スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Arbus/bilo'u ♪「Yellow Scale -The Twist Of 2187x1000-」

2012年07月23日 17:30

c0207647_11512177.jpg
【Artist】Arbus/bilo'u >facebook:Arbus/bilo'u<
【Title】Yellow Scale -The Twist Of 2187x1000-
【Rate】9/10

Hardcore / Progressive / Brutal / Alternative

CDの帯から言葉を借りて・・・「日本を代表するカオティック・プログレッシヴ・メタルハードコア2バンド」による、6曲収録のスプリット作です。2012年作。双方、1stミニアルバムをリリースして以来の作品となります。

先ずはArbus側の2曲。
#1「Snails」は、冒頭の伸びやかなギターのソロフレーズが耳を引くも、一気にヘヴィにもつれ込む一曲。テクニカルに刻みまくるリフや不協和音をにじませるパートから爽やかでフュージョンなパートへの繋ぎが実にスムーズで、目まぐるしい割にチグハグ感が不思議と薄い。イントロのフレーズが曲の要所で繰り返され、曲をふわっとまとめている感じが何とも言えない聴き易さを生んでいます。
続く#2「Double Dealer」・・・硬派なイントロから一気に叙情派に攻め、かと思えば鮮やかに乱入するハードロッキンなソロ、からのダンサブル全開なカッティング、極めつけにハードコアな畳み掛けでスパッと締める・・・!一分半という短さながら、1曲目に反して着地点の無いハチャメチャカオティックな曲。
聴き易さに配慮している風でしっかりHENTAIしちゃってるのが素敵です。

続いて、bilo'u側の2曲。
#3「1887」恐怖心を煽るオルゴール?の音の響くSEから、一気に怒涛の攻めを見せる一曲。変拍子で不協和音のスラッシュリフが時に前のめりに、時に神経質にザクザク斬り付ける勢いは圧巻。デスコアなみの猪突猛進チューン。
一方で#4「Shimmer」は、はっきりした展開が光る曲。アグレッシヴな前半から少しの静寂を挟んだ後、叙情と怨念が行き来した揚句に最後にはコミカルとも取れる、スラップベースの踊るファンキーなパートで締める正に何でもアリな逸品。
一聴した感じ前作とはかなり印象が変わりドロドロとしたホラー感が薄まった様な印象。ですが、その実以前からの持ち味はしっかり。和音階を目立たせたリフ、不協和スラッシュリフを始めノイジーなフレーズの絡ませ方などがしっかり仕込まれています。


ラストの2曲は、お互いの曲を1曲づつカヴァーするという企画。
#5「Break One's Back (Bilo'u Cover)」Arbusによるカヴァーはそれなりに原曲に沿っている・・・んですが、原曲の持つドロドロした佇まいが薄れ、怨念が叙情に変換されている様な趣で興味深い。後半にお茶目でダンサブルなパートをちゃっかり入れてきたり、アウトロのSEがアレだったりと、なんだかんだでArbus流に料理してます。
そして#6「Earplug (Arbus Cover)」。スズムシの鳴く静か(?)なインタールードに肩透かしを食らいつつ始まりますが、こちらは原曲に真っ向から殴り込みかけてます。原曲はあくまで下敷きとして、圧力十分のリフに不協和スラッシュ、さらに叙情のはずだったフレーズも歪に転調した和ホラー仕様。bilo'uの武器を余すところなくぶち込んで仕上げてきてます。

たった22分の作品ですが、これでもかとばかりに詰め込まれ凝縮された音のエキス。「両者一歩も譲らず」という評が正に似合う、両バンドの今後の動きが否応なく気になってしまう一枚です。

【for fan of what ?】
カオティックハードコアと言えば、一概に言えないにしろ・・・ジャンルごった煮系の物とアグレッション突き抜け系の物に分かれると思っています。今作において、Arbusは前者の流れでBetween The Buried And MeNumber 12 Looks Like Youのファン、bilo'uは後者の流れでThe Dillinger Escape PlanConvergeのファンにお勧めしたい所です。しかしながら、Arbusのシャープなリフ捌きやbilo'uのホラー感は上記バンドと違った魅力として特筆しておきます。

ちなみにこの一枚、Arbusの前作と続けて聴くと妙にハマります。"Birdcages"の大団円から"Snails"の繋ぎが期せずして絶妙です。持ってる方はゼヒ。
【↓here is the sound !↓】 曲リストも追記にて。
“Arbus x bilo'u "break one's back"”

“Arbus x bilo'u "earplug"”

それぞれ、原曲→カヴァーという順番で断片的に聴かせてくれるティーザー動画。
「あ、両方ともやりたい放題してんな」って言うのだけが分かる、非常に焦れる動画です。

【Track Listing:】
01.Snails
02.Double Dealer
03.1887

04.Shimmer
05.Break One's Back (Bilo'u Cover)
06.Earplug (Arbus Cover)
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://masterofslach.blog114.fc2.com/tb.php/384-7c7e75ce
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。