スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

aiko ♪「夏服」【before the web logged me. No.1/20】

2012年06月06日 04:09

before the web logged me. 「ブログの前に」と題しまして、ちょっとシリーズ物の企画をやってみます。
私が本格的に音楽を聴くようになった2000年から、
このブログが本格始動する前、2010年位までのベスト20です。
一応ディスクレビューの体で行きますが、昔話とかもかなり入れると思います。ご了承ください。
それでは参りましょう。自分の聴いてきた時系列順にご紹介ー!


natsufuku.jpg
【Artist】aiko >official<
【Title】夏服

【J-POP】

時はさかのぼり2000年。トイレに呼び出されたりしながらもぼんやり健やかに育っていた私が居ました。中3。
別段それらしい趣味も無く、ポケモンだスマブラだ、と友達とゲームばっかしてた思い出があります。
誕生日プレゼントだかで、当時私はCDプレイヤーを持っていました。ただ、「何か再生したいなー」と言うだけの理由で、名前しか知らないゲームサントラを買うという奇行をした程度で、割と遊ばせてました。
ちなみに、「チョコボの不思議なダンジョン」のサントラです。購入当時から今に至るまで、地味に好きな一枚です。ゲームはまだやったこと無いです(
で、その頃に発売したaikoのシングル「ボーイフレンド」がですね、テレビのランキングにずーっといたんですよ。15位辺りをしばらくうろうろしてたんですよ。で、妙に気になって、結局買うに至りました。お店の兄ちゃんに顔真っ赤にして「aikoのボーイフレンドどこにありますか」って言ったんですよ。ええ、狭いお店なのに見つかりませんでした。お店真ん中のワゴンに普通にありましたね。・・・ちなみに、その「見つからない→訊く→普通に置いてる」のコンボを5回位繰り返した記憶があります。超恥ずかしいマネを何度も繰り返した俺、超GJ(アホ)

そんなこんなで、アルバム「夏服」に収録された「ボーイフレンド」「初恋」と、少し後の「おやすみなさい」。この3枚のシングルが、私の音楽生活におけるファーストインパクトでした。
実際には表題曲ではなく、カップリング。
「ボーイフレンド」に収録の「前ならえ。」には、当時色恋もロクに知らない私にひとつの理想を教えてくれました。具体的に言うと、私はこの腕で、あなたの背中を痛くなる位抱き締めたかったのです。まぁ、想像の話です。私が実際に女性に惚れたのはこれ聴いた一年ほど後です。
「初恋」に収録の「アスパラ」。これはアルバムにも収録されています。カラリと明るい曲調に乗せて、淡々と失恋を綴るこの曲は衝撃でした。この曲を聴いて以降、私はaikoファンを自称するようになります。そういえば、この曲をモチーフに短編小説を書きたいな、というささやかな夢があります。10年以上経った今もまだ始動すらしてませんが。
「おやすみなさい」収録の「陽と陰」は、次作のアルバム「秋、そばにいるよ」に収録。ラブソングばっかりの中で少し趣向の違う、自分で自分を奮い立たせる歌。もう、ずっと聴いている曲です。

さて、前置き(!?)はこの辺にして置いて。
「夏服」は、2001年に発売された3作目のアルバムです。2nd「桜の木の下」から5th「暁のラブレター」まで、「四季四部作」となる内のひとつで、心なしか6月~9月を想わせる、夏な雰囲気の一枚です。
aikoの楽曲における魅力は「快活な明るさの中にどことなく陰を感じる、少しクセのあるメロディーライン」「情景を強くイメージさせる歌詞、小説に似た物語性を感じさせる歌詞」と言うのが私の持論です。そして、スケールの大きな「愛」がテーマになった世界観はこの頃はまだ目立ちません(6thの一曲目「青い光」の包容力たるや。)。素朴な舞台で走りまわる女の子が、この頃の作品には居る様に思います。・・・尤も、私は7thアルバム以降あまり熱心に追いかけていないので、的外れかもしれませんが。

優雅なストリングスが爽やかに流れるなか薄暗い後悔を歌う「飛行機」
単調なギターと淡々とした歌い口がなんともアンニュイな「密かなさよならの仕方」など、上記シングルのカップリング曲も含めて少し悲しい曲が目立つ気がします。
ころころと可愛い曲調に乗る、気まぐれでピースフルな「心日和」や、自身たっぷりな「be master of life」なんて曲もありますけど、バランス的には後ろ向き。しかしながら曲調が必ずしも暗くないのもミソで、その辺りのギャップと言うか、コントラストの映えた曲が特徴的です。隠しトラックでありタイトルトラックでもある「夏服」に至っては『お願い あたしより先に その夏服を着ないで』であり、ピアノ弾き語りでそっけなく歌われる、しかし未練に溢れた歌だったりします。

眩しい快晴の中、汗をガンガン流しながら歯を食いしばって佇む女の子。そんな青春群像の切ない1ページを想わせるアルバム。メタルにハマるまで約3年間、私は主にaikoばかりを聴いていました。

【↓here is no sound ?↓】 曲リストを追記にて。
aikoって、youtubeに全くPV関連あがらないんですよね・・・。なので今回は動画貼り付け割愛です。

【Track Listing:】
01.飛行機
02.be master of life
03.ロージー
04.密かなさよならの仕方
05.終わらない日々
06.心日和
07.September
08.雨踏むオーバーオール
09.アスパラ
10.ボーイフレンド
11.初恋
  夏服
<ボーナストラック>
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://masterofslach.blog114.fc2.com/tb.php/372-df75d5eb
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。