スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Cyclamen ♪「Senjyu」

2011年03月06日 02:03

C-S.jpg
【Artist】Cyclamen  >myspace<
【Title】Senjyu
【Rate】8/10

Experimental / Metal / Progressive

英国の地で「日本語歌詞メイン」を打ち出すKIAI入りまくりなバンドCyclamenのデビューアルバム。2010年作です。

メンバー唯一の日本人:Hayato Imanishi氏による、殺伐としたグロウルと一転してユニセックスな儚さを感じるウィスパーヴォーカルの対比。
疾走ハードコアにテクニカルメタルをぶち込み、これでもかリズムを変えリフをつぎ込む楽器陣。特に、奇天烈な変拍子リフとスラップベースの勢いに圧倒される#3「渇き - Thirst」など、コンパクトに圧縮されたエネルギーは圧巻。

一方で、重厚なパワーコードとベースが響き渡る#9「狂鬼降臨 - Hellrise」の様な、重さ核になる曲や、緩急の激しい曲も。
さらに、癒し系ポストロックにささやく様な歌がゆらゆらと乗る#5「安らぎ - Comfort」や、空間がふわふわと際限なく拡がっていく様な#11「千手 - Senjyu」の質感など、一曲を通してメロウな物も。かなりバラエティ豊かですが、全体を通して聴くと神秘性な世界観を俯瞰する事が出来ます。

キラーチューンの瞬発力はかなりのアツさ。様々なスタイルを実験し方向性を探っている様な印象も受ける、デビュー作ならではの期待感にも溢れた一枚です。

【for fan of what ?】
テクニカルなリフの方法論は、SikthFellsilentからの影響を強く感じます。もののけ姫を激しくカヴァーしてたりするくらいで、メロディーセンスには日本人的な感覚を強く感じます。FACT好きも聴いてみてみて?
しかしながら、曲ごとのカラーの違いが激しい事や、全体を通して「引き」の曲や展開が目立つ事から、勢い重視のヘッドバンカーは少々物足りないかも。世界観の構築と激しさの両方を求める、プログレメタラーが一番おいしく頂けそうです。

あと、数曲で聴ける「Djent×日本語」は現在かなり珍しく、さらにカッコイイ仕上がり。それだけでも買う価値アリ、かも。

【↓here is the sound !↓】 曲リストも追記にて。
“Thirst (featuring Travis Orbin) ”

じゃぱにーずかつチープな動画なのは否めないけど、曲はサイコーでしょ。ちなみに、Travis Orbin氏はSky Eats Airplaneのドラマーです(そして、元Peripheryメンバーでした)。

【Track Listing:】
01.母 - Mother
02.探し求めるもの - The Seeker
03.渇き - Thirst
04.願い - Hope
05.安らぎ - Comfort
06.僕らの手で - With Our Hands
07.美しき破壊 - Grand Annihilation
08.失われたもの - Devoid
09.狂鬼降臨 - Hellrise
10.復讐 - Revenge(of the Geeks)
11.千手 - Senjyu
12.満月の夜 - Full Moon Night


漢字の多い歌詞に対して、妙に簡潔な英語タイトル達。イギリスの方が日本語を理解し易いようにとの配慮だろうか。公式HPでは、歌詞の英訳も載っている。
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. こん | URL | -

    Re: Cyclamen ♪「Senjyu」

    M10『復習』はいいのか?(笑)

  2. mossgreen | URL | zniSEbEA

    Re: こんさん

    > M10『復習』はいいのか?(笑)
    よくねえええええええええ(’A`)なおしますすいません。

  3. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://masterofslach.blog114.fc2.com/tb.php/232-f5ea6892
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。