スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Infectious Grooves ♪「Groove Family Cyco」

2011年05月25日 00:32

img_237452_2367459_0.jpg
【Artist】Infectious Grooves  >myspace<
【Title】Groove Family Cyco
【Rate】10/10

Funk / Metal

横ノリ縦ノリが混在する。何でもアリ過ぎる、ファンクメタルミクスチャーの怪作。
Suicidal TendenciesのVo.Mike Muir氏とBa.Robert Trujillo氏(現Metallica)が「もっとファンクなのがしたい!」と始動させたサイドプロジェクト・・・の、1994年作3rdです(“サイド”と呼ぶにはかなり本腰入ってます。4thまでリリースしてまして、2010年には再始動もしてます。)

軽やかなギターカッティングから入り、ドラムのグルーヴも心地よく。音数の多いベースが重なり、気だるげなヴォーカルが『You want funky?... We got funky...』ふむ・・・実にファンキーな・・・
で、ディストーション全開のスラッシュリフですか。
・・・開幕#1「Violent & Funky」からブッ飛んでいる。

ワウワウとうねり続けるファンキーなギターとズバズバ切れるメタルなギター。超絶スラップで攻めまくるベース、ばしばし叩きつつもグルーヴィなドラム、そして若干道化めいたへにゃっと感を出すパンクなヴォーカル。
単体で存在感が凄まじい各パートが、曲の中で完全に同居してます。

「メタル化してしまったレッチリ」とでも言いたくなる#2「Boom Boom Boom」の重いやら軽いやらの音像、80年代ハードロックな出で立ちとユルめなヴォーカルを混ぜたまま延々と管を巻く#7「Do What I Tell Ya!」、緊張感バリバリなスラップベースからのおちゃらけパートも片手間に、デーモニッシュ+ファンキーという謎の足し算をしちゃってる#6「Die Lika Pig」・・・要所要所でパンクくさい疾走感やらコーラスやらが入る辺りも、嗚呼、やりたい放題。

エッジの立った要素を多く含んではいますが、リズム隊の強さもあって超絶横ノリな仕上がり。バンド名:「伝染するグルーヴ」は伊達じゃない。
【for fan of what ?】
先述のSuicidal Tendencies、そしてRed Hot Chili Peppersのファンは是非チェックして頂きたい。その他「ファンクメタル」なる謎ジャンルに反応した人など、全てのHENTAI音楽好きに。

あ、あと、スラップベース好きな奴は買っとけ。損しないから。

【↓here is the sound !↓】 曲リストも追記にて。
“Do What I Tell Ya!”


【Track Listing:】
01. Violent & Funky
02. Boom Boom Boom
03. Frustrated Again

04. Rules Go Out The Window
05. Groove Family Cyco
06. Die Lika Pig
07. Do What I Tell Ya!
08. Cousin Randy

09. Why?
10. Made It

【!追加情報!】
Ba.Robert Trujillo氏関連で行くと、ツインベース・ギターレス・レゲエミクスチャー?なヒドいバンド(褒め言葉)、「Mass Mental?」と言うバンドも中々のHENTAIっぷり。要チェックでございます。
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://masterofslach.blog114.fc2.com/tb.php/265-0574f972
    この記事へのトラックバック

    ホルモンファンにおすすめなアーティストまとめ

    マキシマムザホルモン ご存じ日本の有名ミクスチャーバンドである パンクからラップ、ハードコアやメタルなど様々な音楽を柔軟に取り込んだスタイルで、 ヘヴィーかつ変態、なお




    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。