スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年下半期お気に入スト~新譜10~

2011年12月31日 19:00

ズサーッ!!!(滑り込む音
前置き考える時間も惜しいので早速行きます新譜10!アバウトランキングでお気に入りからいきますよー!

Leprous - Bilateral☆Leprous「Bilateral」
前記事と同じ流れですね。ライブでわーってなったバンドの新譜です。ていうかこのバンドを知ってから挑んだライブだったりして。そうです!前座を一番の目当てにして約2年振りにライブ行ったのは私です!(アピールする必要あんのかそれ

justice-audio-video-disco-album-cover-art-work-0.jpg☆Justice「Audio,Video,Disco」
そしてエレクトロデュオです。そこはかとないプログレ臭に大満足。『数多のドラムの音が響く。数多の銃声が響く。数多の子を生んだ母の声がする。(#2"Civilization"の一節より抜粋・意訳)』

heritage.jpg☆Opeth「Heritage」
ヴィンテージとはよく言った物で、本当に懐古趣味的な輪郭を漂わせた逸品。今後は、(過去のデス路線への期待は捨てきれないが)この方向でさらに洗練、あるいは過去とのクロスオーヴァーの様なものが生まれてきそうで勝手にワクワクしていますよ。

cover.jpg☆Ever Forthright「Ever Forthright」
年末に鮮やかに乱入してきたこの新譜。この手の音楽には目が無くてね!・・・と言うだけでは収めたくない、テクニカルメタル新鋭ですね。

3-TheGhostYouGavetoMe.jpg☆3「The Ghost You Gave To Me」
さんっ!大きな路線変更が無いバンドですが、作を追うごとに曲の説得力を増してきてる印象を受ける彼ら。『Dark yet Uplighting』な音像にしびれる。

さぁ、あといつつ。どんどんいきますよー
1310334045_880850a7500f.jpg☆Fair To Midland「Arrows & Anchors」
前作の良さを完全に周到しつつ、さらにヘヴィに、さらに表現力豊かに攻める一枚。前作の方が一枚通してのまとまりがあったか、と言う感想はあくまで一通りヘビロテしたあとのやつです。そういえばこの一枚は待ちに待ってのリリースだったから余計に沸いた。追って国内盤リリースのニュースを聞いてさらに沸いた。沸騰ワンルームアパート24時(超適当

animals.jpg☆Animals As Leaders「Weightless」
(’A`)そういえばれびゅーしてねぇええええええええ!

去年辺りではDjentシーンにて「MesshugahかPeriphery、あるいはAnimals As Leadersか」位のカリスマを放っていた(と個人的には思う)超絶美麗インストメタルの2nd。さらにクリアになったサウンド、より強くなったブレイクビーツ的手法によるアクセント、そして何よりも相変わらずの、圧倒的なテクニカルフレーズが襲いかかる逸品。フュージョンの清涼感とメタルの鋭さを行き来する、アルバムタイトルに違わぬ“無重力”のヘヴィネスは流石の一言です。



Textures-Dualism.jpg☆Textures「Dualism」
(’A`)そう言えばレビューしてn(略

シンコペーション多用のリフが目立ち、冷徹重厚メカニカルなリフ捌きが壁の様に威圧してくるオランダ産マスメタル。このある種執拗とも言える重いリフが実に耳に心地よく、意識をぐーっと沈めて行く様な酩酊感を感じさせてくれます。#3「Reaching Home」の様な疾走と叙情のナンバーも捨てがたいが、なにより#7「Singularity」のイントロにKO。堅くて渋い、そして捻くれたテクニカルメタルをお探しの貴方に。

一作前の方が良いという声をちらちらと聞きつつも、今作はかなりヘビロテしました。新譜リリースの時期的に、Mastodonの対抗馬という勝手なイメージを持ってしまった。つい比べてしまい、僅差でこちらに軍配上げました。

a-lot-like-birds.jpg☆A Lot Like Birds「Conversation Piece」
(’A`)そいっ!(略?

超絶ハイテンションな、カオティックにまで足を突っ込んだポストハードコア。The Mars Voltaが1stで確立し、しかし彼ら自身は追及しなかったベクトルの最前線と言いたい一枚。サイケデリックな要素を受け継がなかった一方でダンサブルなグルーヴは他ジャンルからも吸収。The BrownDance Gavin DanceThe Number 12 Looks Like Youが共存しているかのような雑多さと、決して散漫にならないドラマチックな展開、そして問答無用のソリッドな勢いを味わうことが出来ます。



the HIATUS - A World Of Pandemonium☆the HIATUS「A World Of Pandemonium」
今回のエントリではかなり異端な今作。レビューどころか本ブログでぜんっぜん採り上げて無かったですね。まぁ世間的にはかなり露出してたと思うのでいいか(いいのか?

かの国産バンド:ELLEGARDENのフロントマンによる新プロジェクトの3rdアルバム。エルレ直系サウンドの1st、ぐっとヘヴィになり、シューゲイザーやハードコアまで想起させる2nd、と来ての今作となるのだが。今作はポストロックを連想させる非常に繊細なサウンドが主軸になっています。一枚ごとにジャンル変わってれぅ。細美氏のVo.はやはり特徴的で存在感がありますが、演奏に寄りそうように表現力豊か。toeに緊迫感を与えた様な、少しの厳つさを持ったクリーントーンのアルペジオフレーズがぴりりと効いた#1「Deerhounds」が渋い。そしてベタかもしれませんが、混沌と儚さの間で揺れる#5「Bittersweet/Hatching Mayflies」は白眉。うるっときます。




・・・
はいっ!できましたっ!(ぜえぜえ)
レビュー記事がある奴は華麗に受け流しつつ、してない奴は短文コメント程度ではありますが書いてみました。いやはや、腹を決めれば書けるもんだ。
ここから先は余談として「今年一年はこの辺のジャンル熱かったよなぁ」とかやりたいところですがちょっと息切れ感出てきてるのでいったん区切ります。数日内に余裕があればそういうエントリを別に上げようそうしよう。そうだそうだと言いました。めでたしめでたし。~完~

(’A`)はっ


今年一年、本ブログにお越しいただき誠にありがとうございました!2012年もごひいきにー!
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://masterofslach.blog114.fc2.com/tb.php/325-bfe9c46a
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。