スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モーモールルギャバン ♪「BeVeci Calopueno」

2011年03月29日 00:11

32173_2.jpg
【Artist】モーモールルギャバン  >Official<
【Title】BeVeci Calopueno
【Rate】10/10

J-Pop

京都出身のギターレスキーボードトリオモーモールルギャバンの1ndアルバム。2011年作です。

重く暗いイントロで始まる、冒頭#1「UWABURN」から異彩を放っている。ジャムロックの緊張感で攻めるドラム、バリバリとフックの効いたキーボードと、繰り返される呪詛の様な歌詞からは、かすかに香ってくるドゥームの風味。
続くタイトルナンバー#2「BeVeci Calopueno」は、やはりひたすら『ベヴェッチ・カロップェーノ♪』と繰り返す中でサイケデリックに展開する、ニヒルなブレイクビーツの様な一曲。ちなみにこの言葉、意味は無いんですけどね
そんなこんなで、彼らは正に、ごった煮プログレロックJ-POPです!
え、いやだからカオティッkJ-POPです!!!(らしいです。Dr&Vo:ゲイリー・ビッチェ氏曰く。ていうか何だこの名前

・・・えーっと、気を取り直して。
編成から連想出来そうな、スタイリッシュなトリオジャズの空気や、70年代プログレを感じさせるキーボードのメロディーセンス。様々なジャンルを消化した音楽性はオシャレかつスリリング。
そして、夢から飛び出して来たような、不可思議ワールド全開な歌詞。この存在感が物凄い。ちなみに曲によってメインを張るヴォーカルが違い、クレジットでは3人ともVocalが併記されている。細部では奇を衒った表現が多いのに、曲全体ではセンチメンタルなラブソングだったりする。油断してるとハッとする。

疾走するドラム、うねるベースと、噛みついてくるキーボード。そして奇天烈な歌の持ち味が凝縮した#9がアツい。タイトルは、ぅぅ、

「パンティくわえたドラ猫の唄」

・・・。

(’A`)畜生!そうだよ!こいつら下品なんだよ!こういうの苦手なんだよ言わすなよ畜生!ちくしょう!(しつこい
黙ってましたが#1でも「立ちション」とか言ってます。全部じゃないんですけど、HENTAI歌詞が超目立ちます。要注意です。私はどちらかと言うと、サウンドで騙された感じです。
【for fan of what ?】
不思議ワールドな歌詞世界とハイセンスな演奏から、相対性理論のファンに訴えてきそうです。しかし、随所で下品な歌詞が自己主張するので、おいそれとはお勧めできません。
ギターレスキーボードトリオ、そして随所にプログレ臭を放つ辺りEmerson, Lake & Palmerを想わせてくれます。しかし、随所で下品な歌詞が自己主張するので、おいそれとはお勧めできません。

今の編成になるまで在籍していたギターは、現Arbusの池住氏。しかし、カオスのベクトルがかなり違うので、おいそれとはお勧めできません。

・・・グループ魂とか?
【↓here is the sound !↓】 曲リストも追記にて。
“Hello!! Mr.Coke-High”

サイケかつ青春パンク。今作中では平均的なHENTAI度な一曲。

【Track Listing:】
01. UWABURN
02. BeVeci Calopueno
03. Hello!!Mr.Coke-High
04. ATTENTION!

05. 変な人
06. ワタシハワタシ
07. Smells like SURUME!!
08. 821
09. パンティくわえたドラ猫の唄

10. Kitchen
11. 愛と平和の使者
12. rendez-vous

13. 美沙子に捧げるラヴソング

個人的に苦手な要素が多過ぎて最初は8点でつけてましたが、↑の赤字トラック選んでたら思いの外気に入ってたのを自覚してしまったので、10点に引き上げちゃいました。
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. こん | URL | -

    Re: モーモールルギャバン ♪「BeVeci Calopueno」

    名前は知ってるけど音源初めて聴いたシリーズですね。
    こんな音鳴らすバンドだったんだ。

    キーボードが主張するパートはPOLYSICSっぽさもありますが、全体で聴いてみるとなかなか他に当てはまるバンドが見つかりませんね。
    90~00年代の邦楽バンドのエッセンスを取り入れて、もっとアバンギャルドにしてみました的な感じですかね。
    でも意外とポップなのが良いね♪

    今度聴いてみよう。

  2. mossgreen | URL | zniSEbEA

    Re: こんさん

    個人的には、部分部分でめちゃくちゃジャズ臭いのがツボでした。あと、真面目な歌詞が思いの外刺さるので。
    POLYSICS!たしかに近い印象もありますね。

    まだ最新作は動画とか出回って無いので、是非店頭でお試しください!(営業

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://masterofslach.blog114.fc2.com/tb.php/242-177eb8b0
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。