スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Mutiny On The Bounty ♪「TRIALS」

2012年06月07日 23:50

MOTBtrials.jpg
【Artist】Mutiny On The Bounty >facebook<
【Title】TRIALS
【Rate】9/10

Rock / Math / Indie

ダンサブルなリズムと理知的なリズムを混在させさらにパンキッシュな勢いでまとめ上げる、ルクセンブルク大公国(ベルギーやフランス、ドイツのお隣さん)出身のポストハードコア4人組による、2ndアルバム。前作から3年振りとなる2012年作です。

反響するシューゲイザーなギターはひりひりと、真冬の冷たく乾いた空気を連想させる切れ味鋭いサウンド。それでも酩酊感が際限なく拡がる事は無く、タイトなドラムとベースラインが地に足の付いた現実味を維持している感じが独特。そしてギターがミニマルフレーズを刻み始めると、荒涼とした風景を残しながらも穏やかで落ち着いた空気へとふわりと変わります。どこかトロピカルなとろみのあるクリーントーンサウンドは、時にコミカルに、時に寂しげな世界を彩るアクセント。
そしてひとたびスイッチが切り替われば、一気にヘヴィな圧力とソリッドな勢いのあるパンクサウンドに。やはり切れ味は鋭いままに、疾走感を叩きつけてくれます。
ヴォーカルラインは決して激昂すること無く、エモーショナルなメロディーと小気味よく投げ込んでいく様なシャウトを操り、マスロックに寄りそいダンサブルな勢いを演出してくれています。

冒頭、ノイズとピアノが重なり合う短いイントロトラックを経た#2「North Korea」を始め、今作では何曲かインストトラックが挟まれます。ヴォーカルの無い曲ではバンドサウンドの中における「緊張感」がより色濃く目立ち、シューゲイザー・マスロック・ハードコアがスリリングに切り替わっていく様が堪能できます。(タイトルの由来が気になる所ですが、歌詞が無い以上深追いもできず残念。。)
先行シングルになった#3「Artifacts」はやはり白眉。バンドの魅力が全部入りな、今作を代表する一曲です。
ミニマルリフ×ダンサブルリズムが正面からぶつかり手拍子の合いの手も小気味良い#8「Fiction」や、タッピングによる高速フレーズや変拍子を織り交ぜたポストハードコア全開チューン#9「Statues」など、前作に近いパーティ感やソリッドな雰囲気を持った曲も。
切々と訴える様な語り口と「もしそれがゲームなら、俺はその中に組み込まれていたくは無い」というリフレインが印象的な#11「Shifting Paradigms」など、歌詞も気になる所です。

マスロックのかちりとしたリフを随所に入れつつもロック・パンクのドライブ感が常にブレンドされ、踊れる要素全開な中にもシリアスな要素が常にちらちらと顔を覗かせるバランス感覚は絶妙。ポストハードコアはまだまだ先がある!と思わせてくれます。

【for fan of what ?】
BattlesAdebisi Shank、mudy on the 昨晩、Tera Melosと言ったマスロック、特にその中でもハードコア由来の激しさを持った曲が好きな方であれば是非聴いて頂きたい。デスや凄味の効いたシャウトが無いポストハードコアとしても幅広くお勧めしたい逸品です。その意味では、The Fall Of TroyClosure In Moscowなどが好みのあなたにも。

1曲目だけについて言えば、65daysofstaticsを連想しました。・・・“激情”の解釈はどことなく似ている気がします。

ちなみに、前作では正に「マスロック×パンク」と言った風情で全体的によりソリッドで、マスいリフが主体となった一枚でしたが、前作から大きくメンバーチェンジをしており、ベースとツインギターの片方が変わっています。今作のシリアスな輪郭となった音やシューゲイザーの香り辺りは、新メンバーの影響でしょうか。しかしその変化は決して違和感ではなく、芯を押さえた順当な進化と捉える事ができます。キモとなる魅力は健在。前作ファンもきっと安心。

【↓here is the sound !↓】 曲リストも追記にて。
“Artifacts”

実はメインヴォーカル、ドラム兼任なんすよ。観ていて新鮮です。

【Track Listing:】
01.The Long Loud Silence
02.North Korea
03.Artifacts
04.Modern Day Robbery
05.Candies
06.Shadow Figures
07.Myanmar
08.Fiction
09.Statues
10.For the Men Who Had Everything
11.Shifting Paradigms
12.Mapping the Universe


そして良く見たらミャンマーもいた。こちらもインスト。
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://masterofslach.blog114.fc2.com/tb.php/373-16539c16
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。