スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

暗黒のハードロドロックでおひとつ。

2012年08月25日 00:00

前略攻略中略で記事数を稼ごうキャンペーン中!

【おひとつって言いながら紹介はふたつっ】
・Black Light Burns
・Which Mountain
【はじまるよ!】

☆Black Light Burns >facebook<
【 Electro / Pop / Rock 】

Limp Bizkitのひとりお化けサーカス☆Wes Borland氏のサイドプロジェクトです。リンプ復帰と共にどうなるのかな、というのはほのかに気になっていたんですが、普通に新譜出しましたね。
"I Want You To"

結構前からmyspaceで聴けた記憶のあるこの曲。どうやら映画「 Underworld Rise Of The Lycans(邦題は『アンダーワールド ビギンズ』)」のサントラが初出らしく、2009年の時点で発表されてはいたんですが、オリジナルアルバムとしては初めての収録になります。ワルさ、ドロドロ加減、ノリの良さ、どれを取っても一級品のホラーキラーチューン!ですよ。
他の曲を含めても、前作以上に研ぎ澄まされた印象。これは買いですよ奥さん!
ジャケ絵の怪しさも価値の内!Moment You Realize You're Going to Fall発売中っ!(タイトルながっ)


☆Which Mountain >facebook<
【 Doom / Metal / Blues 】

さて、実は今回、情報的な繋がりはぜんっぜん無いんですが、「ドロドロ」でふいに思い出しそう言えばブログには上げていなかったのでご紹介。
1997年結成、ポーランド出身の4人組。↑に併記しているジャンル名もチラ見しつつ、しかしてそのサウンドは。
"Beekeeper"

サバス直系とも言える黒魔術ヘヴィネス!
そしてそこに乗る、女性ヴォーカルによる朗々とした歌唱!!

テンポは遅いながらも、詰め寄るが如き威圧感がじりじりじりじりじりじりじりと。
もっとハスキーな女性Vo.だとRoyal Thunderというバンドも居ますが、こちらはもう少しブルース的というかスラッジ的というか。黒魔術感はWhich Mountainの武器でしょう。しかしこの趣は女性ヴォーカルならではという感じがします。神聖さを纏う歌声、感服です。
2012年作Cauldron of the Wildは出品者からお求めいただける様子。

女性ヴォーカルなメタルと言えばゴシックメタルが連想されます。まぁある種こちらもゴスな雰囲気ですが・・・豪奢な物とは逆行する、こういうのも如何でしょうか。
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://masterofslach.blog114.fc2.com/tb.php/394-77a69f9f
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。