スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Fair To Midland ♪「Arrows & Anchors」

2011年07月14日 01:25

1310334045_880850a7500f.jpg
【Artist】Fair To Midland  >myspace<
【Title】Arrows & Anchors
【Rate】10/10

【 Metal / Progressive / Rock 】

アメリカテキサス州出身の「プログレッシブ・フォーク・メタル」:Fair To Midlandの2011年発表作。(筆者は勝手に彼らを指して「ドワーフメタル」と呼んでいますがそれはそれとして。)

分厚いギターサウンドで刻まれるリフは、メタルともインディーロックともとれる激しくとも有機的な質感。低音重視なドラムや随所に表れるフォーキーな空気なども手伝って、土臭い輪郭を全体に漂わせています。
そして何より特筆すべきは、民謡を思わせる独特なメロディーラインを操るヴォーカル。グロウルも野太く、生々しい響きを持っている。今作ではさらにメロディーを強化した印象で、力強い演奏陣に負けず存在感を持っています。
静かなピアノから始まりテンション高く攻める#3「Musical Chairs」や、『Rikki Tikki』のシャウトも激しく、三拍子の性急なリズムで突進する#10「Rikki Tikki Tavi」などは正に彼らならではの荒々しいパワーに溢れる曲。バンジョーと民族音楽サウンドが効いた#5「Amarillo Sleeps on My Pillow」では、フォークとメタルが高次元で融合した、彼らの真骨頂を感じさせてくれます。

しかし一方で、シンセワークの妙や激しく緩急を付ける展開、そして雑多な音楽要素のせめぎ合いなど、プログレッシヴな側面も魅力。さらに、前作には見られない幅広いクロスオーヴァーっぷりが楽しめます。
アクセル全開疾走ハードコアな#2「Whiskey & Ritalin」や、まさかの踊るスクリーモナンバー#13「Coppertank Island」は衝撃。ピコピコシンセワークや直線的なリズムが芳醇なメロディーとケンカして、得も言われぬインパクトを与えてくれます。

確固とした個性が、ジャンルを渡り歩きながらも崩れないのが見事。モダンかつドワーフ然としたFair To Midlandの世界、お楽しみください。

【for fan of what ?】
Serj Tankian氏(System Of A Down)主催レーベルからのデビュー、という経緯もあり、何となく音楽性も共通する所があります。

前作「Fables From a Mayfly: What I Tell You Three Times」との比較といたしましては、やはりバラエティ豊かな楽曲陣でしょうか。前作の方がコンセプチュアルで統一感のある印象、今作の方が曲ごとのキャラ立ちが強い、と言う印象です。繰り返しになりますが、イントロトラックからの#2は個人的に衝撃でした。
ただ雑多な印象は無く、ファンの期待は裏切らない逸品だと思います。

【↓here is the sound !↓】 曲リストも追記にて。
“Amarillo sleeps on my pillow”

前作からさらにパワーアップしたメロディーセンスと、そこはかとない土臭さが楽しめる一曲。

【Track Listing:】
01.Heavens to Murgatroyd
02.Whiskey & Ritalin
03.Musical Chairs
04.Uh-Oh
05.Amarillo Sleeps on My Pillow
06.Loophole in Limbo

07.Typhoid Mary Sends Her Best
08.Short-Haired Tornado
09.The Upset at Bailey Bridge
10.Rikki Tikki Tavi
11.Golden Parachutes
12.Bright Bulbs & Sharp Tools
13.Coppertank Island

14.Three Foolproof Ways to Buy the Farm
15.The Greener Grass
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. mossgreen | URL | zniSEbEA

    Re: 拍手レスしますよー

    先ずは何より、twitterの件、すいませんでした・・・。自分の目利きが甘かった事を悔やみつつ、しっかりと覚えておきます!
    個人的には、どうしてもメロディーライン中心に聴き込んでしまうFair To Midland。改めて聴いてみると、リフの休譜の活かし方というか、音の切り方も確かにおいしいかもしれません・・・!(ゴクリ

  2. ギリ30代のおっちゃん | URL | -

    Re: Fair To Midland ♪「Arrows & Anchors」

    いえいえ。そんなにお気になさらずに。って言うか、目利きは正常だと思うよ。……俺が言うのもなんだけどw。
    それでは、仕事とブログの両立、大変でしょうけどこれからも頑張って下さい。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://masterofslach.blog114.fc2.com/tb.php/286-87772f81
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。