スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

*タイトルをかきわすれていた*

2012年04月10日 00:00

Arbus×bilo'u split CDのニュースに、発表からこっちワクワクしっぱなしです!(挨拶

それも去ることながらですね、最近ね、洋楽カブレなりに邦楽で好きなバンドが増えてきてるんですよ。

【珍しく 「マイナーなにそれ おいしいの」】
・Grapevine
・LOSTAGE
・[Champagne]
【はじまるよ!】
☆Grapevine
“MISOGI”

先日リリースの「misogi EP」に衝撃。例えば↑の曲。煙たいロックを基調にしながらも、しれっと不敵なシンセサウンドと、最初のサビが始まった辺りから延々とクダを巻き始めるギターには始終ニヤニヤしてしまいます。


☆LOSTAGE
“ひとり”

先日Twitterのアカウントが話題になっていたので音を聴いてみた、ら、衝撃。
ガレージロック・ノイズロックの荒々しさっで押す・・・と思いきや、ポストハードコア・マスロックのセンスもちらちら見えて存外に緻密。物凄く渋い。渋カッコイイ。
ザラザラとした音の輪郭や気だるげなヴォーカルスタイルはどうしても聴く人を選ぶとは思うが、後半落ち着いたパートに入ってから間奏のリフアンサンブルに繋がっていく辺りなど、ガッツポーズですよ。見えない何かにガッツポーズですよ。

☆[Champagne]
話題と聞いて聴いた。で、衝撃です。
“Waitress, Waitress!”

へーい!スパニッシュカッティンギターあーんどファンキースラップベース!FUFU-!(ハイテンション
こういう突き抜けた曲は聴いててホントにワクワクします。最近ヘビロテしてるThe Mars Voltaの1st、一緒に聴きたくなります。脳の同じ部分が喜んでます。

この辺りの邦楽勢についても、どんどんと言葉尽くして行きたいものです。
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. シン | URL | -

    Re:

    言葉は悪いですが、いわゆる「洋楽厨」は
    邦楽てだけで聴かない人、むしろ馬鹿にするような人が多いですが、
    ホントにかっこいいものはかっこいいですよね
    邦楽/洋楽といった分け方やジャンルなんてホントいらない気がする
    イメージしやすいて意味では便利ではあるんですけどね

  2. 堕天使ポップ | URL | -

    Re:

    [Champagne] は新譜のKiss The Dameageという曲が滅茶苦茶カッコいいですよ

  3. mossgreen | URL | zniSEbEA

    Re: シンさん

    バカにする動きはジャンル問わずあまり格好の良い物ではありますが、邦・洋の間で食わず嫌いしてしまう事自体については仕方ない気がします。例えば、Rammsteinがいくつか発表している、楽曲の英語ver.とドイツ語ver.を聴き比べた時の違和感、等々。やはり言語が違うと曲の雰囲気も変わりますし、そこに好き嫌いが発生するのはむしろ自然だと思ってます。逆に、「英語の発音が悪いから」とかそういう評価に大した意味はないと思ってます。(そもそも聴き分けの難しいグロウルな曲が好きだから寛容という説も)

    北欧がメタルに強いとか、オーストラリアがオルタナロックに強いとか、アメリカのメタルコアバンザイ、とか、好き方面でもそういう意識ありますし。いやはや先入観ってのは罪な感覚ですよ。

  4. mossgreen | URL | zniSEbEA

    Re: 堕天使ポップさん

    追加情報ありがとうございます・・・!
    でも今日、時間見つけて試聴した曲が「Kill Me If You Can」の方でした。「ふむふむ、こちらはクールでまた少し毛色の違う・・・いやでも後半中々アツイ・・・!?」とか思ってましたがうろ覚え良くない。

    ・・・また改めて聴いてみます。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://masterofslach.blog114.fc2.com/tb.php/359-cd8f6961
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。