スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Djent通信11月号(ゴブサタmix)

2011年11月06日 23:45

Hellow Djentlemen :)

そんな挨拶と共にいけしゃあしゃあと始めます。今でも結構な数の方が、検索ワードDjentでお越しいただいているようで恐縮です。最近はWikiも詳しくなってきてますね?
・・・ていうか英語wikiより日本語wikiのが詳しいんじゃないかっていうね!なんというか凄まじい情熱を感じるね!ステキー!

そんな前置きをしつつの、今回ご紹介するのはコチラ。

☆Radiance >Bandcamp<
“Downward Spiral”

この曲名、NINのアルバム名じゃないすか!アツいね!
ちなみにこのバンド、ドイツ産テクニカルデスNecrophagistのギタリスト:Sami Raatikainen氏のソロプロジェクトとのこと。
音はこんなん。“Symbiotic In Theory”

超低音のグロウルが耳を引き、Obscura並みの弾きまくりかつベースうねうねなテクニカルサウンドが実にかっこいい!ベース音かっけぇ!

話を戻しましてのRadianceですが、
ヴォーカルがIron Maiden辺りを想わせるソウルフルかつハイトーンな歌い回しで、実に絶品。ギターリフのモダンな出で立ちと絡むと、妙に違和感あって新鮮ですよね。ちょいちょい挟まれるアンビエントでピアノなインタールードもよいよ?

上記リンクのBandcampより、アルバムまるっと9.99ユーロでDL販売ちう!


つづきましてー
☆Uneven Structure >myspace<
“ Frost”

気が付きゃ新作がもうすぐ発売だよ!割と忘れてたよ!(すいません
TesseracT界隈のダウナー系な空気がお好きなあなたにうってつけ!こちらの方が比較的激し目でヘドバンしやすい。

さらに言うとEver Forthrightも新譜出しちゃうっていう話ですよー!

Amazonには無かったけど、公式通販で9ドルだったよ?カオティック一歩手前のエクストリームな音圧に圧倒されろっ!


つづきましてー(まだ続くのか
Ever Forthrightの新譜情報教えてくれた友達がぽつりと言ったんですが
「最近はchugcoreが来てるっていう話で、」
(’A`)なにそれ?
「djentほどジェンジェンしてないやつのことだよw」
(’A`)ほうほう。
“A Pyrrhic Victory-Invictus”

ふむふむ。
ただでさえマイナージャンルなのに細分化すんなよ、っていう突っ込みは心の奥に仕舞いました。1分後には普通に言っちゃいましたけど(結局
まだGoogle先生にもロクにひっかかりゃしませんが、「chugcore」「chugga chugga core」との呼称でyoutubeとかに散在してる様子。耳の早い御仁はチェックしてみては如何でしょうか。私は取り敢えずMeshuggah原理主義、と言う事でここはひとつ・・・(

余談を超続けますが、まだまだハマってるゲームStarCraft2のオンライン対戦にて、ユーザー名「Djent」さんが居ました。折角なので試合中にチャットで「Hellow Djentlemen」って言っときました。
『:D』 『DJENT DJENT DJENT』
『meshuggahhhhhhhhhh』
ゲーム中に英語圏の人と音楽の趣味でほのぼのするっていう。(well played,good game :)

さらにさらに追記。
冒頭で紹介した日本wikiですが、なんか脚注にここのブログ記事載ってました・・・。・・・びっくりしたー・・・。
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. | URL | -

    Re: Djent通信11月号(ゴブサタmix)

    お次はChugcoreですね!
    Djentはモダンヘヴィネスとかグルーヴメタルの延長線上って考えてるんですが、このChugcoreってのはそこまで重くない感じでしょうか?
    リフとかはDjentっぽい感じですね~
    サウンドに関係なくDjentっぽいリフ使ってるやつを指すんでしょうか…?

  2. mossgreen | URL | zniSEbEA

    Re:  さん

    本当に聞きかじりの単語なので滅多な事は言えないんですが、
    スクリーモやメタルコアからの、っていう認識は私もあります(This or The Apocalypseのフォロワー位の立ち位置か?みたいな。)。

    Djentの主要な先陣たちが軒並みフュージョン要素とかスラッシュ要素を持ってるので、それとは違う軸でシンコペーションリフを語るのか?とか、
    やはり擬音語的な用法で、より軽めのギターサウンドを指すのか?とか考えてみますが、実際はどうなのやら。も少し調べてみる必要がありそうです・・・。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://masterofslach.blog114.fc2.com/tb.php/314-1bfb3e04
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。