スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Symphony X ♪「Iconoclast」

2011年06月22日 23:47

ts.jpg
【Artist】Symphony X >myspace<
【Title】Iconoclast
【Rate】9/10

Classical / Metal / Progressive

やたらサイバーなジャケがなんとも「シンフォニーっぽさ」から遠いオーラを放つ、「X(エーックス!)」感溢れる10thアルバム。2011年作です。

クラシカルな香りを含みつつもコンパクトかつソリッドなリフ捌き。壮大さを演出するシンセ遣い。そして雄々しくパワフルな、Russell Allen氏の歌唱。まさにSymphony Xならではの、限りなくモダンなネオクラと名高い作風は健在で、彼ら一流のプログレッシヴサウンドが聴けます。
そして、長尺・コンセプチュアルな作風も既にお家芸。・・・そこでジャケの無機質感です。今作はサイバーなSFサウンドが絶妙に紛れており、より「ネオクラらしからぬネオクラ」が目立つ逸品。

#1「Iconoclast」イントロの、ノイズ+ピアノから入る辺りなど。コーラスワークやシュレッドリフでの「らしい」フレーズが入るまでは「・・・!?」としか表せないそれなりの衝撃でした。曲中ではほとんど登場しないながらも、要所要所でちらちらとノイズ混ぜてきます。#3「Dehumanized」でも、イントロのシンセワークが完全にインダストリアルメタルのそれ。渋いヴォーカルが歪に目立つ曲に仕上がっています。
さらには#5「Heretic」冒頭からの、不穏さを煽る重厚スラッシュの趣き。どの曲もイントロで予想を裏切り、そのインパクトをスパイスに長い曲をビシリと締めている様なバランスになっています。

1994年の1st発売から17年経ってますが、未だに「モダン」と呼ばれるに足る随一のクセと洗練を持った彼ら。アメリカンで直接的なバンドネーミングに騙されず、是非手に取って頂きたい逸品です。
さぁ皆さんご一緒に!(’A`)しんふぉにーぃ、えーっくすっ!!(しゃきーん!
【for fan of what ?】
テクニカルでいてサイバー。そんな今作は、Fear Factoryのファンにもお勧めしたい、ジャケ買いどんと来いなSFメタルを感じさせてくれます。・・・あんまり露骨ではありませんが。
逆に言うと、「ネオクラ」を期待すると少々肩すかしをくらうかもしれません。今作は超プログレ寄りです。

その他前々からのファンはもちろん、テクニカルな単音リフが好きな方で彼らを知らない方にはゴリ押しです。他アルバムも、例えば3rd「The Divine Wings Of Tragedy」収録の「Of Sins and Shadows」などはガチです。過去の名盤は、今作に比べかなりネオクラ感高いですね。
“Heretic”


【Track Listing:】
※日本盤と、輸入盤スペシャルエディションは二枚組です。
 輸入盤レギュラーエディションは、↓のリストで[*]マーク付けた曲が一枚に収まっています。()
[DISC 1]
01.Iconoclast *
02.The End of Innocence *
03.Dehumanized *
04.Bastards of the Machine *
05.Heretic *
06.Children of a Faceless God *
07.When All Is Lost *

[DISC 2]
01.Electric Messiah *
02.Prometheus (I Am Alive) *
03.Light Up the Night
04.The Lords of Chaos
05.Reign in Madness

そしてすいません、筆者現時点では輸入レギュラーのみの入手なので、二枚目の曲は未聴です・・・。
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://masterofslach.blog114.fc2.com/tb.php/276-fdacc180
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。