スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Ocean ♪「Heliocentric」

2011年05月15日 01:15

TheOceanHeliocentricFront.jpg
【Artist】The Ocean >myspace<
【Title】Heliocentric
【Rate】8/10

Experimental / Metal / Progressive

ドイツ産ポストメタルの4thであり、次作「Anthropocentric」との連作になるコンセプトアルバム。2010年作。今作は太陽中心主義(地動説)がテーマになっている。

イントロに続き、重く密やかなリフと土臭いメロディーで展開する#2「Firmament」。ひとつのリフが中心に据えられ、長尺ながら統一感のある一曲。一方で、#3「The First Commandment Of The Luminaries」では緩急が激しい。ハードロックの重厚さから静寂なジャズピアノまで。壮大な世界観を様々な音楽要素を引き出しに、丁寧に描いていきます。
ちなみにピアノやサックス、オーケストラ隊はシンセじゃないです。クレジットを見ると、今作の演奏者は総勢17名。この大所帯でしかなしえない迫力は、やはりあります。

そして中盤に据えられた、一瞬#2と聞き違うリフが主軸となる曲#7「Swallowed By The Earth」の存在。意図的に似通わせたフレーズがコンセプト色を一層強め、アルバムの統一感を強く感じさせてくれます。

非常にじっくりとした作品ですが、多彩なヴォーカルラインが印象的。時に激しく、雄々しく、そして優しげにと、隙のないメロディーセンスが光ります。

ダークなハードロックの激情、ピアノとストリングスの柔らかい静寂・・・一貫した暗く深みのある音世界が、緻密なアレンジで組み上げられる。「大作」の名に恥じない逸品。

【for fan of what ?】
非常にコンセプト色の強い作風なので、プログレッシヴ好きには幅広くお勧めしたいです。一方で、ヘビィなリフこそありますがヘッドバンカーには助長に感じるかもしれません。疾走感や力強さよりもむしろ、深み・暗さを求めるメタラーに。

上記のイメージから、ToolOpeth辺りのファンは是非。ISISMastodonも、良く一緒に語られる様です。
その他メロディーセンスから、色んなバンドを想起してしまいました。

【↓here is the sound !↓】 曲リストも追記にて。
“Firmament”

この曲の圧倒的な存在感、そして#7に繋がるリフの伏線が今作の大きな魅力の一つだと思います。

【Track Listing:】
01. Shamayim
02. Firmament
03. The First Commandment Of The Luminaries
04. Ptolemy Was Wrong
05. Metaphysics Of The Hangman
06. Catharsis Of A Heretic
07. Swallowed By The Earth
08. Epiphany

09. The Origin Of Species
10. The Origin Of God

以下余談となりますが、
今作には、歌詞ブックレットがありません。ていうか、歌詞がイラストと裏表になったカードになってます。タロットカードを思わせる雰囲気に、星座盤を模したデジパックにと、パッケージへのこだわりも素敵です。
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://masterofslach.blog114.fc2.com/tb.php/261-d4e53450
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。