラーなイントロから始まるかな、と勝手に想像していた私を鮮やかに裏切り、一気にフルスロットルで音が敷き詰められていく。

☆bilo'u >facebook<
【 Hardcore / Progressive / Brutal 】

bilo'uは、東京を拠点に活動する5人組。和音階を駆使したおどろおどろしい音像と高密度ハードコアが混然一体となったスタイルは無類の一言。今回のスプリットを皮切りに、次のリリースへの動向も見せている。

ドシンと構え、野太くエグいグロウルとピッグスクイールで場を威圧するヴォーカル。
重く重く、地響く勢いで叩きまくるドラム。
多弦の低音を効かせ、指引きでうねりにうねるベース。
やはり多弦を操り、ステージ内を暴れまわりながらリフを緻密に組み上げていく左右のツインギター。

Arbusとは対照的にMCを一切挟むこと無く、ある種淡々と曲を繋げていき、曲間では息を呑む緊張感をはらんだ僅かな静寂があるのみ。曰く「Red Hot Chili Peppersっぽいパートを」というアイディアから組み込まれた「Shimmer」後半でのファンキースラップパートの乱入や、「Under the skin」での雷雨の様な悲愴感が漂うアトモスフェリックな展開はまるで小休止代わりといった趣。プログレッシヴなパートを喰って行く勢いで、グラインドコアやデスコアに近い猛攻撃サウンドが空気を支配していく。

薄暗い雰囲気の演出だけに特化せず、攻めに転じた時の攻撃力をより一層増したステージングにはただただ圧倒されるのみ。Arbusに同じく「Earplug (Arbus曲のカヴァー)」「Break One's Back (原曲)」のコンボをラストに披露するまで、あっという間に駆け抜けていく時間でした。

やぁ、終わった終わった。堪能した。
からのアンコールですよええ。fufu-!
「なんか色々とすいません」と謙虚に戻ったメンバーが演奏したのは2曲。音源未収録の新曲と、あのセリフ「Hey You ,Why Dont't You Remember Me?」が入るキラーチューン「You hate me because I doropped something into the opening.」。追加の充足感を置き土産に、今回のライヴ、幕引きとなりました。


 ・・・新曲、スプリット収録に近い輪郭と言うか、マスいリフを絡めたシャープで前のめりなアツい曲でしたよっ


そんなこんなで、中々の長丁場、しっかりと楽しませていただきました。今回3バンドそれぞれ個性的でしたが、
jizueが見せるハードコアな豹変だったり、Arbusが乱入させる爽やかな叙情パートのひと時、bilo'uが演出する幻想的な瞬間、そしてもちろんArbus/bilo'uによるお互いのカヴァー曲。三者三様ではありながらそれぞれがクロスオーヴァーしリンクし合う、不思議な感覚を覚える1日でもありました。
おまけ
“bilo'u "intro~Ill blood" 2010.12.30 @Nagoya QUATTRO”

2年前の物ですが、ライヴ映像など。
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://masterofslach.blog114.fc2.com/tb.php/400-f717d213
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。