スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Zach Hill ♪「Face Tat」

2011年05月10日 00:00

51iDmKyAUmL__AA500_.jpg
【Artist】Zach Hill >myspace<
【Title】Face Tat
【Rate】8/10

Thrash

Hellaの超絶変態ドラマーと名高いZach Hill氏。2010年発表の今作は、彼のソロ名義2ndです。

タフでいて自由奔放なドラミングの彼。民族音楽的な空気をなんとなく孕んでおり、時折呪術的にも響いてきます。手数も凄いがそれ以上にスリリングな味わいがクセになるのです。
そして、「Drums:Zack Hill」に留まらず、ヴォーカルを始めとしてキーボードに至るまで一通りを彼自信が手掛けています。さらにNick Reinhart氏(Tera MelosのGt.)など、Tera MelosDeerhoofNo Ageのメンバーがさらに周りを固めて・・・といった風情。

そこはかとないケチャな雰囲気のちゃかちゃかとしたドラムとスティールドラムを模したギターサウンドが繰り返される#3「Ex-Ravers」。強烈な酩酊感を誘う、シンプルで執拗な一曲。
一方でヒリヒリとした切れ味のあるギターのハードコアな#11「Total Recall」。ストレート疾走感がアルバム通してのサイケな音像と合わさることで、妙に刹那的というか・・・何とも言えない“劇物”感が漂っています。
そしてZach Hill & Carson McWhirterという完全にHellaなタイトルトラック#12「Face Tat」がヤバい。激しく叩きまくるドラムとぐしゃりと潰れたファズサウンドで弾きまくるギターのせめぎ合う3分半。この曲の為だけに買っても損はしません。

ある種有機的な、彼のドラムサウンド。それに乗っかるのが、人力ブレイクビーツの様な細切れギターやノイズそのもの、エフェクトでサイケデリックに反響するヴォーカル(歌と言うより掛け声に近いような・・・メロディーも、あるような・・・)などなど。実に捉え所のない音楽をやってます。断片的な歌メロがうっかりキャッチーで、それが不可思議さを見事に際立てている逸品。

【for fan of what ?】
メンバー出身バンドとして、HellaTera Melosなど。また、Battles辺りのマスロックの極致を好む方にオススメ。キャッチーさのバランスは、個人的にTera Melos最新作「Patagonian Rats」より安定して聴こえました。
Vo.の感じで、Wild Orchid Childrenを少し思い出しました。エレクトロ要素こそないですが、音の輪郭なんかは共通する雰囲気を湛えています。

【↓here is the sound !↓】 曲リストも追記にて。
“Zach Hill & Carson McWhirter - Face Tat (TERROREYES.TV) ”

ブログ内では結構な回数貼り付けている曲ですが、しつこく紹介。もうゴリ推しなんです。

【Track Listing:】
01.Memo To The Man
02.The Primitives Talk
03.Ex-Ravers
04.The Sacto Smile
05.Green Bricks
06.House Of Hits

07.Jackers
08.Burner In The Video
09.Dizzy From The Twins
10.Gross Sales
11.Total Recall
12.Face Tat

13.Second Life
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://masterofslach.blog114.fc2.com/tb.php/258-338bc97b
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。