スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Periphery ♪「Periphery II」

2012年07月25日 03:31

ContentCrusher_periphery__01.jpg
【Artist】Periphery >facebook<
【Title】Periphery II
【Rate】8/10

Progressive / Metal / Experimental

前作から約2年。シンプルに「II」と銘打たれた、2012年作の2ndアルバム。
一聴して何より印象的なのが、表現力豊かに歌い叫ぶヴォーカルのメロディー。アルバムデビューとメンバーチェンジが重なり、前作では部分的な参加だったSpencer Sotelo氏が今作では本領発揮という所か。エモを通過した叙情性たっぷりのメロディーを主軸にしながら、「歌えば天使、唸れば狂犬」のメリハリ効いたヴォーカルを聴かせてくれます。特にヘヴィに疾走する中でパワフルなヴォーカルラインが芯を貫く#5「Scarlet」や、タイトなドラム・ベースの中で切なげに歌い上げる#10「Erised」といった歌をメインに据えたバラード調の曲も目立ち、「歌が主役!」という印象を強く受けます。

しかしながら、7・8弦ギターを操り、重く鋭い刻みと複雑なリズムで翻弄するリフワークはもちろん健在。要所要所で5拍子・7拍子を絡ませつつ、スケール感のあるギターアンサンブルも眩しい#2「Have a Blast」や、イントロから畳み掛ける単音リフと拍をずらしまくるスラッシュリフが凶悪極まりない#9「MAKE TOTAL DESTROY」は白眉。ヴォーカルの仕事で相対的に目立たなくなっていますが、スリリングなフレーズは正に"Periphery節"。サイバーな輪郭を持つシンセワークもどこかふわりと優しげで、水しぶきの似合う清涼感のある音像は健在です。

そして、#1「Muramasa」から#7「Ragnarok」、そして#14「Masamune」へと繋がる、繰り返し登場する歌詞の一節も気になる所。
「ある日何処かで、僕達は堕落(#7では"真夜中の消滅")に出会ったんだ。だけどかすかに見える遠くは綺麗に輝いていて、僕達の最期もこうなんだって。・・・僕達は互いに何も聴こうとしなかった。」
合ってるか自信ないですが翻訳してみました。・・・随分と厭世的なセリフになりました。この3曲の存在が、本作にコンセプチュアルなまとまりを加味してくれています。

セルフタイトルだった前作からそのまま引き続いての「II」でジャケットデザインもほぼ色違いと言った風情の今作。しかしながら、フタを開ければその作風は焼き直しでも何でもない新しいものでした。・・・等と言いつつ聴き進めていけば、前作では埋もれがちだったバンドの武器である"歌とギターの豊かなメロディー"に焦点を当てて目立たせた、不思議と表裏一体の二枚になっているようにも思えてきました。

【for fan of what ?】
引っかかる様なリズムをフルに駆使し、スパークするかの様なガン攻めスタイルが目立った前作に比べれば、かなり大人しくなった印象もある今作。実際、前作はかなりギター主役な一枚でしたし、一転して今作はその辺りバランスが取れている風でもあります。
バランスと言う点では、以前は「Djent」というシーンをガッツリ背負っていた、ある種かなりとんがった作品だった様に思います。そこが今作では「複雑なリズムでグルーヴを演出するプログレメタル」とでも言いましょうか、もっと中庸な位置に動いた印象です。今作は4拍子+シンコペーションに拘らず、普通に変拍子も使ってますし。
そう言う意味で、今作はSikthAliasesProtest The Hero等の、テクニカル・プログレッシヴなメタルコア界隈のファンに広くオススメし易い感じになっていると思います。

・・・前作に引き続き、CD容量限界まで収録した約70分のボリュームは少々とっつきにくいか。
【↓here is the sound !↓】 曲リストも追記にて。
“MAKE TOTAL DESTROY”

メカ巨人なCGに突っ込むのは野暮だぜ。間違いなく今作中でキラーチューンに挙がる一曲。

【Track Listing:】
01.Muramasa
02.Have a Blast
03.Facepalm Mute

04.Ji
05.Scarlet
06.Luck As a Constant
07.Ragnarok

08.The Gods Must Be Crazy!
09.MAKE TOTAL DESTROY
10.Erised

11.Epoch
12.Froggin' Bullfish
13.Mile Zero
14.Masamune

どうでもいい子ネタですが、
#3「Facepalm Mute」、この曲名は低音で刻むリフを鳴らす時のギターのテクニックの名前そのまんまだったりします。ズンッ(Djent?)って音は、フェイスパームミュートを使って鳴らすのです。
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. ぺりぺりー | URL | -

    Re: Periphery ♪「Periphery II」

    レビューお疲れ様です!「表裏一体の二枚」という見方はすごく共感できるというか、納得させられる表現です。
    スポンスの歌うクリーンは無論さることながら、スクリームの別人のような迫力に関しては、個人的に今作における大きな驚きでした。特にハイスクリーム、グロウルの使い分けなどの今までに無い取り組みに、彼の成長ぶりを感じられて興奮しましたねー。
    楽曲は、粒ぞろいのデモ音源があるので心配要素はありませんでしたw

  2. mossgreen | URL | zniSEbEA

    Re:ぺりぺりーさん

    凄まじく遅れてしまった更新ですが、いかがでしたでしょうか。
    ヴォーカルの表現力はホント感動ものでしたね。ギタリストのソロプロジェクトとして始まったバンドですが、今作はバンドとしての雰囲気的なまとまり感みたいな何かを感じたりもします。

    所で今、Peripheryのfacebookではちょこちょこと曲ごとの解説をしている様です(私は現状チラ見しか出来てないんですが)。アルバムのコンセプトとかを知る良い情報源なので、追々チェックしていきたいですね。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://masterofslach.blog114.fc2.com/tb.php/385-6b27fba4
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。