スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Djentなジャズピアノでおひとつ。

2012年08月31日 00:00

キャンペーン続いてる!続いてるよ!

【ジャズはピアノトリオがすきです】
・Tigran Hamasyan
・Yaron Herman
【はじまるよ!】

☆Tigran Hamasyan >facebook<
【 jazz 】

今回ちょっとウンチク長めに入れます。ご覧の皆さまは各々の裁量でスルーしつつ、読んだりもしつつ、コチラをご試聴ください↓
"Illusion" (Live)

さぁこちら、アルメニアのジャズピアニストでございます。先日twitterにて「Tigran Hamasyanはdjent」とつぶやいた私ですが、これには理由がありましてね。元々ハードロックを聴いて幼少を過ごし、ジャズピアノの御大:キース・ジャレットなどジャズを通過しつつアルメニア音楽の追求をして・・・うんぬんかんぬん。
さて。彼の演奏には複雑なリズムが特徴として挙げられるらしいのですが、そのリズムの影響が、Meshuggahらしいんですよ。
ソースはコチラ→intoxicate「魔境に生まれるジャズの寓話」
↑の演奏中にも随所に「こいつもしや・・・!?」的なパートが存在しませんでした?いかがっすかね?
でですね?さらに!
2009年作「Red Hailではドラムやサックスなどとバンド形態の曲を披露、その影響は色濃く出ています。
"Part 1: Serpentine"

ああなんという!なんという!
TRAMやTrioscapeseと言ったメタルアーティストによるジャズプロジェクトだったり、紳士たちによる「Djazz」という呼称だったり、それでなくてもプログレメタル界にはじわじわとサックスを起用する流れが来ていたり、メタル×ジャズの流れが加速してきている最近ですが、ジャズの方ではあっさり先にやってましたよこれ。くやしい!(
ルーツにジャズアーティストだけでなくMeshuggahやTool、System Of A Downを挙げる彼。メタラーが応援せずしてなんとする!

・・・とか何とか言う話をtwitterでしてたら、ジャズピアニストさんのアカウントからフォローが来まして。
☆Yaron Herman >facebook<
【jazz】

"Yaron Herman Trio - The Mountain in G Minor "

聴いてみたらこれまたちょっと素敵だったんですよええ。ついったーすごい。
こちらもキース・ジャレットの影響が言われる様です。フランスの方。さしあたって、↑の動画ではミニマルロック的なエッセンスが感じられて、シャープなクラブジャズのオシャレさと上手く溶け合った雰囲気です。素敵。
Nirvanaの「Heart-Shaped box」をピアノトリオでカヴァー、と言う事もしていて、中々渋いロックリスナーでもある様子。

「ピアノトリオ好きー」と言うのは個人的にずっとあるのですが、如何せん知識が無く調べるとっかかりも中々とれず、後回し後回しになってしまいます。そう言う意味で、こんなきっかけで触れることが出来ると、ちょっとしたサプライズプレゼントみたいな嬉しさがあるものですね。えへへ(


おまけ
今回名前が出た「キース・ジャレット(Keith Jarrett)氏」彼のピアノ捌きはこんな感じです↓曲そのものはかなり有名なナンバーです。
"Keith Jarrett - Somewhere Over the Rainbow"

ピアノに全霊を傾ける姿も相まって、本当に虹が見えそうになる演奏です。パンクとは全然違う、しかし言葉にすれば同じ「がむしゃらさ」みたいなものも感じます。
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://masterofslach.blog114.fc2.com/tb.php/395-1860147a
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。